« 東日本大地震@東京 -地震発生その後- | トップページ | 東日本大地震@東京 -帰宅- »

2011/03/13

東日本大地震@東京 -帰宅準備-

予断は許さないとはいえ、余震も大きさは落ち着いてきた気がする。避難指示も出ていないので、そのまま仕事を続けている。
しかし、被害情報が錯綜し、交通機関も止まっていることもあり、皆が口々にいろんな情報を話し、ほとんど仕事に集中できない。

定時をすぎるころには、帰宅をどうするか、決断をしなければならなくなった。
交通機関は、まだ全て復旧の見込みなしの状態。
安全面では、頑丈なビルに居た方がいいけれど、家族が心配だったり、水や食料が確保できないことを考えると、家にたどり着いた方が良いと、さまざまな意見がある。それに、お客様のビルなので、本当にまずい状況ではない限り、留まるという選択肢はなさそうだ。
交通機関の復旧を待って粘ることも考えられるが、もし復旧しなければ、そのままどこかで夜を明かすことを覚悟するか。

余震もかなり小さくなってきたこともあり、歩いて帰ることを選択する人が多かった。ただ交通機関の復旧しないかなという期待する人も多い。(結果的には私鉄系は夜に復旧した線もあったがこの時点ではわからない。)
帰ると決めたならば、深夜になることは避けた方がよいし、では何時までにそれを決断するかを、考えなければならない。
自宅まで12キロもあるのに、帰ると早めに決断して、会社を出た人もいた。

都営バスが、運転再開したらしいとの情報が入る。よかったと思うも、この状況ではすぐに乗れるはずもないし、乗れてもギュウ詰め、道も大渋滞が予想され、時間もどれだけかかるかわからない。歩いた方が早いだろう。

私は、翌日は名古屋に戻りたいこともあり、ホテルまで歩いていくことにした。そもそも食料も確保できないので、ホテルに行けばなにかあるかもとの考えもあった。
距離を調べると、徒歩で1時間少し。少し遠いが、土地勘もあるエリアにホテルをとれたので、道順もわかる。大きな幹線道路でほとんど歩いていけるので、ある程度安全だろうとも判断した。

歩いて帰ると決めた人たちは、道順が分からないので、ネットの地図をプリントしていく人も多かった。携帯ナビもあるけど、電池切れなども心配だし、電波がつながらなくなる可能性もあるので、紙を準備するのは賢明だ。

女性の同僚が、こんなことなら、今日、ヒールの靴をはいてこなければよかったという。
確かに。可能なら、歩きやすい靴を置き靴しておく方がよいのかもしれない。
私もこの日は7cmヒール。でも1時間ちょっとなら大丈夫だ。
今回は、道路も安全な状態だったからよかったけれど、足元も悪く、長時間となると、ヒールでは長くはもたない。

私は、この日は一週間分の荷物を詰めた大きなスーツケースを持っていた。これを引いて1時間以上かぁと思うと心が折れそうだったけれど、仕方ない。なるべく手持ちの荷物を減らそうと、スーツケースをあけて、PCなど、重いものを詰め込んだ。

このころ、同じく名古屋から出張してきている同僚と社内チャットで会話すると、ホテルはとっていないという。本社ビルに居るし、きっと東海道線が動くから、それを期待して、しばらく粘るという。ま、確かに本社なら、もし電車が動かなくとも泊まってもかまわないなと思う。

|

« 東日本大地震@東京 -地震発生その後- | トップページ | 東日本大地震@東京 -帰宅- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/51111964

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大地震@東京 -帰宅準備-:

« 東日本大地震@東京 -地震発生その後- | トップページ | 東日本大地震@東京 -帰宅- »