« GWのある一日 -ヤギを見に行く- | トップページ | ロンドン・パリ旅行 -Cath Kidston(キャス・キッドソン)- »

2011/05/05

GWのある一日 -子供たちと遊ぶ-

友達の家の庭で、ヤギを前に話していると、近所の子供たちが、ヤギを見に遊びに来た。小学校中学年から高学年といった感じの男の子たち。
土地柄のせいか、初対面の私に物怖じもせず、子供たちは、大きな声で「こんにちはー。」と挨拶した後、平気でため口で話しかけてくる。

子供たちは、しばらくヤギとじゃれあった後、私の友達に向かって「遊ぼうよー。野球しようよー。」と誘っている。友達は、私に気遣って断ったけれど、子供たちはとてもがっかりして残念そう。
そこで、「いいよ。野球したら?私は見てるから。」と言う。すると、子供たちは、「だめだよ。一緒にやるの。」と、なぜか私も一緒に野球をすることになった。
「やったことないよー。」と訴えるも、子供たちは、聞こえているのか、いないのか?
これが大人相手なら、野球など、絶対にはっきりとお断りだけど、子供たち相手じゃしかたない。野球といっても、道具を見ると、プラスティックのバットと、当たっても痛くないふわふわボール。もちろんグローブなしの素手。これならなんとかなりそうだし、動くのは好きだし、ま、いいかぁ。

連れて行かれたのは、徒歩数分の小さな神社。
まず、いい大人がこんなところで、野球していいのか?(^^;)と、とまどうも、友人も、気に留めることなく野球を始めるので、余所者の私は気にしないことにした。
しかし、実際のところ、プレイ中に跳んだボールが、神社の狛犬や、灯篭に当たる。軽いボールなのでダメージはないとはわかってるものの、大人の常識からすると、微妙…。

ゲームは始まったものの、ルールも曖昧で、特に守備の時には、何をすればいいのかがよくわからない。幸い、それほど厳密な雰囲気でもなかったので、ボール拾いなどしながら、わからないながら、できる範囲で動く。
そもそも子供の遊びらしく、ルールも、その場の状況や、気分でかなり柔軟に変更されていた。

合間に、子供たちの様子を観察していると、かなり個性がでていて面白い。

野球好きと、そうでない子がいるようで、しばらくすると興味を失って、飽きたー、つまんないと言って、ふらふらしだす子もいる。なんとも自由だなぁ。

負けず嫌いの子は、熱くなりすぎて、半分けんか腰になったり、もうイヤだと言いながらも、意外に投げ出さずにゲームを続けている。
そんな中でも、少し大人びていて、冷静に淡々と自分のペースで動く子。
ゲーム中にもかかわらず、私のところに来て、いろんなことを言いにきたり、笑わせようとしてるのか、おかしなしぐさを見せていく子もいる。

普段から野球をしてるという、一番上手い子は、フォアボールでも、デッドボールでも、絶対に出塁せず、ノーカウントを主張して続行する。打たずに出られるかという、野球へのプライドが感じられる。
コツコツと、ひたすら真面目に野球を続ける小さな子。出塁できると、とても嬉しそうに、出られたーと言いながら、素直に喜んでいる。

途中でやってきたある子の妹さんは、野球には参加しなかったけれど、みんなと一緒に居たい様子。お兄ちゃんにくっついてまわったり、率先してボール拾いに走ったりして、けなげでかわいらしい。

野球は、その後、みんな疲れたのか、飽きてきたのか、途中だったけれど、勝ち負けのこだわりもなく、なんとなく収束。

その後も、小さい子達から、キャッチボールしようよと誘われ、庭先でいっしょに遊ぶ。
遊びとはいえ、子供は本気で力任せに投げるので、隣のお宅の畑にボールが入ったりと、まったく、私は冷や冷やだ。でも、そういうことも、日常茶飯事なのか、畑仕事をしてたお年寄りが「どうぞー」と言ってくださって、子供たちは、ボールをとりに走り戻ってくる。

上手く表現できないけれど、とにかく、子供たちも、村の雰囲気も、全体が、ドラマや映画、はたまた旅番組みたいだなぁ。すごいなぁと、不思議な感覚。

小さい子たちは、本当に一生懸命に、いろんなことを話してくれる。本当に純粋だったり、けなげだったり、子供らしいかと思えば、意外に大人びた発言があったりして、そんなこと考えてるんだと驚いたり。
高学年の子たちは、お年頃からか、少し距離を置き、なんだかんだと、生意気な言葉を投げかけてくる。言葉の中には、存在を気にしてくれたり、気遣いも感じられたり、彼らなりの表現なんだなぁとほほえましい。

はるか昔、大学時代の教育実習を、子供たちと遊んだ時間を懐かしく思い起こした。小学校の実習では、小学5年生を担当したのだけど、たぶん今回遊んだ高学年の子達と同じ年頃だと思う。

子供たちと「遊ぶ」のって、本当に楽しいねー。
きっと、「~する」んじゃなくて、「遊ぶ」感覚が楽しいんだと、ふと思った。

それにしても、数時間も野球やキャッチボールに付き合ったので、翌日は、もれなく腕が筋肉痛(笑)

|

« GWのある一日 -ヤギを見に行く- | トップページ | ロンドン・パリ旅行 -Cath Kidston(キャス・キッドソン)- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

読んでいて、ニヤついてしまいました~。自分も田舎育ちなんでよく神社で野球やったなーって思ったり、文にあるように野球されてるところを想像したら。。。あっすみません。失礼しましたw
いや、でも察するに雰囲気の良さそうなところのようですね。もし聞く機会があったら聞かせてください!

投稿: Oi | 2011/05/27 19:28

>Oiさん
記事を読んで、楽しんでもらえたようで、私も嬉しいです。
お話させてもらいますよー!というか、もしよかったら、こちらに戻られたときに機会があれば、ぜひ現場にも!(笑)

投稿: じゅんこ | 2011/05/29 00:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/51581169

この記事へのトラックバック一覧です: GWのある一日 -子供たちと遊ぶ-:

« GWのある一日 -ヤギを見に行く- | トップページ | ロンドン・パリ旅行 -Cath Kidston(キャス・キッドソン)- »