« RSSリーダーの整理整頓 | トップページ | きものプロスペシャリスト試験 »

2011/01/21

外見と実年齢のギャップ

ほんとに不思議なものだ。

中学生のころから、主婦に間違えられ、ぴちぴちの大学生だったはずなのに、奥さんと呼びかけられるのは、数知れず。
会社員になって新入社員なのに、どうあっても落ち着いて見られ、フレッシュさに欠けるといわれ続け、20代中盤まで、かなりの老け顔人生まっしぐら。
大学の卒業アルバムの撮影で、カメラマンさんがポーズをいろいろつけながら、冗談で、マダムっぽいねー、これでいきましょうと言ったことは、今でも忘れない。

老け顔は、大人になると、逆に年齢が追いつくときが来ると聞かされて、本当だろうか、いったいいつなんだー?と、若いころは、ずっーと思っていた。

年相応になった、追いついたと思ったのは、やっと30前ぐらいのころだろうか?
それ以降、徐々に実年齢が、外見を追い越し、いまでは若く見られることは確かに多い。
ありがたいことではある。
ただ、若く見られるって嬉しい反面、実は、なんとも面倒だなぁと思うことも多い。

つい先日。
会社の飲み会で、定年を超えた大先輩に、「君が生まれたころは、ぼくはもう大ベテランのSEだったよ」と言われたが、同意するのがためらわれる。微妙な反応に、結局「いやいや、私が生まれたときは、まだ大学生だったと思いますよー。」という話になる。
いい気分で話してる大先輩の言葉を否定するのも興醒めなのだけど、そのままうなずくのも、年齢詐称というか、嘘を言っているようで心苦しい。

これは些細な例だけど、仕事とか、公的な付き合いが絡むと、会話の端々で、ちょっと気を使うこともあるのだ。
とはいえ、まぁ、そんなに深刻な話ではなくて、ちょっと面倒くさいなーって程度だけど。

外見と実年齢が一致していたときが、一番楽な気がする。
余計な気を使うことも、使わせることもない。

それにしても、この後は、どう変化するんだろうか?
最近は、心が枯れてるからなぁ。一気に老け込み加速とか?
老けてるという声も、若いという声も、両方経験したけど、結局、とにかく年相応、普通が一番いい。

|

« RSSリーダーの整理整頓 | トップページ | きものプロスペシャリスト試験 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

僕も若い頃はずいぶん上に見られ、30~32歳ぐらいを境に「若いね」と言われてます。
まあそれは悪い気はしないのですが、「若作りしてる」って思われるのはイヤなんですよね~。自然とこうなっているだけなので……。
じゅんこさんとちょっと違う悩みですが。最近は見た目以上の老化を感じているから、本人もショックだったりしてます。

投稿: Motty | 2011/01/22 00:28

>Motty
私は、普段の仕事中はかなり落ち着いた服装なので、若作りとは言われないなぁ。
しかし、見た目以上の老化って、どういうことー?(^^;
まぁ、内面の老化といえば、心がなかなか回復しないのは感じるかな。

投稿: じゅんこ | 2011/01/22 23:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/50633154

この記事へのトラックバック一覧です: 外見と実年齢のギャップ:

« RSSリーダーの整理整頓 | トップページ | きものプロスペシャリスト試験 »