« 鹿島出張再び | トップページ | お酒のボトルを一本だけ置くとしたら »

2010/09/20

ひさしぶりの東京のオフィスにて

鹿島出張の翌日、久しぶりに東京の事業所で仕事することにした。雰囲気が懐かしく、嬉しい。
せっかくなので、事前に誰かに連絡してとも考えたけれど、仕事の状況で、急に予定が変わることも予想されたので事前連絡はせず。
親しい方には、当日ちらと挨拶ぐらいと思うが、そもそも、ここの事業所所属と言っても、ずっと事業所内に居る人は珍しい。出張とか客先とか。。。

たまたま、出張前日に、資料提供の依頼をしてきた同僚くんがいて、その日は事業所に居るかもといってたので、ランチでもしようと話していたが、お客様訪問が入ってしまったからごめんなさいと、朝一にメールが入っていた。残念だ。

社内メッセンジャーのステータスを確認すると、やはりほとんどの人は外出先だったり、オフラインだったり。事業所に居るとわかる方にメッセージを送ってみた。

もともと名古屋所属で、転勤で今は東京の女性の先輩が、時間を作ってくれるとのことで、社食フロアのコーヒーショップで待ち合わせ。
リアルでお会いするのは、相当久しぶりのこと。しかし、私のブログやTwitterのつぶやきを読んでくれているようで、「あまり久しぶりな気がしない。」 と言われた。大して面白いことも書いてないBLOGなのに、気にかけて、読んでもらえてるとはとても嬉しい。ただ私の方は、先輩の様子を知ることが少な いので、「もっと、Twitterにつぶやいてくださいよー」とお願いしておいた(笑)

そして、お互いの近況や、名古屋の同僚の話などをひとしきり話す。ほんの挨拶程度のつもりが、楽しく、結構話し込んでしまい、お忙しいところに、かなりお邪魔をしてしまった(^^;
ほんとは、ゆっくりお食事でも出来たらいいのになぁと思いつつも、今回は事前にはご連絡できなかったし、仕方ない。

もう一人、サーファー仲間でもある同僚に連絡すると、まさに今から豊橋に日帰り出張に出かけるところだと言う。私は名古屋に帰るので、逆方向の移動になる。一応、顔だけでもとロビーで出掛けに挨拶。
すると、思いついたように「とりあえず、夕方には帰ってくるから、食事しようよ。待っててよ。」と言う。結局、私は名古屋に帰る予定を遅らせることにし、夜、東京駅で待ち合わせて食事をした。

話題は、仕事と波乗りと懐かしい昔話。
仕事は非常に忙しく、出張も多いらしいが、今年は波乗り復活して、ほぼ毎週海に行ってるとのこと。昔みたいに、黒く日焼けした顔で、「もう、サイコーだよ!」なんて言う。
思わず、いいなー、うらやましいと言葉がこぼれた。だけど、私自身が行けてなくても、そんな話を聞くだけでも、相当楽しい。
「今は行けないけど、下手なままでも、やっぱり波乗りは一番好きなんだー。」と言うと、彼は、力強くうんうんとうなずいてくれた。
ああ、だけど、今年こそは、もしかして、一度も海に行かない年になっちゃうかも(;;)

そして、彼と会うたびの会話。15年ほど前の出会い、波乗りの日々、その後しばらく縁遠くなり、再会したときには、なぜか同僚だなんて、人生の縁って不思議だねーと、お互いに感慨深く反芻したのだった。

なんだかちょっと元気になった。心がね。
体は出張の移動疲れのせいか、日頃の寝不足かへとへと。この休み中まで、響いてる。

|

« 鹿島出張再び | トップページ | お酒のボトルを一本だけ置くとしたら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/49500445

この記事へのトラックバック一覧です: ひさしぶりの東京のオフィスにて:

« 鹿島出張再び | トップページ | お酒のボトルを一本だけ置くとしたら »