« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011/02/27

3月からのプロジェクトは

金曜日、プロジェクトの面接へ。
通常は、面接が終わって、数日後に返事があることが多いので、ゆっくり構えていた。
ところが、面接というか、その場で、話がどんどん進み、前から決まってたかの話で、さっそく来週からでもとの話。
さすがに、へ?いやいや月曜日はまだ今のプロジェクトあるし、って慌てるも、3月1日からということで決まってしまった。

面接後に報告の電話を入れた上司も、電光石火で少し驚き気味。実際、社内事務処理とかあるわけだし。

ということで、3月からのプロジェクトは。
東京。
月曜日から金曜日までホテル暮らしの出張生活。引越しはしないし、週末は基本名古屋。

今回は前に東京に行ったときのように、私が知らされる前に申し込みされたとかではなく、他のもいくつか候補のなかから、役割、場所、期間で悩みつつも、自分で選択したこと。
本当は、名古屋のプロジェクトで、私でよいと言ってもらえて、自分がやりがいが持てて、楽しくできる仕事がベストだけど、そんなにいいタイミングで、あるわけない。
ベターな選択。今の状況で、任せてもらえる仕事があって、自分で決められるのは良いことと思わねば。
出張生活は、確かにキツイけど、東京は好き。コストのかかる出張を認めてもらえるのも、贅沢な話に違いない。
仕事でずっとじゃなくて、遊びなら東京行くのは、大歓迎なんだけど。

というわけで、関東圏の皆様、よろしくお願いしますっ。

個別にメールで連絡したいところですが、引越しするわけではないし、急な話ですので、ブログを読んでくださってる方々には、これをもって告知ということでお願いしますー。

前回の東京生活では、あまり昔の知人に連絡を取らなかったなぁ。
しばらく居ることになるから、いつでも会えるという思いもあったけれど、実際は、楽しかったころの知人に会うほど、元気じゃなく、そんな気分になれなかったんだと思う。
今回はきっと大丈夫。期間限定の東京生活。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/26

着付け教室(スペシャリスト科 第29回)

今日は、再び留袖、二重太鼓の練習。

もう何十回も練習してるけど、完璧って思える出来にはならないのよねぇ。
苦手だな、上手くいかないと思うところは、いつも同じ。必ず、後で手直し。
手直しすれば、直る範囲ならまだよいけれど。

一年前と比べると、確実に上達していると思うけれど、一ヶ月前と比べると、上達している実感がなくて、少々焦る。
一ヶ月では見えないぐらいの遅々たる歩み、だけど着実に向上してるはず?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/25

プロジェクトの区切り

2月末で、今のプロジェクトを抜けることになった。
この4ヶ月間、なんだか久しぶりに楽したなぁという感じ。

その前のプロジェクトも、期間としては、ほぼ同じぐらいだったのだけど、改めて振り返ってみて、この2つのプロジェクトで、自分がしてきたことの違いに驚く。
同じ人間が、同じ期間、同じ給料で仕事をするのに、こんなにも創出するものに違いがあっていいのかと思わずにはいられない。生産性とか作るものの価値とか…。スピード感、密度が違う。

前のプロジェクトでは、ほぼ4ヶ月で、小さいけれどシステムを一つ作り終えた。ゴールに向かって全速力。
自分が判断しなければならないことも多く、マルチタスクで混乱の日々。プロジェクト中は、ほんとに辛かったし、プンプンしたり、へこんだりして、「もうやだー。早く終わってーっ」て、思ってたけど(笑)
私の力不足で、一緒に仕事した人たちには、迷惑かけたこともあるけど、メンバーはまとまってたと思うし、みんなの力でしっかり成果を残せた。
直接かかわったお客様は、ほんの一部の方だけだったけれど、予想以上に、お客様にも評価いただいたようで、自分の仕事が何か役にたつんだなと実感もあった。

今は。
判断することは求められない。課題があっても、解決策を導出する意思決定には参加できない。まずは、指示のとおり動くこと。
言われたことだけやってたらダメだと、最初のうちは、口出しもしたけれど、自分の役割、立場では、益のあることとは思えず、ほどなく諦めた。そんな自分がなさけない。
そして、この4ヶ月の仕事内容を、箇条書きにしたら、3行で終わる。あとはひたすら数をこなす。3行タスク×100とか、そういう感じ。
楽はさせてもらったけれど、ひたすら黙々と作り続けた日々。
あと一日で終わる。

楽しくって、ちょっとチャレンジャブルな、ちょうど良い仕事っつーのは、そう都合よくはころがってないのよねぇ。

まぁ。
私自身、なにかと文句言いすぎだってわかってる。
あるときは、忙しくてやだーといってみたり。たいした実力もないのに、こんな仕事つまんないーと言ってみたり贅沢な話だ。
文句言いながら、真面目にやろうと思ってると言い訳してみても、そんな気持ちじゃ、ベストのパフォーマンスを出せるはずがないんだよなぁ。

だけど、どんなときも、前向きにって、なかなか難しい。

ただ、今の仕事でラッキーなのは、いろんな仕事に挑戦するチャンスがあるってこと。
次へ向けて、気持ち切り替えてがんばろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/02/21

春髪

土曜日の午後は、ヘアサロンへ。
髪型を変えれば、少しは気分も明るくなるかなーと。

春に向けて、今回は少しカラーを明るめに。
少し雰囲気を変えたいとスタイリストさんと話して、久しぶりに前髪を作ることに。

もう何年も長く担当してもらっているスタイリストさん。なんとなく希望を伝えて、相談しつつ、後はお任せ。

今回は、出来上がりは、前髪しっかりのフェミニンなエアリーボブっぽくなった。
髪型だけみると完璧なのだけど、厚めの前髪を下ろした自分が見慣れない。それに髪型だけが可愛らしい雰囲気すぎる気がして、思わず、「大丈夫?イタくない?」って聞いてしまった(^^;
もちろん、スタイリストさんは、「大丈夫ですっ!」と言ってくれたけど。そもそも、お任せオーダーしておきながら、この質問は、失礼だったよねぇ…。

せっかくなので、しっかり前髪を下ろして、このスタイルを楽しまなくちゃ。
メイクやファッションも少し雰囲気を変えてみれば、気持ちも少しは上向くかなー。
ただし、若作りに走って、本気でイタくならないように気をつけよう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011/02/20

ガラスの帯留めが出来上がってきた

先日、ガラスパーツの色を選んで組み合わせ、お店に預けてきた帯留め。
窯で焼かれて、出来上がってきた。
20110219obidome01

何十分も悩んで、いろんなバリエーションを考えてみたけど、結局、天然石っぽいイメージで、ターコイズと緑メノウっぽい色の組み合わせを選んでオーダーした。

作ってるときは気づかなかったけど、大好きな海の色。
暖かくなったら、カジュアルな着物や、浴衣に合わせて遊びたい。

これはこれでお気に入りなんだけど、せっかくなので、もっと印象の異なる別の色で作ってもよかったかも?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/02/19

着付け教室(スペシャリスト科 第28回)

20110219furisode01

今日は振袖の着付けで、帯は源氏蝶。

なんとなく、それなりに、蝶っぽく出来上がったかな。
20110219genjicho01
しかし、文庫系の帯結びは、きっちり仕上げないと左右のバランスなどは粗が目立つなぁ。
飾り紐をの使い方が、いまいち、いい感じにならなかった…。いろいろ観察してセンス磨かないとなぁ。

【備忘録】
手先から60cmをとり、体に二巻きして結ぶ。
手先の結び目から先は、箱ひだをとる。
垂れ先で、羽根を二枚重ねて作り、三つ山ひだをとり、中心をゴムでとめる。
板状のミニ帯板を、背中心に差込み、羽根を支えるように固定する。
帯揚げをする。飾り紐はここでセットする。
手先の箱ひだで、羽根を巻き、帯締めを締める。
飾り紐を結び、羽根を広げ、全体の形を整える。
手先の長さに余裕がある場合は、下の羽根になるよう手先を広げる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/02/14

バレンタインデーチョコレート探索

久々の、平日バレンタインデー。
今年のバレンタインデーは平日効果で、義理チョコが増えるとの予想で、例年の1、2倍の売上げ予想とのニュースを見たので、例年以上に盛り上がったのかもしれない。

チョコレートが好きというわけではないけれど、毎年、ぐるっとデパートのバレンタインデー催事をひととおりチェックする。
このシーズンにしか入手できないチョコレートなど、いろいろ試してみたいし、人にプレゼントするなら、味見をしてからと思うので、いくつか購入して、賞味期限いっぱいかけて、ゆっくり味見をしてみる。

バレンタインチョコ売上げ日本一を誇る、名古屋JRタカシマヤは、ほんとに大混雑だった。今年は、タカシマヤでは、ぐるっと見ただけで購入せず。
名古屋、栄のデパートは、ひととおり、名鉄百貨店、三越、松坂屋と、見て歩いたけど、直前でも、意外に余裕をもって購入できる雰囲気だった。
中でも、名鉄百貨店は、以前から伊勢丹と提携していたことから、元はパリで開催されるチョコレートの祭典「サロン・ドゥ・ショコラ」が開催され、貴重なショコラティエのチョコレートを扱っている。だけど、タカシマヤに比べて購入しやすいので意外に穴場だと思う。

そして今年は、いい時期に、たまたま新宿に行く用事ができたので、新宿伊勢丹も探索。
伊勢丹では「サロン・ドゥ・ショコラ」のイベントは終っていたけれど、地下1Fに集められたチョコレート売り場は、名古屋のタカシマヤにも負けない、かなりな混雑。
ご一緒した会社の女の子に聞いたら、同じ新宿でも、タカシマヤに比べ、やっぱり伊勢丹は、混んでると言ってた。さすが。

ほとんどUターンで名古屋への帰途へ。
東京駅で、新幹線までの待ち時間に、新丸ビルのパレ ド オールでお茶をしようと思って立ち寄ったところ、バレンタインデーまで、カフェはお休みだった…(;;)
スタッフ総出で、バレンタインチョコレート対応ということかしら。
OAZOのドゥバイヨルでは、臨時売り場を別ブースしていて、カフェはそのまま開いていたけど。

今年新たに発掘して、お気に入りに加わったのは、BEL AMER(ベルアメール)のマンディアン。
チョコレートももちろん美味しいけど、大好きなナッツとドライフルーツがトッピングされているのが嬉しい。
ただ、ちょっと大きいんだよなぁ…。直径5~6cmぐらいの板チョコ。小さめで作ってくれたら気軽な贈り物にできるので嬉しいなぁ。

そういえば、DEMEL(デメル)のレモンピールのチョコレートがなくなってオレンジピールだけになってしまってた。いつから?お気に入りだったのに(といっても、この時期にしか買ったこと無いけど(笑))、残念だわ。

ショコラティエ パレ ド オール
http://www.palet-dor.com/

ドゥバイヨル
http://www.kataoka.com/products/debailleul/index.html

BEL AMER(ベルアメール)
http://www.belamer.jp/

DEMEL JAPAN/デメル・ジャパン
http://www.demel.co.jp/

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/02/12

着付け教室(スペシャリスト科 第27回)

3連休の真ん中なので、お休みだといいなぁと思ったけど、土曜日は、いつもどおり着付教室。

お太鼓結びの変わり結び、花ぐるまの練習。

帯枕は薄くて小さめのものを使用。
手先、、たれ先、それぞれ30cmで、三つ山ひだを作って、十字にクロスしてゴムでとめ、お太鼓の上にのせる花ぐるまを作る。
残りの輪になった部分で、お太鼓を形作る。

花ぐるまが少し大きくて、花がメインな感じ。
もう少し小さく作ったほうが、お太鼓の上に花が乗っかった雰囲気でよい感じ。
20110212hanaguruma01

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/08

ガラスの帯留づくり

土曜日、着付け教室の帰り。
クラスメイトとともに、JR名古屋タカシマヤで開催中のデニム着物フェアでお買い物。そこで、『ガラスの帯留めづくり講座』がくるり名古屋店にて開催中と聞いて、即断で移動。

この講座は、期間限定で2/15(火)まで毎日開催中だそうです。

30色以上ある丸いガラスパーツから、3個~6個好きな色を選んで組み合わせ、自分だけのオリジナル帯留めを作ることができる。
作るといっても、ガラスパーツの組み合わせを決めるだけで、あとは、お店に預けると、窯で焼いて、帯留用の土台に接着しくれる。2週間ほどで完成。

3個~6個の並べ方の型は決まっているけれど、色合わせは自分次第。
というわけで、組み合わせは無限大に近い。実際には…3個なら、30色の3乗で2700通り?6個なら7億通り?(笑)
というわけで、結局迷いに迷って、決めるのに、30分ぐらいかかっただろうか。途中で、少し遊びモードにもなり、いろんな組み合わせを作ってみた。
意外に、もう少し濃かったらなぁとか、もう少し他の色が…と思ったり。

自分の持っている数少ない着物、帯に合わせられるようにと考えると、結局、無難な優しい色合いの組み合わせになってしまった。
最終的に選んだものは、天然石にもあるような3色で6個のパーツを組み合わせたもの。

一緒に、作成していた着付け教室のクラスメイトは、私とは対照的に、どれもポップアートのように、個性的な色合わせで、さすがセンスが良い。アンティーク着物とかにも似合いそうな、彼女らしい作品だ。

それにしても、ものづくりは面白いね。

帰り道で気づいたけれど、作成した帯留めの写真を撮るのを忘れた。残念。
出来上がったら、また掲載予定です。

くるりnagoya
http://www.kururi-nagoya.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/02/06

二月大歌舞伎 -名古屋 御園座-

先日、若鯱カブキクラブの「ビジネスエリートのための歌舞伎講座」というイベントに申し込み、今日は第2回目の講座。見どころ解説と、いよいよ初めての歌舞伎鑑賞。

上演時間が長い(休憩を挟んで4時間)ので、着物か洋服か迷ったけど、せっかくなので着物。こげ茶の鮫小紋に、野蚕絹のしゃれ袋をあわせてみた。
着物観客の方も結構いたけれど、訪問着でかなり豪華に着飾ってる方から、紬の方まで様々。結構自由な感じ。日本髪を結い、白塗りの芸者さんらしき団体さんは、衣紋をしっかり抜いた着こなし。

まずは、御園座のイベントホールにて解説。
サプライズゲストで、市川團十郎さんのご挨拶。至近での本人に、にわかに会場が盛り上がる。
その後、歌舞伎ソムリエのおくだ健太郎氏によるストーリーや見どころの解説映像を観る。

そしていよいよ歌舞伎鑑賞。名古屋の御園座では、二月大歌舞伎という催しで、夜の部に上演されているのは、『義経千本桜』から三段目(五段まであるらしい)と『二人道成寺』という演目。

初めてなので、イヤホンガイドを借りる。これは本当に借りておいてよかったー。上演中、声が聞き取りづらかったり、独特の言い回しでの台詞が聞き取れなかったりと、ガイドなしでは、半分も理解できなかったかも。
歌舞伎特有の演技の表現方法など、解説が入り、より楽しめる。

このガイドでも見せ場として紹介していたけれど、「小金吾討死」の段での、中村七之助さん演じる主馬小金吾の立ち回りが圧巻。
歌舞伎って、全体的にゆっくりと進むんだなぁと思いながら観てたけれど、このシーンはテンポよく、アクロバティックな動きもあって、一番気に入った。

上演後には、若鯱カブキクラブの懇親会があり、ここでもゲストとして、女形の中村芝のぶさん。(お名前はなんとなく知っていた。)
ご挨拶もされたけれど、地声も、男性にしては少し高めで可愛らしい語り口だったので、妙に感心した。写真もOKとのことだったので、一緒に並んで写真を撮らせていただいた。

初回の鑑賞としては、かなり楽しめたと思う。ハマるというほどではないけれど、機会があったら、また観てみようと思う。
改築中の歌舞伎座が新しくなったら、ぜひ一度は観にいきたい。
しかし着物で長時間、客席に座ってるのは、ちょっとしんどかったなぁ(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/02/05

着付け教室(スペシャリスト科 第26回)

今日は千鳥(後見結び)という帯結び。
過去のコースで、一度練習したことがあるので、なんとなく出来あがりは頭にある。
見た目はシンプルに見えるのに、難易度は、かなり高くて、結ぶのに相当苦労した覚えもあり。。。

20110205chidori01

出来あがりは、またアンバランスすぎ。
左の羽が長すぎるし、もっと直線的で、角がぴっちり合っていないとNGだ。

この帯結びは、プロスペシャリスト科の最終試験の課題の一つでもあるので、これから、十分練習していかなければならない。。。
今までの試験は、お太鼓とか、二重太鼓のベーシックな帯結びが、手早く綺麗にできればよかったけれど、こんなのが時間内に綺麗にできるなんて、ほんとプロだよなぁ…。と思うと、まだまだ遠い。

最近、毎度思うけど、私は着物をキレイに着たり、いろいろ知りたいだけなんだけどなぁ。習い事として続けるには、このコースしかなかっただけで。
もちろん身に着けて損はないけども、そこまで、極めるとか、スピードを求められるのが、どうも…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »