« 着付け教室番外編(謝辞の準備) | トップページ | ロンドン・パリ旅行 -Eurostar(ユーロスター)でパリへ- »

2011/12/18

着付け教室(プロ1級認定授与式)

名古屋の某ホテルで、授与式典。

謝辞を仰せつかったものの、着物で巻紙読むなんて、初めての経験。お作法もわからず、リハーサルで教えてもらうも、お作法どおり、形式どおりというのも、超苦手。
式典は、各課程を修了、または資格認定された生徒が総勢50人ほど参加。時間になると先生方が入場され、式次第が進む。

出番が近づき、それなりに緊張。
謝辞。
あー。巻紙の包み紙の扱いを間違えた!
ちなみに、お祝い事なので、あけるときは折りたたんである包みの下から広げる。
そして、巻紙を広げて読み始めたものの、そもそもスピーチならともかく、原稿をわざわざ見て読むなんて、あまりないことで、棒読みになりそう。途中から、スピーチみたいに、あんまり原稿見ずに(趣旨は変わらないけど)、言い方を変えてしまい、かえって詰まってしまった(^^;

形式ばったスピーチっつーのは、普通のより、もっと大変だってことがよくわかった。
一番お世話になった、担任の先生は、涙出そうなほど良かったといってくださったので、良しとしよう。

さて、式典のあとは、恒例のお食事パーティ。お食事の部から参加する方もいて、100名ほど。みんな着物着用なので、これまた華やか。
毎回のことながら、今回も、前半は演し物を鑑賞し、その後お食事。

ずっと一緒に、着付けをがんばってきたクラスメイトに、久しぶりに会えたのは、本当にうれしい。
おしゃべりしながら、楽しくおいしくいただきました。
20111218dinner01
20111218dinner02
20111218dinner03
20111218dinner04
20111218dinner05

|

« 着付け教室番外編(謝辞の準備) | トップページ | ロンドン・パリ旅行 -Eurostar(ユーロスター)でパリへ- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

着付け教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/53553507

この記事へのトラックバック一覧です: 着付け教室(プロ1級認定授与式):

« 着付け教室番外編(謝辞の準備) | トップページ | ロンドン・パリ旅行 -Eurostar(ユーロスター)でパリへ- »