« 着付け教室(スペシャリスト科 第37回、第38回) | トップページ | ロンドン・パリ旅行 -Westminster Abbey(ウェストミンスター寺院)- »

2011/05/02

元同期との会食 2011

4/28(木)の夜。東京にて、前に勤めていた会社の同期会。
今年は、入社20年という区切り、久しぶりに、集まろうと言うことになった。本来なら(震災がなければ)、まだ東京出張のはずだったけれど、なにがなんでも絶対に参加すると、同期会のために東京へ。

もともと静岡本社の会社だけど、私の前職での会社生活は、ほとんどが東京だった。同期会というと、ずっと東京で働いているメンバーでの集まり。私と同じく転職したメンバーも居るが、私以外は、単身赴任にしろ、転勤にしろ、ずっと東京に居る。

同期の1人が、「ちょくちょく東京に来てよ。こんな機会でもないと、なかなか、顔をあわせて集合することがないんだよ。」という。ずっと東京に居ても、忙しかったり、いつでも会えるとの思いがあるからか、個別に顔をあわせることはあっても、こうして集まることはないと言う。

そういえば、20年っていい区切りだし、大々的に全員に声をかけて同期会をやりたいねぇなんて話になる。
そもそも同期何人いたんだっけ?という問いに、即答で「77人!」と答える一人の同期。
よく覚えてるなぁと感心する。そんなに同期入社がいたんだという驚き。
今も変わらず、ずっと勤めているのは、おそらく2割に満たないだろう。私が退職した10年前当時で、既に2割程度に減っていた。

そんな状況で、同期会って、突拍子もない話だなぁという気もしながら、話は続いていく。
77人って、名前いえる?誰がいたっけ?いまどこで、何してるんだろ?連絡とれる?と、懐かしい名前をあげていく。
全体での同期会をするなら、東京ではなく、本社のある静岡で開催することになるんじゃない?などと、実現するともわからないながら、本気とも冗談ともつかず、楽しくて盛り上がった。

そして、現在までの会社の変化。
社員は、グループ会社間での合併もあり、相当増えているのは知っていたが、東京のビジネスも多くなり、東京本部が、汐留の新しいビルに引っ越したとのことだ。この時節に景気のよい話だこと。

毎年グループ会社が一挙に集まって(それこそ数千人単位)開催されていた大運動会はなくなったそうだ。参加賞として配られるお土産は、「高級牛肉(生)」だったのだが、最後までそれは続いたというのを聞いて、笑ってしまった。(それこそ、入社して、最初にもらったときは、かなり衝撃的だった)

女性の制服も、廃止されたそうだ。
古き、よき(?)制度は、ほとんどなくなった。と、変わったこともたくさんあるが、話を聞いてると、相変わらずのこともあり。

そして、楽しい時間は、あっという間に時間は過ぎ、解散。
普段の会社帰りのように、お互いに「じゃ、またねー。」「気を付けて。」ぐらいの一言。
次に会えるのが、いつともわからないのに、名残を惜しむでもなく、あっさりとした別れの言葉。
毎回のこと。また次回が、きっとあるから。

|

« 着付け教室(スペシャリスト科 第37回、第38回) | トップページ | ロンドン・パリ旅行 -Westminster Abbey(ウェストミンスター寺院)- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/51561851

この記事へのトラックバック一覧です: 元同期との会食 2011:

« 着付け教室(スペシャリスト科 第37回、第38回) | トップページ | ロンドン・パリ旅行 -Westminster Abbey(ウェストミンスター寺院)- »