« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010/12/31

大晦日

今朝の名古屋は雪がちらついていた。

朝からヘアサロンへ。
子供のころから、年末近くには、美容室へ行ってから新年を迎える。

前回、11月にサロンへ行ったところ、年末の予約を受け付けていると言われたので、予約をした。こんな大晦日もありかなと、あえて年末最終を狙ってみた。
髪を切り、カラーをしてもらい、気分もさっぱり。

ということで、あと数時間で今年も終わり。

ああ。長かった。
終わってみれば早かった気もするけれど。

来年は、人間らしい生活ができるように。
心を取り戻せるように。


今年も、このブログを訪れてくださった皆様、リアルでお世話になった皆様、ありがとうございました。

皆様良いお年をお迎えください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/30

2010年仕事納め

2010年の仕事納めは、信じられないほど穏やかな一日だった。
客先のプロジェクトルームから、午後には自社オフィスに戻り、ほぼ定時退社。

それにしても今年は、ホントによく(量)働いた。
忙しい、疲れたという言葉を何度いってしまったか。

成果という面では、ラッキーな年だった。なぜか上手くいったと言われるプロジェクトに関わらせてもらうことが多かった。

義務と責任感だけで、なんとか任務はこなした、はず。
結果も、評価も、悪くはない。けど…。
心の余裕のなさ。こんなことでは、本当に良い仕事など、できるわけない。

とにかく。生きるために、働いた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/29

DEAN & DELUCA CAFES 丸の内

東京丸の内のDEAN & DELUCA。
ガラス張りの明るい店内、天井も高くて、開放的な空間。お昼時は結構混雑するようだ。場所柄か、いかにもビジネスマン、丸の内OLといった客層。

カフェ店舗なので、テイクアウト可能なメニューをイートインも可能だけど、レストランのみのメニューもあり。その中から、パスタのランチをいただいた。20101210deandeluca01

パスタとパンとサラダのセット。
20101210deandeluca02
パスタソースは、オイルサーディーンのトマトソース。ちょっと味が濃い目だからか、パスタはブカティーニを使ってあった。
かぼちゃのサラダにはブルーチーズ。って、さすが。初めての組み合わせだけど、ありだなぁと感心。

味も量も大満足。

DEAN & DELUCA|ディーンアンドデルーカ
http://www.deandeluca.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/28

旅の図書館

20101210tabilib01
東京駅八重洲口で、メトロリンク日本橋(無料バス)をちょうど逃してしまった。
そういえば旅の図書館。なんだか看板大きくなってるし、久しぶりに立ち寄ってみた。
日本中、世界中の旅に関する資料が入手できる、貴重な場所。
20101210tabilib02
JTB系列とはいえ、地球の歩き方もあるし、ガイドブックだけでなく、エッセイ、時刻表なども入手できる。それに観光協会などが出している観光パンフレットや、飛行機の機内誌まで、まとめられている。
小さな場所だけど、時間が許すなら、毎日1日中篭りたいぐらい、私にとっては、興味深い場所だ。
特に国別に整理された棚は順番に見ていったら、聞いたことのないような国を見つけたり、きりがない。

ほんっとに小さな図書館だけど、旅に関する資料なら、一通りそろってる。
基本は日本語の資料だけど、海外の時刻表とかは英語とか現地のものもあるみたい。

サイトでは、蔵書検索が可能で、地域、国をキーワードに検索できる。
春に訪れたマルタに関する資料は、さすがに、ここでも6冊しかなかった。マルタは、ネットで英語の情報を読むか、観光局が頼りだったもの…。
ちなみに、ニューヨークは95冊と、大違い。

平日の10時から5時半という時間帯が残念すぎる。

旅の図書館
http://www.jtb.or.jp/library/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/27

今年は投資何もせず

先日参加した証券会社のセミナーで触発されたこともあり。
年末も近づいたので、さすがにずっと放置していた家計簿の残高あわせをしていて気づいたのは、なんと今年は、定期的に積み立てているもの以外、投資売買をしていない。

残念ながら、心身ともに疲れた日々で、そんなことを考える余裕が全くなかった。
本来は、四半期ごとぐらいには見直しておきたいものだが。
こんな調子じゃ、利益も出せるわけないし、投資する意味ない…。

株や投資信託は銘柄ごと見ていくと、案の定、損切りのタイミングを逃してるもの数々。
ただ、数は少ないけど、いつの間にかお宝になってるものもあり。
外貨系は、円高の影響で…。
もちろんトータルマイナス。

金投資については、ニュースで金価格が上がっているのを見て、ラッキーぐらいに思ってたけど、久しぶりに口座残高を見て想像以上の値上がりに驚く。
おかげさまで、なんとなく相殺できてた。

損がひどくならないうちに、損切りと利益確定を検討しなきゃ。面倒だから、プラスもマイナスも全て売却してしまいたいところだけど、それじゃ、お宝系がもったいない。

って、こんなときでも、お金には執着するんだな、人間て。どん底じゃないってことか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/26

名古屋の街で見かけた郵便ポスト

20101213post01
なぜ?ポストが2つ?
ここって、そんなに郵便物多いんだろうか?
収集を多くすればいいんじゃ?
もしくは、ちょっと大きめなポスト作ってくれてもいいんじゃ?
と思ったら、他でも、このパターンの2連ポストを見かけた。

20101213post02
そして、なぜか、最近になって設置された、懐かしのレトロな赤い円柱のポスト。
やっぱりカワイイ。センスあるよ。
つまんないポストデザインなんてやめて、もっと素敵なポスト増えればいいのにね。

そして。なぜこんなことに!?
20101213post03
つーか、…。
なんとも、名古屋っぽいよなぁって納得することにした。

ああ。年賀状ださなきゃね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/25

クリスマスイルミネーション2010 -銀座和光-

Merry Christmas♪

今年の和光はひときわ美しい。
20101210wako01

竣工以来、初めての特別なイルミネーションだそうだ。
和光本館自体がツリーで、時計部分もLEDで輝く「WAKOツリー」

公式ホームページにもYOUTUBEがアップされてた。

銀座・和光
http://www.wako.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/24

クリスマスイルミネーション2010 -ミッドランドスクエア-

名古屋駅前のミッドランドスクエア。
20101201midland01
さすが。素敵。
今年は、繊細な切り絵の蝶のオーナメントで、大人美しい。
20101201midland02
余計な色がなくってごちゃごちゃしないのもお気に入り。

ミッドランド スクエア / MIDLAND SQUARE
http://www.midland-square.jp/

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010/12/23

クリスマスイルミネーション2010 -銀座ミキモト本店-

今年のテーマは「命の輝きを宿す森」。
20101210mikimoto01

ガラスの「キノコ」のオブジェ。去年のスノーマンの方がよかったなぁ。

10メートルもある大きなツリーは、大勢の人が立ち止まり、みんな撮影してる。
やっぱり、クリスマスシーズンの銀座の名所だなぁ。

MIKIMOTO
http://www.mikimoto.com/

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2010/12/22

クリスマスイルミネーション2010 -丸ビル-

毎年恒例の丸ビルのクリスマスツリー。
20101210marubiru01
今年はとても暖かみのある、ゴールドな雰囲気。

丸の内仲通りの並木は、画像では白くなってしまったけど、大人なシャンパンゴールド。
20101210marubiru02

丸ビル - Marunouchi.com
http://www.marunouchi.com/marubiru/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/21

マネックス全国縦断投資セミナー in名古屋

土曜日に、マネックス証券主催のセミナーに参加。

マネックス証券からの申し込み案内のメールを見ると、社長の松本大氏、マネックスユニバーシティの内藤忍氏も出演されるとのこと、これは是非参加しておかねばなるまいと、半分は、野次馬根性(^^;

会場の吹上ホールに到着すると、別の会場では、トミカ博が開催されていて、親子づれがいっぱい。
案内にしたがって、セミナーに会場に入る。参加者は300人ぐらいだろうか。
参加者を見回したところ、リタイア後の男性陣が7,8割といったところ?若者はほとんどいない。女性も少なめ。
なんとなく、自分が場違いな気がしてしまった。今までいろんな証券セミナーに出たけれど、こんな客層、雰囲気は初めてで、ちょっと意外だった。
今回は、初心者向けではない感じのテーマだったので、こうなのかなぁとか思う。

13:00~16:00までじっくり3時間。

第1部は「グローバル経済と日本株相場の見通し」ということで、特に経済の視点からは、専門的な視点でのお話。いずれも、明るい見通しというお話だったように思う。

第2部では、「マネックス ライブ 駆け込み寺」ということで、休憩中に回収した来場者の質問票を元に、内藤氏がファシリテーターになって、出演者の方々が答えていく形式。

今まで参加したことのある証券セミナーの中で一番中味の濃いセミナーだったなぁ。いい刺激になった。

そして、なにより感心したのは、最後に来場者の見送りを、受付などをされた社員の皆さんだけでなく、出演者全員が通路に立ってされたこと。もちろん松本氏、内藤氏も。おかげさまで、至近で拝顔することができた。

こういう対応って、とっても好感が持てるよね。普通、お偉いさんは、講演だけして帰ってしまうもの。
実は、セミナー中にちょっとしたトラブルがあったけれども、そのときの松本氏の対応も、人への気配りなど、スマートさが感じられた。

セミナーでいい刺激をもらったことだし。
余裕ができたら、少し検討して、見直しせねば。今年は、仕事が爆裂忙しかったせいで、投資口座は放置状態だからなぁ…。

マネックス証券株式会社
https://www.monex.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/20

クリスマスイルミネーション2010 -JRセントラルタワーズ(テラス)-

今年は、名古屋駅前ビル解体も始まるとのことで、壁面のイルミネーションがなくなった。
ま、年々、縮小されているというか、子供受けする感じになってる気がするし、中途半端なのよりいいかぁ。

今年はタワーズはテラスのみ。
20101201towers02
くま(?)のキャラクターが、ところどころに飾ってあったけど、よくわからないので、画像なし。

広場の方は、シンプルでいい感じ。
20101201towers01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/19

着物師範コースの卒業証書授与式

今日は、名古屋市内某ホテルにて、着物師範コースの卒業証書授与式&きものパーティ、いわゆる会食。

師範専修科の卒業証書をいただき、その後は集合写真の記念撮影。
みんな着物で参加。艶やかな振袖や訪問着の人もいて華やか。

私は、極鮫の江戸小紋に名古屋帯。デジカメで撮ったのを見て思ったけど、写真写りが、みなさんに比べて地味だわ。まさに大人しい(笑)
写真撮影されるような華やかな式典のときは、帯とか小物の合わせ方を考えた方がよいかも。
1人では撮らなかったので、帯部分だけ撮影してみた。

20101219edokomon01_2
帯の柄が少しずれてるのは、間違いではないので念のため。帯留めがうるさくなりそうだったので、ちょっとずらしてみた。

きものパーティでは、先生方の余興ありつつ、ホテルのコース料理を堪能。

前菜。
20101219party01

スープは不思議な茶碗蒸し風。でも洋風。
20101219party02
お魚料理。
20101219party03
お肉料理。
20101219party04
デザート。
20101219party05

ちょっと腰紐をしっかりしすぎたのか、帯が窮屈な感じ。

解散して、そのまま外に出たら、ぜんぜん寒くない。補整でタオルなどを巻きまくりなのだ。恐るべし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/18

着付け教室(スペシャリスト科 第23回)

今週もテストに向けての練習。
ストップウォッチで時間計測をするも、18分30秒といったところ。
何度か、計測して練習したかったものの、いろんなちゃちゃが入って集中できず断念。

そして、今日は西陣御召の展示会だった。
御召は、以前、着物雑誌で見て、気になっていたので、結構真面目にお話を聞いた。

それから試着も。
クリーム色ベースの訪問着を選んで、帯などを着付けてくださった教室の先生が選んでくださった。出来上がりをみた担任の先生が、「なんておとなしい」と形容していた。

そうなんだよね。でも、おとなしい雰囲気にしたいわけじゃなく、すっきりと粋な雰囲気にしたいのだけど、なかなか上手くつたわらない。好みが合わないんだと思う。
もってこられる帯や小物は、ピンと来ないけど、自分で選ぶのも難しく、結局無難な感じになってしまう。

逆に、お任せにすると、大きな柄や派手な色のを持ってこられることが多いので、着物だけは、頑固に主張する。
その人の好みもあるとは思うが、洋服でと同じように、和服にも、やっぱりその地域の相対的な好みの雰囲気というのがある。

現状では、どうにもならないので、自分で選べるようになるしかないなぁ。まだ大物の訪問着をいつか購入したいと思っているので。

銀座校で教えてもらった先生方のように、江戸好み、かつ、モダンで粋な着こなしができるように。
意識して自分の目を肥やして、センスを磨くようにしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/17

情報センターJAXA i 閉館

かの事業仕分けで閉館することになってしまった東京丸の内OAZOの2FにあるJAXA i。
20101210jaxa01
かなり小さな施設だったけど、東京駅至近に、こういう施設が存在するというのは、とっても良いことだと思うのにな。
おまけに、昨今は、宇宙が脚光を浴びてるというのに。

もう一度見ておこうと思い、足を運んだ。

宇宙食も意外に凝ってる。
20101210jaxa02

本物のエンジンもある。
20101210jaxa03

閉館が近いせいか、なかなかの人出だった。

なんとも寂しい掲示。残念だなぁ。
20101210jaxa04

JAXA|宇宙航空研究開発機構
http://www.jaxa.jp/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/16

CLASSICO CUTINA ITALIANA(クラシコ・クッチーナ・イタリアーナ)

会社の福利厚生の一環?で、ランチタイムの、ちょっと豪華なお食事会企画。
オフィスから歩いて10分弱の名古屋丸ノ内にあるイタリアンへ。
同僚10名で事前に予約を入れてあった。

とても明るい雰囲気の店内。ランチタイムは女性客でいっぱい。

自分の懐を痛めずに、本格イタリアーンなコースをいただけるなんてありがたい♪
20101207classico01
前菜4種盛り合わせ。
20101207classico02
牡蠣のパスタ。麺はイカ墨の練りこまれたタリアテッレ。牡蠣は、臭みもなく、とってもミルキーで美味しー。
20101207classico03
メインディッシュは牛フィレの煮込み。ソースの下には、ナイフも要らないぐらいトロトロのお肉。
20101207classico04
デザートは、フルーツとシャーベットメインでさっぱりしてて嬉しい。

食後のドリンクは、コーヒー、紅茶。紅茶はダージリンかアールグレイが選べるのが嬉しい。

今度はディナーでも来てみたいな。

CLASSICO CUTINA ITALIANA
http://www.classico-cucina.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/15

DEAN & DELUCAのランチボックス

名古屋駅のミッドランドスクエアの地下のDEAN & DELUCAのランチボックス840円。
リゾットかパスタのどちらか。注文してから調理するのでアツアツでいただける。
デリ9種類の中からは2種類。それとサラダ、キッシュと、ケーキがついてくる。
テイクアウトも可能。
20101201deandeluca01
この日はパスタにしてみた。特にチーズの効いたキッシュが美味しいー。
結構、しっかり食べる私には、パスタだと、量は若干物足りないなぁという感じもしたけれど、普通の女性なら、ちょうど良い量かも。

なにより、目にも口にも美味しくて、満足度は十分高し。

DEAN & DELUCA|ディーンアンドデルーカ
http://www.deandeluca.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/14

ボストン美術館 浮世絵名品展 錦絵の黄金時代

土曜日。
名古屋ボストン美術館で開催中の『浮世絵名品展 錦絵の黄金時代』を鑑賞。
20101211ukiyoe01
まずは、レクチャールームにて学芸員さんの作品解説。
時代背景や、作品の見所、使われてる技術など、普通に素人が鑑賞してるだけじゃ、気づかないような観点の紹介、とても興味深い。

ボストン美術館の浮世絵は、現存する版画の中でも、特に保存状態がよいそうで、色が現在まで、ずっと色鮮やか残っているとのこと。確かに、紫などの発色が美しかった。
また、雲母刷り(きらずり)といわれる、雲母の粉をつかった技法による背景などもしっかりと雲母が残っていて、下から見るとキラキラとして綺麗。

着付を始めてから、こういった浮世絵も以前より興味がでてきたし、なにより、着物の柄をチェックしたりするのが楽しい。江戸時代の着物は今より艶やかで、色の合わせ方も粋で素敵。
20101211ukiyoe02

もともと行こうと思ってた展覧会だったけど、ラッキーなことに、日経新聞のイベントのご招待があり、タダで入場。おまけにipod touchの音声ガイドと、お土産に展覧会の絵葉書3枚と一筆箋つきと、随分得した気分。

ちなみに、以前開催された第1段も、もちろん鑑賞したけれど、学芸員さんによると、第3弾も、既に開催を予定しているとのこと、楽しみだ。
20101211ukiyoe03

名古屋ボストン美術館
http://www.nagoya-boston.or.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/13

着付け教室(スペシャリスト科 第22回)

ぜんぜん気分が乗らないけど、掲載タイミングを逃すと、たまってしまうので、どんどんUPせねば。

土曜日は、通常どおり着付け教室。

今回も、来年のプロ2級の試験対策で、ひたすら留袖に二重太鼓の練習。

そして、前回聞いていた、試験内容から訂正があった。
なんと、裾よけと肌襦袢を着付けるところから15分だとのこと、しかも衿元を留める便利な着物ベルトは使わず、紐しか使ってはいけないとのこと。

裾よけ、肌襦袢からということは、ほぼ下着状態。タオルと綿花で補正もしなきゃいけないし、たいへんなことだ。
どんだけ早業?ますます、いったい何を目指してるのかわからないなぁと思えてきたが、あまり深く考えるのはよして、とにかく試験に合格するためとしよう。

土曜日のレッスンでは、かなり集中して練習したところ、17、18分程度まで縮まってきた。
出来上がりは、完璧ではないけれど、ヒドイというほどでもなく、なんとかOKもらえるレベルには達してると思われる。
あとは、この品質で、時間短縮をめざそう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/04

着付け教室(スペシャリスト科 第21回)

カリキュラム上は、訪問着に二重太鼓の練習。

レンタル品には訪問着はないので、小紋か留袖での練習。

1月の最初には、プロ2級の試験がある。その課題が留袖に二重太鼓。
そういうわけもあって、留袖での練習。

クラスメイトを相手に、1回着付けをして、あとは人形のボディへの着付けを1回(お互いに着付けすると時間がかかるため。)
試験は、裾よけと肌襦袢を身に付けた状態で、補正から始めて15分で着付けを完了させる必要がある。
さすがに集中して頑張ってみたけれど、20分がいいところ。出来上がりはまあまあ。今日も衿の抜きが甘かった。

それにしても、15分で補正からだなんて、すごい勢いだよ。しかも出来上がりの状態もきれいじゃないといけないなんて、ほんとプロだね。

いやしかし、プロ試験って言われると、ちょっと腰がひけるなぁ。
別にすぐに、プロになるつもりはなくって、着付けを続けようと思ってるだけなんだけどな。
だけど、カリキュラムはプロとしてという内容。本気でプロになる目的で通ってる人もいて、そういう人たちの取り組む姿勢を見聞きすると、なんだか申し訳ない気持ちになったりする。
いい加減にやってるわけじゃないけどね。

ひとまずは、自信を持って、特技といえるぐらいに続けていくつもり。
なにより、楽しいから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/02

街中のHUGでお別れを

先週末のこと。

イルミネーションがキラキラと輝く名古屋栄の大津通りを、大またで、人を追い越して歩いていた。
週末の街中は、たくさんの人が居て、流れがゆっくりだ。土曜日は、私にとっては、習いごと日なので、大きな荷物を抱え、早足で歩いていることが多い。この日も。

と、前方から、数人のグループ。一人が、私の方にむかって歩いてきて、目の前に立ちはだかった。暗かったせいもあり、顔もみず、そのまま、横によけて進もうとした。

突然、"Hello~!"という声。顔を挙げると、英会話の先生だった。
私のお気に入りのキュートな先生。彼女のレッスンは、何度も取っている。
彼女は、最初、メーカー系の仕事で名古屋に来て、その後、英会話の講師になった。まだ20代で若いのに、結婚もして子供もいて、様々な経験と興味をもっている。自然体で人生を楽しんでるなぁと感心する素敵な笑顔の先生。

慌てて挨拶に応える。
「会えてよかった、来週の水曜日に、私たちブラジルへ出発するの」(英語で)というようなこと彼女が言った。

そう。少し前のレッスンで、ブラジルへ移住する予定といっていた。
なぜブラジル?と聴いたら、旦那様の故郷だから。新しい生活を始めると言ってた。
不安じゃないのとの問いには、ないわけじゃないけど、なんとかなると笑っていた。

ああ。
じゃあ、今日がお別れの日になるんだ。お礼をいわなくちゃ。そう思って、話はじめた。
けど、相変わらず、とっさに英語がでてこないー(涙)今、言っておかなければ、と焦るほどに、普段以上に話せなくなる。 なんてことだ!
私の様子を見て、彼女は、"You need to study english more!" と笑った。

彼女は友達と一緒だったから、ほんの少しだけだった。

最後は握手でもして別れようと思っていたら、彼女は、いつもの笑顔で手を大きく広げた。
そっか、やっぱりWestern Styleだなぁ~。っと妙に感心しながら、私も真似して(普段の動作にないから(笑))手を広げた。
そして、ぎゅっと、HUGをして、"Thank you! Good Luck!" とお互いに。

地球の反対側へいくんだよねー。海外旅行は簡単になったとはいえ、もう会えないかもしれないって思ったら、ちょっと寂しかった。

最後に会えてよかった。言葉では、感謝を伝え切れなかったけれど。

こうやって、英会話の講師はどんどん飛び立っていく。
そもそも、日本という彼女たちにとっての海外に来て働くこと自体もチャレンジ。そして、その後も、軽やかに世界をわたっていく人が多い。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »