2014/11/30

週末の日本語教室にて

ここ1年ぐらい、週末たまに、海外から日本にやってきた子どもたちに日本語を教える日本語教室のお手伝い中。

今日の日本語教室にて。

言葉を聞き返すときに日本語では「え?」というところ、中国語では「啊(あ)?」と言う。
そのことを知らない日本人が聞くと、非常に印象悪いので、中国語が母語の子どもたちには、毎回説明して、「え?」「ん?」とか言うように、指摘して言い直してもらっているのだけど、とっさに出る言葉だけになかなか習得が難しいみたい。かなり日本語が達者になっても、残ってしまう。

今日、中国語が母語の子が、男性の先生との会話中に、つい「あ?」と言って、怒られてしまった。子どもは、そんなつもりで言ってないので困惑ぎみ。一応フォローして、お互いに納得。

特に中学生で、結構大きい男の子だったから、余計に誤解されたのかな。
とっても優しいよい子でも、こんな風に思われてしまうんだなぁ。
とにかく早く、日本語らしい聞き返し方になれてもらわないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/08

アンディ・ウォーホル展:永遠の15分

森美術館で開催と知って、3月の週末に観にいってきた。

混んではいたけれど、チケットもすぐ購入できて、それなりに自分のペースで回ることができたので、この日はそれほどでもなかったのかも。

アンディ・ウォーホルの個展は初めて。そんなに美術に明るいわけでもないので、カラフルなポップアートぐらいのイメージしかもっていなかったのだけど、商業デザイナー時代の作品や、アングラであったり、エキセントリックな作品など、いろいろな活動を知ることができ、興味深かった。

公式サイトでは、「700点におよぶ初期から晩年までのウォーホルの作品」とあるが、本当にウォーホルづくしの作品の数々は、かなり強烈な印象で、圧倒されてしまった。

20140316_andywarhol01

展覧会の入り口前に展示してあったアンディ・ウォーフォルがペイントしたBMW。写真撮影自由でした。
20140316_andywarhol02

アンディ・ウォーホル展:永遠の15分 | 森美術館
http://www.mori.art.museum/contents/andy_warhol/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/11

愛知学院大学モーニングセミナー「からくり人形の世界に行こう」

愛知学院大学のモーニングセミナーに参加。

「からくり人形の世界に行こう! - ロボットはからくりの技術から生まれた - 」と題して、有名なからくり人形師の九代玉屋庄兵衛氏が自ら、実演と解説。またNPO法人からくりロボット理事長溝口氏からの歴史や発展の背景の説明。
20130611_karakuri01
実演では、「茶運び人形」と、弓で的を次々と射る「弓曳き童子」の実物を見ることができた。木と糸とゼンマイだけで出来ているのは、情報として見聞きしては知っていたけれど、実際に動くものを見ると、ほんとに感心する。

20130611_karakuri02
さらに、からくりの仕組みの解説を聞いて、なるほど、すごいなぁの連発。
全部は書ききれないけれど、職人技として感心したのは、歯車は木でできているけれど、100年経ってもゆがまないようにできているということ。普通に歯車型に切り抜いてあるわけではなく、木目をたて目にして、組んで作ってありので、一方向に縮んだりしないのだそう。
そして、名古屋周辺の尾張地区には、全国の山車からくりの8割が集中しているとのこと。実は、一度も本物の山車からくりが動くのを見たことないので、次はお祭りにいってみなければ。

20130611_karakuri03

ところで、この愛知学院大学のモーニングセミナー、毎月第2火曜日の朝に開催されていて、予約不要、しかも無料。また、サイトには書いてなかったけれど、スポンサー(?)からの牛乳とバナナの提供があって、なんとも全てがお得すぎると思うほど。

予約不要で、1日完結ということで、ふらっと気が向いて、起きられたら参加すればいい自由さが、ありがたい。朝大学に通ってたときは、毎週のことなので、心がくじけて朝早く起きられず、欠席したこともあったし(汗)

サイトを見ると、セミナーの演題は、さまざまな分野にわたるようす。今回はすごくタイミングよく、興味の惹かれる内容だった。また面白そうな回には参加したい。
そういえば、参加者は、リタイア組の方々が9割といったところ。私でも、浮いてしまうぐらい、年齢層が違ってた・・・(^^;

愛知学院大学モーニングセミナー
http://www.agu-web.jp/~seminar/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/24

クリスマスイルミネーション2012 -銀座ミキモト本店-

ミキモトのツリーは、いつも暖かさのあるツリーだなぁ。
20121224_mikimoto01

過去のイルミネーション
http://wavesurf.tea-nifty.com/a_sunny_smile/cat21660452/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/23

クリスマスイルミネーション2012 -ミッドランドスクエア-

名古屋駅のイルミネーションがなくなって、さみしいですねぇ。
節電なのか、不景気が理由なのか。

ミッドランドスクエアは、今年も美しいツリー。クロエ。
20121222_midland01

過去のイルミネーション
http://wavesurf.tea-nifty.com/a_sunny_smile/cat21660452/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスイルミネーション2012 -丸の内-

丸の内仲通り
20121223_marunaka01

丸の内 MY PLAZA
20121223_myplaza01

新丸ビルのツリー。ライオンキングのオーナメントがおもしろい。
20121223_shinmaru01

過去のイルミネーション
http://wavesurf.tea-nifty.com/a_sunny_smile/cat21660452/index.html


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/22

クリスマスイルミネーション2012 -丸ビル-

20121223_marubiru01


過去のイルミネーション。
http://wavesurf.tea-nifty.com/a_sunny_smile/cat21660452/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスイルミネーション2012 -LACHIC-

20121222_lachic01

過去のイルミネーション
http://wavesurf.tea-nifty.com/a_sunny_smile/cat21660452/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/23

ビーズ刺繍カフェレッスン -ローズクォーツのブレスレット-

朝大学で同じクラスになった方が主催しているビーズ刺繍のカフェレッスン。
ローズクォーツのブレスレットを作成。ターコイズのバージョンもあって、いつもだったら、そちらを選択したのだけど、今回は、敢えて逆を選択。

ビーズの形はバラバラで、並べ方も決まっているわけじゃないので、ランダムに配置して縫い付けていくけれど、とっても悩むー。センスがないわー、とつぶやきながら、出来上がり作品や、他の人のを参考にしながら、なんとか形に。
最終的には、結構いい感じに出来上がっと、自己満足♪
20120923_beads01

仕事とは、また違った集中力を使って、いいリフレッシュになったわー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/19

丸キャリTravel ~奈良を知る。日本を知る。~

丸の内キャリア塾スペシャルセミナーに、申し込んでおいたのを、すっかり忘れていたけれど、たまたまカレンダーに入力していたので、当日になって、スケジュールを見て、気づき、参加。
『丸キャリTravel ~奈良を知る。日本を知る』
奈良は、小学校の修学旅行と、大学生のときに旅行した2回だけしか行ったことない…。名古屋からは、近鉄で結構近いのに、この回数とは、ほんとに興味がなかったというか。

申し込み時も、何の気なしに、スピーカーの西山厚さんという方が奈良国立博物館 学芸部長ということで、単なる旅ものではなく、面白い話が聞けるかも、ぐらいの期待度。
奈良大好きな人には、おこられそうだ。

第一部の西山氏の話のメインは八十八面観音巡。
十一面観音様を八ヶ所巡礼して、厄災から救われるというものらしい。厄年だとかは、さらにまったく興味はないけれど、八ヶ所のお寺の様子、歴史、八体の観音像の姿について思い入れをもって、語られるのを聞いてると、ここ数年来の仏像人気がわかる気がしたし、実際に、文化芸術としても観てみたいという思いも湧いてきた。

第二部のトークセッションでは、ダニエル・カール氏も参加されてたけれど、奈良にも仏像にも、私なんぞより、よほどあかるくて、驚きつつも、まったく反省。

JR東海もキャンペーン中だし、まんまと乗せられて、時間できたら、行ってみようかなぁと。

20120918_marucar01

大和路 秀麗 八十八面観音巡礼
http://www.kairyuouji.jp/kannon.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧