« 着付け教室(スペシャリスト科 第7回) | トップページ | リサとガスパール&ペネロペ展 »

2010/08/23

生命保険の見直し

ちょうど、来年、生命保険の更新時期がくることもあり、、これを機に見直しを計画。いままで、お金は貯める殖やすばかりに注目してきたけれど、支出を減らす選択肢の一つとしても。

現在の自分には合わない生保だというのは、認識しつつ、面倒でそのままにしていたうえ、いわゆるお宝保険でもなく、残念な保険なのは分かっているので、もう解約して、ちゃんと見直した方が絶対に得。

でも、解約したとして、なんらか保険は入っておくべき。新しく加入するのは、どういう保険にしよう?というのが、悩みどころ。

そこで、専門家の意見を聞こうと、最近、よくみかける、各社の保険を扱っている代理店窓口で無料相談を受けてみることにした。
ネットで予約希望を送信し、日程確認の連絡を待つ。一応、連絡があったけれど、ほんとにギリギリ、どの店舗に行けばよいのかも、こちらから聞かないと言って来ないし、なんだか応対は頼りない。

相談会当日。
まだ明らかに20代の女性スタッフ、なんとも、要領を得ないというか、何を話したらいいのか困ってる感。変に押し売りないのは、ありがたいけども。話が10分ぐらいで終っちゃうかと思ったぐらいの、なにもなさ。

これじゃ、何のために来たのか分からないと思い、私から、質問攻めにしてみることにする。
私が加入している生命保険契約の内容を、すべて説明してもらうことにした。1行づつ(笑)って、いじめじゃないよ?
ある程度、事前に勉強はしたけど、いまいち曖昧な知識しかないから、しっかり理解しようと。医療特約とか結構つけてるので、ひとしきり説明してもらうのに30分。
おかげさまで、かなり新しい発見もあった。やっぱり専門家に聞くのはいいことだわ。

どうやら、保険の知識は、ちゃんとあるけど、顧客ニーズを聞き出していくのが、あまり得意じゃないみたい。
そこで、やっと、担当者ものってきたのか、どんな目的で、どのくらいの保障を、いつまでつけたいのか?との質問。
って、それ最初でしょうに(笑)

私の加入してる保険を見て、全体的にかなり手厚いという感想を持ったようだ。
そういえば、自動車の任意保険でも、毎回言われるなぁ。こんなにいりますか?って(笑)
心配性なので、保険は手厚く。仕事でもそうなんだけど、想定されるリスクを多く見積もるほうである。

加入保険の現状診断のあとは、オススメ商品の紹介をしてもらった。事前に勉強して、検討していたタイプの保険についても質問して、見積もりを、どんどんリクエスト。結局、10種類ぐらい見積もり。
ちょっと多すぎ?(^^;いいの、いいの。ちゃんと加入するつもりなんだから。

それにしても、私のリクエストは、ことごとく、オススメよりも保険金額を多めに見積もってほしいと。
そんなに必要ですか?と聞かれ、逆に私は驚いて、普通はもっと少ないんですか?と聞き返す。
私に万が一のことがあったときの両親の生活費とか考えたら、年金だけじゃ、切り詰めなきゃ、旅行いったりできないし、足りないんじゃ?と言ってみたり。
自分の死んだときの葬式代ぐらい用意しておかねばとかとか。私自身は、ほんとは葬式なんてしてもらわなくてもよいと思ってるけど。
応対してくれたスタッフ、若い女性には理解を超えてて、ちょっと呆れられたかも(^^;
ま、生命保険は、結局は自分のためのものじゃないからねぇ。。。

これから、最適なのを検討しなきゃ。

|

« 着付け教室(スペシャリスト科 第7回) | トップページ | リサとガスパール&ペネロペ展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/49232987

この記事へのトラックバック一覧です: 生命保険の見直し:

« 着付け教室(スペシャリスト科 第7回) | トップページ | リサとガスパール&ペネロペ展 »