« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012/04/30

朝ヨガはじめました

もうひとつの朝活。朝のヨガ教室へいくことにした。
週末でもよいのだけど、ちょっと生活の立て直しもはかりたいし、とにかく朝にヨガしてみようと。

選んだレッスンは、インド人の先生で英語。インド中央政府公認ヨガ教師ということで本格的。英語は通訳さんがつくとのことで、あまり心配なし。というか英語の勉強になれば、一石二鳥。

実際に受講してみて、動きの指示の英語は難しくなく、だいたい聞き取れる。ふと気を抜くと、聞き漏らしてしまうこともあり、通訳さんの日本語を待ってから動くこともあるけど。へー、英語でそういうんだとか、新鮮な発見もあって、楽しい。

ちゃんとヨガの思想(?)とか、ポーズの意味を説明してくれたり、動きの中で意識すべき部位を教えてくれる。一人ひとりのポーズを見て、修正ポイントを指摘してくれたり。
とってもわかりやすい!

いままで、スポーツジムとか、ほかのヨガ教室とかでヨガやピラティスとかいったけれど、今回のに比べてしまうと、単に身体を動かすだけだったよなぁと思う。もちろんそれぞれ楽しかったけれど、ヨガってこういうものなんだと、今回初めて知った気分。全10回のコースで、最初から順に教えていただくというのも、よいのかもしれない。

そして、すばらしいと思ったのは、毎回、レッスンが終わった後に、メーリングリストで、説明してくださった講義のレビューを送ってくださること。
これはとっても有難いし、自分でも復習しやすい。

朝7:30からのレッスンなので、ちょっと早起きしなければならないけれど、とってもリフレッシュしていい気分。
全10回のレッスンで、しっかりと見につけたいわー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/29

牡丹園にて

東京で借りてる部屋から歩いていける公園に、牡丹園があるらしいと立て看板で知る。
いつもの通勤路で、牡丹の花がたくさん咲きはじめたのを見て、そろそろかなと、牡丹園へ。
20120428_botan01
わぁ、いっぱい咲いてる!50種類もの牡丹をゆっくりと鑑賞。
手のひらよりも大きい、人の頭ぐらいもある大輪の牡丹の花。「花」というより、「華」と書くほうがふさわしい気がする。
20120428_botan02


20120428_botan03


20120428_botan04
白、薄いピンク、藤色、艶やかな濃いピンク、赤と、絢爛で艶やか!近くで見ると、美しくて薄い花弁が幾重にもなって、優美な姿。
たくさん咲いていたので、ふんわりと柔らかな芳香。牡丹が、こんなにいい香りがするなんて知らなかったわ。

美しい牡丹を観て、なんとも華やかな気分になれた一日。
20120428_botan05

Facebookのアルバムに他の画像もUPしてます。
-Flower of peony 牡丹園にて 2012-04-28-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/28

朝活はじめました

朝活がメディアにとりあげられ始めた数年前から、気になってたけれど、名古屋では、なかなか早朝から習い事ってなくて。
去年は、仕事がひどかったので、体調もいまいち。ということで生活の建て直しもかねて、東京にいるうちに、いろいろやってみようかなと。

というわけで、4月から、丸の内朝大学の日本の生活美のコースという朝活をスタート。2週間たった。
このコースでは、毎回違うテーマを専門家の先生が講義してくれる。

第一回は日本の美・鑑賞入門。出光美術館の学芸員の方が講師。
さまざまな日本画をみて、面白さを語ってくださった。
滑稽だったり、恐ろしかったり、いろんな技法によって印象を変えていることなど、深いなぁ。
絵を見るのは好きだけど、現代ポップアート系が今までの興味分野だったので、あたらしい領域にも、ちょっと目が開いた気がして、とっても楽しめた。

講義の中で印象に残った言葉。ちょっと実践してみたい。
朝起きて、一番に美しい絵を見ることで、感度のよい一日が送れる。
美術を観ることは、感受性を鍛えること。


二回目は、朝の句会。俳句を詠む!
これはきつかったなぁー。時間が1時間しかないなかで、ほとんど、しょっぱなから、俳句読みましょう!と始まったので、五七五ぐらいしかわからないし、かなりのプレッシャー。
おもわず、俳句がきらいになりそうだ。人のを読むのはいいけど、自分でつくるのはツライ。
普段から興味を持っているならともかく…。(って、大学で国語を学んだなんていえないわ。)
こんなことでもない限り、俳句を詠むなんてことは、なかっただろうから、一度ぐらい経験しておくのはいいことだ。
そんなわけで、この日は朝から、眉間にしわよせて、かなり頭をつかった。おかげさまで、目はしゃきーんと覚めた(笑)
普段使わない部分の脳みそをフル稼働させた気がする。自分で詠むのはともかく、今後は俳句というものに、ちょっと気に留めてみるのもいいかなぁ。

丸の内朝大学
http://asadaigaku.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/12

タワシタ@赤羽橋でお花見ディナー

数週間前のできごと。やっと記事アップ。

東京タワーの真下といってもよいぐらいすぐ下にある、大人な創作フレンチビストロで、同僚先輩方と、お花見ディナー。
電話番号は非公開。看板は出てないし、わかりにくいとは聞いていたけれど、教えられたお店の周辺に到着するも、ここにあるの?と思うような地味な外観のビル。おそるおそるそのビルに入っていくと、本当にお店はあった。

店内は、20名ほどのフロアと個室。大きな窓からは、道の向かいに咲く桜。その奥に大きく東京タワーが見える。

お料理は、コースで注文していたようす。
どれも、材料からこだわったお料理がタイミングをみて、順に運ばれてくる。
20120415tawashita01

20120415tawashita02

結構なボリュームで、肉料理にたどり着くころには、すでに、腹八分目は超えてるー!
20120415tawashita03

・・・けど、美味しかったので、どれも残さずいただきました♪
デザートは6種類、ちょうど6人だったので、全種類をみんなでシェア。
20120415tawashita04

遅い時間まで開いているし、雰囲気もよく、急かされることもなく、時間を気にせず、ゆっくりと楽しめる、素敵なお店。
会話がとっても弾んで、楽しく、美味しくお食事をいただいて…。
ふと気づいたら、結局、終電逃してしまった(笑)

食後にお店の前から、しばし、桜と東京タワーを見上げる。
もうすぐオープンのスカイツリーが話題だけれど、こうやって見ると、やっぱり東京タワーって、特別だわぁ。
20120415tawashita05

Facebookのアルバムにその他の画像もUP↓
タワシタでのお花見ディナー 2012-04-11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/03

生ハム研究所@新橋

結構前にいったお店だけど、いまさらアップ。

お店の名前が非常に印象的だけど、イタリアンのトラットリアな感じ。
この日、同僚と会社帰りに、新橋でお食事でもという話になり、以前、開店当初にランチでお邪魔したこのお店を思い出した。

20120224namahamu01
店名にもなってる生ハムを注文。美味しそうな生ハムとサラミの盛り合わせ。スペインのハモンセラーのとか、それよりも脂身の刺しが多いトロのような生ハム、茴香(ういきょう)で風味付けしたハムとか。ピスタチオの入ったサラミなどなど。(説明覚えきれず)
とにかく、いずれも美味しいー。そして、意外に塩味控えめで、食べやすい。

20120224namahamu02
本日のおすすめにあった、ゴルゴンゾーラのチーズリゾット。ちゃんと芯がいい感じにのこってて、美味しい。

有機野菜のバーニャカウダ風ディップ
20120224namahamu03

ドリンクは「お宝ワイン」一本1,890円。
面白いしくみで、スペイン、イタリア、カフロフォルニア、チリなどのワインの名産地のワインが、いろいろ置いてあって、好きなものを自分で選べる。わからなければ、好みを店員さんに伝えて、選んでもらえる。
カジュアルなワインがお手ごろでいただけて、美味しかったー。

生ハム研究所
http://namaham-tokyo.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/02

【投資】某流通系を手放す

この2月、3月と、相場全体が急激に回復してきて、ほんとにありがたいこと。この先どうなるかはわからないけれど。

今年の2月に、割安と見込んで仕込んでみた某流通系の株を、早々と利益確定することにした。予想よりも早く株価が上がりすぎてしまい、私にとっては、割安とは思えなくなった。
株価が上がったのは嬉しいれど、こんなに急にとは想定していなかったので、ここは判断しどき。

決算が発表されたら、もっとあがるかも?もっと長く保有したら、今後さらに成長するかも?と、いう期待もあるけれど、、何か起きたときに、あまり急判断で動かすのは、自分のスタイルに合わない。
ここのところ落ち着いてきているし、今のうちにカタを付けておくことにした。

もっとたくさん購入しておけばなぁーとは、いつも思うことだけど、ちょっとでもプラスになったのでよしとして。
とにかく、投資を考える時間の余裕ができてきたのが嬉しい。
もちろん、保有銘柄の中には、まだちょっとマイナスになってるものあるので、今後の作戦を練らなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »