« リサとガスパール&ペネロペ展 | トップページ | 紫野和久傳 -ミッドランドスクエア店- »

2010/08/28

着付け教室(スペシャリスト科 第8回)

今日は振袖の着付け。
帯結びは「綾」という形。
私の着付けたクラスメイトの後ろ姿。
20100828aya01
帯結び、なかなか華やかでかわいらしい。ひだが、もっとふわっと綺麗にできれば、かなり映えそう。

今日は、黒の振袖を選んで、少し派手めにしてみようと選んでみたのをクラスメイトに着つけてもらった。
20100828furisode01
帯揚げ、帯締めがもう少し渋めとか、伊達衿にあわせてオレンジ系がよかったかなぁ。
20100828furisode02
今日は七五三のお手伝いの話も出ていた。もうそんな季節かぁ。

【私的備忘録】綾
・手先から70cmをはかり、背中心で体に二巻き。
・帯板は前と後ろで2枚いれ、手先を上に結ぶ。
・結び目からたれ側へ40cmぐらいのところで、左側の羽根になる三山ひだ、手先側40cmで、右側の羽根の箱ひだを作り、ゴムでとめる。
・帯枕をつけ、帯揚げをする。
・垂れ先から、3cmぐらいの幅で、ひだを6山程度つくり、ひだを斜めにずらして中央を飾り紐で結び、仮紐などで固定する。
・輪になったたれに帯締めを通し結び、最後に形を整える。

|

« リサとガスパール&ペネロペ展 | トップページ | 紫野和久傳 -ミッドランドスクエア店- »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

着付け教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/49280299

この記事へのトラックバック一覧です: 着付け教室(スペシャリスト科 第8回):

« リサとガスパール&ペネロペ展 | トップページ | 紫野和久傳 -ミッドランドスクエア店- »