« ビジネスエリートのための歌舞伎講座 若鯱カブキクラブ | トップページ | Maestro Ks(マエストロケイズ) -銀座三越- »

2011/01/24

伊賀組紐の藤岡組紐店@全国職人の技展 -三越 名古屋栄店-

週末の着付教室の帰りに、名古屋栄の三越の催事に立ち寄ってみた。
お目当ては、伊賀組紐の藤岡組紐店さんの実演販売。たまたま、1週間ほど前にTwitterで実演販売の情報を知って、手組みの帯締めを見てみたいなと。
三越なら、デパートの友の会の積み立てもあるし、気に入る帯締めが見つかればと、購入意欲もちょっと強気。

作り手の顔が見えて、話を聞いた上で購入できるって、とっても貴重な機会だと思う。
職人さんのお店って、行ってみたいなと思っても、敷居が高くて、勇気が要るもの。デパートの催事なら、気軽に覗ける。

さて、催事場に到着。
売り場に並べられた作品の帯締めは、たくさんありすぎて、目移りする。
安くない買い物なので、納得のいく、お気に入りの一本を選びたい。正装用の帯締めにしようかなと思ったけれど、よく考えたら、そんなに本格的に正装する機会もないし、普通に小紋や紬などにあわせられる帯締めにすることに。

販売されていた若い職人さん、四代目の若旦那さん。気さくに声をかけてくれて、たくさんの作品を見せてくれた。
お薦めいただいたのは、両面が違うデザインの、グラデーションの入った帯締め。色は、どれだけバリエーションがあったんだろうか、次々と様々な色がでてくる。デザインは決めたものの、次は色で迷う。

ついつい、自分の普段持ってるイメージで、落ち着いた色に目がいったけれど、最終的に、若旦那さんが薦めてくれた、淡いピンクのベースの帯締めに決定。
自分だけで選んだら、おそらく考え付かないけれど、合わせてみたら、春らしい雰囲気になって、とても素敵。ピンクといっても、グラデーションでグレーがはいっていて、少し落ち着いた雰囲気もでて、意外に使いやすそう。

その後、他の作品も見せてもらいながら、しばしお話を伺う。
作品への思いいれ、自信が感じられる。デザインだけでなく、締め心地ももちろん。ちょっと奮発したけど、それだけの本物の価値があるんだなぁと思った。大切につかわなきゃと思う。

見せてもらったなかで、気に入ったのは、ねこのさんぽ、という作品で、猫と足跡のデザイン。遊び心のある可愛らしいデザイン。
藤岡組紐さんでは、柄や色なども相談にのっていただけるとのこと。
いつか、好きなデザイン、色でお願いしたいなー。

家に帰って、実際に締めてみた。柔らかくしなやかで、締めるととてもフィットする。さすが。
一日締めてても緩まないとおっしゃってた。今度、実際に着て外出するのが楽しみ。

藤岡組紐店 : 伊賀くみひもの藤岡組紐店
http://www.ict.ne.jp/~obishime/

|

« ビジネスエリートのための歌舞伎講座 若鯱カブキクラブ | トップページ | Maestro Ks(マエストロケイズ) -銀座三越- »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/50670744

この記事へのトラックバック一覧です: 伊賀組紐の藤岡組紐店@全国職人の技展 -三越 名古屋栄店-:

« ビジネスエリートのための歌舞伎講座 若鯱カブキクラブ | トップページ | Maestro Ks(マエストロケイズ) -銀座三越- »