« 外見と実年齢のギャップ | トップページ | ビジネスエリートのための歌舞伎講座 若鯱カブキクラブ »

2011/01/22

きものプロスペシャリスト試験

今日は、きものプロスペシャリスト2級の試験。面接と実技。

面接では、自分で着た織りの着物のコーディネートと、着方をチェックされる。
そして、着物生地を2種類見せられ、名称と素材が何かを回答する。
分かりやすい生地でよかった…。こちらはすぐにOK。

問題は着付の実技。
しばらく前から、ひたすら練習していたけれど、15分間で、留袖を最初から(下着となる裾除け肌襦袢から)着付ける課題。

練習では、ほとんど時間に間に合ってないので、ちょっと半分諦め気分。正直なところ、まだ、試験を受けるレベルに達してないんじゃないかな…。

そして試験。
なんとか時間内に着付完了。
けど、練習のときと変わらず、急いだだけ出来あがりはNG。自分で見ても分かるぐらいなので、もちろん試験官の先生の指摘はごもっとも。しかも、今回はプロ技術の試験なのだから、本当にシビアに判定される。

というわけで、結局2回の追試。一応、最後には合格したけれど、かなり危うい。
モデルをしてくれた方には、何度も着付されてお待たせして申し訳なかったなぁ。

だけど、合格できたのだから、それだけで丸もうけ。

しかし、この先の1級の試験は、非常に難関だとのこと。

気合いれなきゃ。。。

|

« 外見と実年齢のギャップ | トップページ | ビジネスエリートのための歌舞伎講座 若鯱カブキクラブ »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

着付け教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/50659687

この記事へのトラックバック一覧です: きものプロスペシャリスト試験:

« 外見と実年齢のギャップ | トップページ | ビジネスエリートのための歌舞伎講座 若鯱カブキクラブ »