« 安倍川もち -甘味喫茶きなこ JR静岡駅構内- | トップページ | 優雅にランチとお茶とおしゃべり »

2010/11/04

テレビをリサイクル回収へ

使っていないアナログなブラウン管テレビが家に一台。
もったいないかなぁと捨てずにいたけれど、世の中、もう地デジ。アナログは不要。それに、使っていないテレビを新しく買い換えるなんてこともないので、リサイクル処分することに。

家電量販店、もしくはリサイクル業者に依頼することも可能だけど、自分で、回収場所まで持ち込めば、リサイクル料金のみ。
少し面倒だけど、やってみることにした。

手順は以下のとおり。
1. テレビの製造メーカー、サイズ(リサイクル料金が異なるため)を確認しておく。
2. 郵便局窓口で家電リサイクル券を入手して、上記の情報を記入し、リサイクル料金を振り込む。
3. 貯金窓口で、振込受付証明書に日付印を押印してもらう。
4. リサイクル券をテレビに貼り付ける。
5. 指定引取場所(自治体のホームページで確認)へテレビを運び込む。

郵便局は貯金窓口での証明書の押印が必要なので、平日のみしか手続きできない。税金みたいにコンビニ振込みとか可能にしてくれればよいのに。

テレビを車に積み込み、最寄の郵便局で手続きをする。
そのまま、リサイクル品の指定引取場所へ。最寄は、車で15分ほどのところにある西濃運輸の営業所だった。

到着すると、荷下ろしの場所に、たくさんのテレビや洗濯機が積んであり、すぐにわかった。
近くで作業していた作業員さんが、手招きをしてくれたので、すぐ近くへ車を横付けした。
すると、さっさと手際よくおろしてくれて、リサイクル券の控えに、ハンコを押してくれた。
以上。

想像以上にあっけなく片付いた。
郵便局振込みから、回収場所へ持ち込んで帰宅するまで、1時間足らず。業者に依頼すると、数千円の手数料がかかるし、依頼電話して、引取り待ちすることを思えば、自分でしたほうがよいと思った。
大きなブラウン管TVを、家の2階から降ろして、車に積み込むのは大変だったけど。

リサイクル料金やリサイクル券については、「財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センター」のサイトに詳細説明あり。

財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センター
http://www.rkc.aeha.or.jp/

|

« 安倍川もち -甘味喫茶きなこ JR静岡駅構内- | トップページ | 優雅にランチとお茶とおしゃべり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/49869223

この記事へのトラックバック一覧です: テレビをリサイクル回収へ:

« 安倍川もち -甘味喫茶きなこ JR静岡駅構内- | トップページ | 優雅にランチとお茶とおしゃべり »