« What's an Icon of Style? 時代を彩るファッション展 | トップページ | 屋形船納涼会@東京湾お台場  »

2012/05/05

KATAGAMI Style展

三菱一号館美術館で開催されているKATAGAMI Style展へ。
20120428_katagami01
着付けを習って、江戸小紋の型紙を教室で見せてもらったりしたこともあり、この展覧会も、かなり興味をひかれていた。
テーマは、日本の着物の型紙が、世界の衣裳や、工芸に与えた影響。

展示されていた伊勢型紙の数々は、ステキなものばかり。この型紙で染めた着物や浴衣をつくりたいわぁって、想像が広がるデザインがいっぱい!

それにしても世界の美術館・博物館で、日本の型紙自体が収集され、今も残されているのは意外。
確かに染物のすばらしさは、型紙があってこそだと思うけれど、型紙は、工業品で言えば金型みたいなものだろうし、デザイン画や製品が展示されることはあっても、金型が展示で取り上げられるというのは珍しいと思う。

日本の型紙セットが載っている昔のリバティの通販カタログ。面白くて、へぇ~と驚きつつも、いわゆるリバティ柄を想像すると、なるほどと納得してみたり。

展示も、型紙とそれに影響を見られたと思われる洋服の生地、壁紙や、家具や装飾品などを並べていたり、比較しながら見ることができるのが、面白い。
とはいえ、日本の着物の染め柄に比べると、シャープさや精緻さ、シンメトリーな美しさ、技術など、やっぱり海外の作品は、印象が違うなーと感じる。
外国のものはやわらかい印象だったり、何色も重ねて染めたした色のあわせ方に少しずれがあったり。それがデザインなのかもしれないけれど。
型紙でくっきりと綺麗に染めた日本の染物が、好きだなぁ。

展覧会では、「伊勢型紙・江戸小紋」の製作過程の映像も。着付け教室で、習ったことはあるけれど、こんなに手間がかかってるのねぇと、実際の映像で見て改めて知ったことも。

反物から染めてもらって誂えた江戸小紋も、本当に手間がかかってるんだなぁと、改めて大切に着ようと心に思った。

KATAGAMI Style展
http://katagami.exhn.jp/

三菱一号館美術館
http://mimt.jp/

|

« What's an Icon of Style? 時代を彩るファッション展 | トップページ | 屋形船納涼会@東京湾お台場  »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/54620294

この記事へのトラックバック一覧です: KATAGAMI Style展 :

« What's an Icon of Style? 時代を彩るファッション展 | トップページ | 屋形船納涼会@東京湾お台場  »