« 田燕居 -名古屋 ラシック店- | トップページ | ミキモトラウンジ -MIKIMOTO Ginza 2- »

2010/09/11

不思議なパーティの一夜

友達が開催した不思議なパーティ?に行ってきた。原宿のコポンノープという素敵なイタリアンレストランにて。
ゆるゆると飲みながら、世界を語るというのがコンセプト(たぶん?)
友達の知り合いが集まる、面白い人がいっぱい参加するらしい、楽しいに違いないと、リフレッシュを兼ねて参加。

かなり前から予定していたのに、結局近くになると仕事が忙しくドタキャンになってしまうのではと気が気じゃなかったけれど、なんとか参加可能に。

お堅く言ってしまえば、異業種交流会とでも言おうか?想像するイメージは違うけども。様々な職業、いろんな世代の人々、そして親とともに小さな子供たちの参加もあり、ホームパーティのような、肩の力の抜けた、自由な雰囲気。

それぞれの時間にやってきて、知り合いとの再会の語らい、そして初対面の人とは銘々に自己紹介したり、ひとしきり語ったり。
飲んで、食べて、会話を楽しみ、そして、三々五々解散。

私の普段の生活では到底お会いできないような人々との出会いが、非常に刺激的。
デザイナー、イラストレーター、ボイストレーナー、編集者、アクセサリーデザイナー、写真家、プロモーター、翻訳や英語を教えてる人、パクチーの専門家、おそらく波瀾万丈なIT起業家、それに職業が謎な人などなど。まぁ、私の友達も職業不詳だけれども(笑)

初対面の方と話すのは苦手だけど、今回は、お相手の方々が皆さんコミュニケーション能力がすばらしく高くて、意外に居心地よく交流ができた。
聞ける話も、今まで聞いたことのないような、経験したことのないような、新しくて、不思議で、興味深い話の数々。

そして、愛らしい子供たち。
無邪気に話しかけてくる子供たちと一緒にしばらく遊び、とっても和んだわぁ。ちょっとちびっ子すぎて、話がいまいち伝わらないこともあったけれど、一生懸命話しかけてくれたり、真剣に遊ぶ姿は本当に微笑ましかった。

行く前は、仕事が忙しく、やっぱり少し無理したかなぁと思ったりもしたけれど、参加して、できてよかった。解散後、1人で宿泊ホテルに向かいながら、今の私には、こういう時間が必要だったのかもしれないなと、なんとなく思った。

私は友達を1人連れて行ったけれど、彼は私以上に非常に楽しんでいたようすで、とてもよかった。そして、私の元同僚も参加していたが、彼女も、とても生き生きとして見えた。本当によかった。

パーティ会場のレストランは、原宿でも少し裏手にあって、静かでオシャレな雰囲気のビルにあった。お料理も美味しかった~。普通にレストラン利用してみたい。

COPON NORP
http://www.coponnorp.com/

|

« 田燕居 -名古屋 ラシック店- | トップページ | ミキモトラウンジ -MIKIMOTO Ginza 2- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

みなさん自然体で私もとても楽しかったです。
個人的にはフリーでお仕事されてる女性陣が、皆一度はまじめに組織に属していたことが印象的でした。私も会社員時代からこういう会に参加する機会があったら、また違った人生になっていたかもなと思います。
そしてじゅんこさんの新しい髪型、素敵でした。

投稿: wani | 2010/09/12 13:22

waniさん
waniさんは、なんでも真面目にいろいろ考えてますねー。感心します。
今、まさに違った人生を歩もうとしてるのだし、よいタイミングじゃないですかー。
髪型、ほめてもらってうれしいです。自分ではもう見慣れてしまったのとブローが面倒で仕方ないんだけど、また頑張ろうかな。

投稿: じゅんこ | 2010/09/12 23:24

お誘いいただきありがとうございました!!

すごーーーく、楽しい一日を過ごすことが出来ました。
いろいろな人と知り合えて、本当に幸せでした。
こんどは、もっとゆっくりじゅんことも話す時間が欲しいですw 

投稿: ふぉれ | 2010/09/13 09:38

>ふぉれ
楽しんでもらえてよかったよー。
確かに、大勢人がいたから、お互いに話す時間は少なかったよねー。
また、ゆっくり時間つくってお食事でも。

投稿: じゅんこ | 2010/09/13 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/49421545

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議なパーティの一夜:

« 田燕居 -名古屋 ラシック店- | トップページ | ミキモトラウンジ -MIKIMOTO Ginza 2- »