« 着付け教室(スペシャリスト科 第6回) | トップページ | 本家尾張屋(蕎麦)@大京都展 »

2010/08/08

タカシマヤで触れる現代アートの魅力

あいちトリエンナーレ2010の応援企画「タカシマヤで触れる現代アートの魅力」が、JR名古屋タカシマヤで開催中。

1Fエントランスには、草間彌生さんの「カボチャの自己消滅」
20100808kabocha01
草間さんの作品を間近で見たのは始めてだけど、写真で見る以上に、すごいインパクトあるなぁ。
20100808kabocha02
だけど、なんか可愛らしい。

こども服フロアの8Fには、
ナタリア・リボヴィッチ&藤田央の「BLACK USAGI(黒いウサギ)」
20100808usagi01
ビニールでできた、天井まである大きな黒いウサギ。
手を触れないでくださいと書いてあったけど、すぐ隣は、お子様ひろば。ちょっと見てたら、ぴたっとはりついてる子が居た(笑)
そりゃ、気になるし、遊びたくなるよねぇ。

あいちトリエンナーレの本番開催が楽しみ。

あいちトリエンナーレ2010
http://aichitriennale.jp/

|

« 着付け教室(スペシャリスト科 第6回) | トップページ | 本家尾張屋(蕎麦)@大京都展 »

名古屋・愛知・東海地区」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/49098430

この記事へのトラックバック一覧です: タカシマヤで触れる現代アートの魅力:

« 着付け教室(スペシャリスト科 第6回) | トップページ | 本家尾張屋(蕎麦)@大京都展 »