« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010/11/27

着付け教室(スペシャリスト科 第20回)

小紋に袋帯の着付け。

今日も、衿元が、イマイチ決まらない。
逆に、おはしょりを綺麗に上げて始末するのは、最近やっとコツを得てきた。今日もなかなかの自己満足。
ただ、どこをどうすれば、上手くいくというのが、頭で理解できてないので、なんだかスッキリしない。感覚的になんとなく出来たという感じ。。。

そして、そろそろ試験のための練習を始めた方がよいとのことで、今週から、留袖の着付けも練習。

クラスメートをモデルに着付ける。少し久しぶり。
途中、気をつけるポイントを忘れたり、上手くいかず、何度もやり直しで、時間ばかりが過ぎる。
出来あがりは、まあまあだったけれど、時間は倍ぐらいかかってるからなぁ…(^^;

NGポイントは、こちらも衿元。それから苦手の帯揚げ。
それと全体のバランス。人に着付けるときは、体型に合った着付けをしなければならない。それと腰紐の位置。1cmとかの微妙な違いでも着心地が違うので難しい。

ま、それよりも。まずは時間短縮。がんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/21

七五三の着付けお手伝いみたび

今週も、日曜日の朝から、写真スタジオへ七五三の着付けのお手伝いへ。

3週目連続。週末がすべてつぶれるのもキツイくなってきて、さすがにお休みほしいなぁと思ったけれど、今シーズンはこれで最後。朝から気合を入れなおして、出発した。
(自分の日々のスケジュールからすると、本当はすべて断りたいぐらいだったんだよね(^^;))
11月15日は過ぎたので、予約数も少しは減るのかなと思ったけれど、今日も朝から大忙し。お昼過ぎぐらいまでは、次々と着付けしまくり。

今日は、レンタル衣装の担当が多かったで、その点は楽だったかな。
お持込みの場合は、それぞれで着物や帯も違い、臨機応変な対応が必要となるので、やはり気を使うことが多い。
レンタル衣装は、パターンが決まってるので、何人も着つければ、だいたいは頭に入ってくる。

それにしても、本当に体力仕事。既に足が筋肉痛…。

全く関係ないけど…。
ランチ休憩のときに、写真スタジオの学生アルバイトの女の子が、長くてボリュームのあるマスカラ技というか、お勧め商品を教えてくれた(笑)
マスカラベースと、上まつげがメイベリンと、ケイトの2本使いで、下まつげがデジャブって言ってたかな。3本使い分けるって、すごいー。
つけまかと思ったぐらいに長くてキレイに仕上がってた。
マネは出来ないけど、若い女の子のメイク技聞くのも、面白いし、なかなか勉強になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/20

着付け教室(スペシャリスト科 第19回)

留袖の着付け練習3週目。

展示会があったので、時間が少なかったので、人形のボディに着付けを2回。
やっぱり、着付け時間は1回あたり30分弱かかる。
これより早くすることは可能だけど、出来上がり度が若干下がってしまうんだよなぁ…。
最近は、担任の先生が着付け後のチェックしたあと、最後に教室長にチェックしていただくことが多い。
担任の先生よりも、かなり厳しいチェックになるので、やはり緊張する。

今週のチェックでは、自分でも少し出来上がりがイマイチかなと気になってた衿元の抜き加減と衿合わせに指摘。それからおはしょりのよれに少し手直し。
でも、どれも、以前に比べたら、かなり良い感じになってきてる。
帯についてはOKがでて指摘なし。これはちょっと嬉しかったなぁ。

引き続き、頑張ろう~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/16

雀おどり總本店

名古屋栄の大津通りにある、和菓子の老舗にて、あんみつをいただいた。
20101113suzumeodori01
栗や、フルーツも具だくさんで、予想以上のボリューム。
おまけに、サービスで一口ういろうが付いてきた!
右下の方に、ちらっと写ってる、白と抹茶で2層になってるのがういろう。
一応、サービスは数量限定とあったんだけど…。夕方にもかかわらず。
これで600円って、安いー。

あんみつに入ってた栗ようかん、とっても美味しかった。

店内の内装は、歴史を感じさせる、いい雰囲気。
20101113suzumeodori02
20101113suzumeodori03
それにしても、ういろう付いてくるんだったら、甘くないものを注文すればよかったー。ういろうまでは、さすがに完食できず(^^;

雀おどり總本店
http://www.suzumeodori.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/15

七五三の着付けお手伝いふたたび

七五三のピークの時期ということで、先週に引き続、着付けのお手伝い。

先週、たくさんのちびっ子たちを着付けたおかげか、かなり手際よくできるようになったなぁと感じる。

それにしても、朝から6時間近くの着付けは、本当に体力勝負。
普段のレッスン2時間の着付けでさえ、結構疲れるんだけど、本番の緊張もあって、体力、気力ともに、つかれたー。

だけど、実践でお役に立てるって、達成感がある。
目の前で結果が見えて、相手の反応がすぐ見える。

自分の仕事とは、ぜんぜん違うなぁと、着付けしながら、そんなことを思う。
ホントは、根本は同じなんだけど。残念なことに、反応が見える距離にはいないことが多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/14

Peck(ペック) -JR名古屋タカシマヤ店-

カウンター席が、半分ぐらいの、デパ地下イートイン(地下じゃないけど)のような、カジュアルな雰囲気のイタリアン。

パスタランチプレート。
20101113peck01
パスタ、サラダ、フルーツのセット。パスタは数種類から選べる。
トマトとモツァレラチーズのパスタ。

ランチセットでフルーツが付いてるって珍しい。
スイーツつきより嬉しいかも。

もともと高級食材店だけあって、パスタ、チーズなど、味は本格的。

Peck(ペック) - グルメウォーカー 東海 -
http://gourmet.walkerplus.com/157461004343/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/13

着付け教室(スペシャリスト科 第18回)

今週も引き続き、留袖の練習。
最初の1時間、自分で着る練習をした後、残りの1時間で、ボディに着付けの練習。

時間を意識して着付けをしたけれど、最後に、細かいところを整えようと、何度も手直ししていたら、結局30分(^^;
ただ、時間をかけたおかげで、お出かけしても大丈夫なぐらい、いい感じに仕上がったんじじゃないかな。と、自画自賛(笑)
20101113tomesode01

帯のたれは、若干、長かったかな。ま、背が高い人用ってことで。
お太鼓の形は、なかなか上手く出来たと思う。
20101113tomesode02

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/11/11

もうクリスマス気分?

11月にはいったら、街なかでは、どんどんクリスマスの雰囲気が。

JR名古屋タカシマヤの1Fエントランスには、ツリーに囲まれて、大きなメリーゴーランド。
20101106takashimaya01
今年は、壁面のイルミネーションが無いらしいので、中を少しゴージャスにしてみたのかしら?

DEAN&DELUCAのドリンクカップのスリーブもクリスマス気分。
向かいには、ミッドランドスクエアのクリスマスツリー。まだ設置テスト中といったところで、足場が組まれて、ネットで覆われてたけど、青白く輝いて綺麗。
本番公開が楽しみ~。
201021110midland01


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/10

Priority Pass(プライオリティ・パス)

会員になると、世界で600以上の空港VIPラウンジが利用できるというPriority Pass。

クレジットカード会社を経由して申し込むと、会員特典として、年会費無料、そして、ラウンジ使用も、年間3回まで無料とのこと♪

もっと早く案内あれば、今年の海外旅行で利用できたのにと思うと、少し残念。
トランジットしたドバイとか、かなりゴージャスそうだったし、利用してみたかったなぁ。。。

まぁ、無料ということなので、まずは申し込みをしておこうと思う。
ただ、もう、しばらく利用の機会がないかもしれないけどね。
ラウンジ利用するために、海外にいくってこともないので(笑)

プライオリティ・パス
http://www.prioritypass.jp

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/11/09

カフェ・グラシュー -丸善栄店-

丸善の4Fにあるレストラン。
ギャラリーと、衣類などを販売しているフロアの隅に、ひっそりとあって、最近、初めて存在に気付いたお店。
ノスタルジックな雰囲気。なんというか…、そう、丸善っぽい(笑)

そして、ここでは、丸善のハヤシライスが食べられるらしい。きっと美味しいに違いないと、改めてランチしに来てみた。

シンプルにハヤシライスもあったけれど、少し贅沢に、オム・ハヤシライスのビーフ。肉はビーフとポークから選択できた。

とろとろの卵の上に、たっぷりのハヤシソース。そして、結構、具だくさん。
20101026maruzen01

もちろん、美味しかったー。
丸善ハヤシビーフの缶詰そのものの味なんだろうけど(笑)

丸善株式会社
http://www.maruzen.co.jp/top/index.html

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/11/08

カード会社のカスタマーサービスセンター

カード会社のカスタマーサービスセンターに電話をした。オプションサービスの申し込みをしたかったので。

男性が応対したので、少し驚いた。
私の思い込みもあるけれど、コールセンターで、男性に応対されることは、初めてといっていいぐらい。
あまりに丁寧な言葉遣いと応答に、なんだか少し恐縮。

「~の申込書を送っていただきたいのですが。」と、用件を言う。

「もちろんでございます。○○様。」と。まるで演技?と思ってしまうぐらいの、すばらしい抑揚で返答された(笑)
いや、間違ってない。むしろすばらしい。だけど、「もちろんでございます」なんて、日ごろ言われないから、変な感じがしただけ(笑)

その後の説明も、わかりやすく、はきはきと、懇切丁寧。

最後は。
「以上でございます。○○様、ご不明な点はございませんか?」
さらに一言。
「ほかに何か、私どもにお役に立てることがございませんか?」
高級ホテルみたいだな…。

このカード会社、カスタマーセンターでのサービスを売りにしている方だと思うので、なるほどとは思ったけれど、やっぱり感心した。

まぁ、そんなにコールセンターを利用することもないけど、事務的な対応されたり、いらいらすることが多いので、こういう応対されると、少し贔屓になっちゃうな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/11/07

七五三の着付けのお手伝い

着付け教室の提携している某写真館へ、七五三の着付けのお手伝いに。
お手伝いと言っても、一人で着付けを担当する。
時期的にも、10月は事前の写真撮りのみが多いけれど、11月はお参りをする方が多く、お出かけが多い。お出かけの場合は、長時間着ても、着崩れをしないように注意が必要。

今日のお子様たちは、たまたま、担当した子がそうだったのか、おとなしく神妙にしてる子が多くて、その点は助かった。
着物は紐で着付けていくけれど、それが難しいところ。緩いと着崩れるし、強すぎると気分が悪くなってしまう可能性もあるので、気を使った。

店舗の場所柄もあるのか、レンタル衣装ではなく、お着物を持ち込まれる方が多かった。
お持込の衣装は、着物や襦袢、着付け小物類が、それぞれ異なるので、確認して、臨機応変な対応が必要となるので、ちょっと緊張する。
着付けの紐が少ない場合は、着付けに工夫が必要だし、色違いの帯揚げなどを持ってこられて、どちらが良いかとアドバイスを求められたり。
レンタルの場合も、帯、帯揚げの小物類、男の子なら着物、袴などをコーディネートしたり。

一生の想い出となる七五三、写真も残るし、責任重大。
着付けのスピードも求められるけれど、出来上がりの美しさは、とても重要。
というわけで、着付けに集中、なかなか子供たちや、ご家族に声をかける余裕がなかったのは反省かな。

着付け終わったときに、お子さんもご家族も、可愛い、カッコよくなったと、満足そうにされるのを見ると、嬉しい。

今日は、ずっと中腰、または膝立ちで着付けをしていたので、明日はきっと筋肉痛。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/11/06

着付け教室(スペシャリスト科 第17回)

レッスンでは留袖の着付けの練習。

時間をかけて丁寧にすれば、まぁ実践に耐えうる着付けは出来ているのだけど、相変わらず、時間が課題。

レッスン後は、七五三の着付けの練習の練習。
三歳。
20101106kimono01

五歳。袴の紐の結び方、しばらくやってないと忘れてしまう。
20101106kimono02

七歳。ほぼ大人と同じような着付け。小さくて大変。
20101106kimono03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/05

優雅にランチとお茶とおしゃべり

水曜日。
元同僚の友人と久しぶりに会うことになり、名古屋駅で待ち合わせ。

休日ということもあり、ランチタイムは、どこも混雑する。
ランチは、タワーズの13Fにある「えん」にて。混雑を見越して11:30に集合したのに、既に10組待ち。30分ほど待って入店したかな。

ランチタイムのセットをいただく。友人はお薦め魚料理、私はお薦め肉料理を注文。
20101103lunch01

20101103lunch02

食事をしながら、近況報告などしつつも、積もる話は山ほどある。
お茶をしつつ、ゆっくりとおしゃべりをしようと、カフェに移動。

ミッドランドスクエアの1Fにある、ピエール・マルコリーニにて。
まだランチタイムの時間帯だったせいか、まだ席は半分ぐらい埋まっている程度。

このカフェも、なかなか利用する機会も少ないので、せっかくなので、お茶だけではもったいないと、エクレアのセットを注文。
20101103cafe01
20101103cafe02
友人は、ガトーショコラ。
20101103cafe03

さて。ゆっくりと、また引き続き、絶え間ないおしゃべり。
もういい年齢の大人になったせいか、人生って、ほんとに、いろいろあるんだなぁ~と話しながら思う。
こんなふうに話ができる友人がいることは、とても幸せなことだ。

そして、退職して、まずは子育てと家を守ることに専念している彼女の世界も、私が経験していないことばかりで、興味深い。

話は尽きなかったけれど、彼女は、旦那様とお子様が、家で待っているので、ほどほどに解散。
とはいえ、暇な私、旦那様はとても優しい方と知っているのもあって、ちょっと長く引き止めちゃったかも(笑)

久しぶりに、会えて話せてよかった。
しかし、おしゃべりに夢中になりすぎて、お料理の味、美味しかったには違いないけど、あまり覚えてなかったりして。

えん
http://www.izakaya-en.com/

PIERRE MARCOLINI(ピエール・マルコリーニ)
http://www.pierremarcolini.jp/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/11/04

テレビをリサイクル回収へ

使っていないアナログなブラウン管テレビが家に一台。
もったいないかなぁと捨てずにいたけれど、世の中、もう地デジ。アナログは不要。それに、使っていないテレビを新しく買い換えるなんてこともないので、リサイクル処分することに。

家電量販店、もしくはリサイクル業者に依頼することも可能だけど、自分で、回収場所まで持ち込めば、リサイクル料金のみ。
少し面倒だけど、やってみることにした。

手順は以下のとおり。
1. テレビの製造メーカー、サイズ(リサイクル料金が異なるため)を確認しておく。
2. 郵便局窓口で家電リサイクル券を入手して、上記の情報を記入し、リサイクル料金を振り込む。
3. 貯金窓口で、振込受付証明書に日付印を押印してもらう。
4. リサイクル券をテレビに貼り付ける。
5. 指定引取場所(自治体のホームページで確認)へテレビを運び込む。

郵便局は貯金窓口での証明書の押印が必要なので、平日のみしか手続きできない。税金みたいにコンビニ振込みとか可能にしてくれればよいのに。

テレビを車に積み込み、最寄の郵便局で手続きをする。
そのまま、リサイクル品の指定引取場所へ。最寄は、車で15分ほどのところにある西濃運輸の営業所だった。

到着すると、荷下ろしの場所に、たくさんのテレビや洗濯機が積んであり、すぐにわかった。
近くで作業していた作業員さんが、手招きをしてくれたので、すぐ近くへ車を横付けした。
すると、さっさと手際よくおろしてくれて、リサイクル券の控えに、ハンコを押してくれた。
以上。

想像以上にあっけなく片付いた。
郵便局振込みから、回収場所へ持ち込んで帰宅するまで、1時間足らず。業者に依頼すると、数千円の手数料がかかるし、依頼電話して、引取り待ちすることを思えば、自分でしたほうがよいと思った。
大きなブラウン管TVを、家の2階から降ろして、車に積み込むのは大変だったけど。

リサイクル料金やリサイクル券については、「財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センター」のサイトに詳細説明あり。

財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センター
http://www.rkc.aeha.or.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/03

安倍川もち -甘味喫茶きなこ JR静岡駅構内-

JR静岡駅構内のショッピングセンターにある、甘味屋さん。
静岡土産の安倍川もちを作ってる、400年の老舗、やまだいちの直営店。

からみ餅と迷ったけど、安倍川餅のセットで。
550円。やすっ!
20101030abekawamochi01
普通の喫茶店のようにお水がサービスででてきて、一応、お茶は和菓子とのセット。
緑茶が、急須ごと出てくるのは、さすが静岡?(中を見てみたらティーバッグだったけど)

出てきたお餅は、ほんのり温かかった。作りたてなのかな。

黄な粉山盛りいっぱいなのが嬉しい。しかも甘さ控えめで大豆の風味。
安倍川もち、値段もそうだけど、昔ながらの素朴な味が、駅構内で味わえるのはうれしい。

安倍川もちのやまだいち|和菓子 静岡市
http://abekawamochi.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/02

静岡日帰り旅 -茶市場と製茶問屋見学-

季節外れの台風が近づいて、雨風のつよい土曜日。静岡へ日帰り旅へ。

現地で、静岡茶市場と製茶問屋を見学するバスツアーを申し込んでいて、この天候にもかかわらず催行されるとのことなので、新幹線で静岡へ向かった。
予定では、週末で高速料金も安いし、静岡まではドライブがてら、ひとりでぶらっとしようと思っていたのに、車の運転を楽しめるような天候じゃなかったのが残念…。

さて、詳細は書ききれないほど盛りだくさんだったので、行程を簡単に。
バスツアーは静岡駅より出発。

静岡茶市場は、生産者から問屋さん(茶商)へのお茶の取引の仲介の役割を担ってるそうだ。

静岡茶市場では、社長自らの市場のご説明と、取引の様子を収録した映像を視聴。とても興味深い。
今の今まで知らなかったけれど、お茶というのは、「荒茶」半製品状態で生産者から問屋さんへ卸されることがほとんどで、「荒茶」から製品の煎茶、玄米茶とかにするのは、問屋さんのお仕事だそうだ。
20101030chatour01
茶師十段位の方による、お茶の鑑定の説明、お茶のブレンドの実演を見せていただく。実際に荒茶と、製品となった煎茶の葉を、触ったり香りの違いを確認。
また、ブレンド前後のお茶で利き茶を体験。
20101030chatour02
その後、問屋さんへ移動。
ほうじ茶を作るための焙煎機で実際にお茶を焙煎。あっという間に焙煎されたお茶が出てきた。立ち上る湯気とともに、香ばしい香りがさらに広がる。
20101030chatour03
焙煎前の荒茶の状態と焙煎後のほうじ茶。
20101030chatour04
まだ温かい、焙煎したばかりの茶葉で、ほうじ茶をいれていただき、試飲。
なんとも甘~い芳しい香り。今まで飲んでた、ほうじ茶ってなんだったんだろう?

それと自宅でもできる、オーブンを使ったほうじ茶の作り方の実演。
考えてみればそうなんだけど、煎茶をオーブンで少し火入れすれば、出来立てのほうじ茶が飲める。なるほど、これはやってみよう。

3時間ほどの短いツアーだったけれど、非常にいろんなものを見られて体験できて楽しかった。またこういう体験型のツアー参加してみたい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/11/01

気ままで自由な金曜日の夜

金曜日。プロジェクト最終日で、仕事も収束モード。いつもより、気持ちも余裕があったので、ランチタイムは10分ほど歩いて、栄のカフェへ。

注文の品が出てくるまで、Twitterをのぞく。
岐阜に住む大学時代の友人のつぶやき。栄に居てランチ中、この後あいちトリエンナーレを鑑賞する予定とのこと。
近くに居るなら、顔ぐらい見られるといいなぁと思い、メッセージを書き込む。

ランチ後、オフィスに向かって歩きながら、友人に電話を入れてみた。
友人の予定を尋ねると、日中はトリエンナーレを鑑賞し、夜はライブへ行くと言う。私が、その日は余裕があるというと、ライブに誘ってくれた。もちろん二つ返事で行くことにした。

終業後、すぐにオフィスを飛び出し、友人と合流。1時間ほど一緒に長者町界隈を回り、作品を見て、好き好きに感想を言い合い、アートを楽しんだ。

ライブは、大学の同級生N氏と合流することになっていた。
友人は、しきりに、私とN氏は、大学時代に会ったことあるはずだと言っていたけど、私の記憶にはない。
大学時代、友人の部屋は、いわゆる学生の溜まり場だった。私も一時期、毎日のように顔を出していたこともあった。きっと、挨拶ぐらいは交わしたことがあるんだろうなと思う。

そして名古屋の長者町にて、N氏と合流。こんな場所で、静岡のときの大学の同級生3人集まるって、なんだか変な感じ。
挨拶をすると、彼は、私の顔を見覚えがある、どっかで会ってると言った。
会ったと言っても20年ぐらい前のこと。すごい記憶力!年齢も、外見も変わってるだろうに。
私は覚えてない…と正直に伝えた。もともと人の顔おぼえられない方だし(^^;

3人で、ライブ会場である鶴舞の高架下へ移動。
ポップス?ボサノバ?のアコースティックなサウンドのライブを楽しむ。ミュージシャンとの距離の近さが新鮮。心地よい音楽の響きに包まれながら、癒される気がした。

ライブ終了後は、近くの焼肉屋へ入店。
改めて、初めましてモードで、N氏と自己紹介をしあう。

そして、肉を焼いて、食べて、飲んで、語って…。

N氏とは、初めて話をするも同然なのに、不思議にそんな感じがしなかった。
私は人見知りをするほうで、初対面の人と同席すると、気疲れしてしまったりする。しかし、まるで大学時代も、こんな時があって、久しぶりに会って話してるかのような、そんな気安さだった。
静岡での大学時代、同じ時間を、同じ場所で過ごし、そして同じ空気の中にいたと、感じられたせいかもしれない。同級生3人での会話は、とても心地よく、つぎつぎと話が広がっていき、時間を忘れて語り合った。

入ったお店が、朝まで営業だったこともあり、追い出されることもなく、話も尽きることなく、とっくに終電も逃した。このままでは朝までエンドレスとなりそうな勢いだったけれど、さすがに帰らなければと解散。

お店を出るときに、N氏は、昔はよかったなぁという話はしちゃよくないな、と言った。確かにこの年になると、若いころを思い出し、つい今を憂いてしまったりと、ネガティブな考え方をしてしまうことがある。
でもこの日の私たちは、昔の楽しかった日々をただ懐かしみ、今と、これからのことをいっぱい話したし、なにより楽しかった。いいんじゃないかなと思った。

それにしても、こんなに気ままに、自由に過ごした平日の夜って、何年ぶりだろう。あー、楽しかった。
そして。20年経った今になって、新しい大学時代の友達が出来た。
出会いって面白い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »