« ストレスか老化か | トップページ | 着付け教室(スペシャリスト科 第5回) »

2010/07/24

着付け教室(スペシャリスト科 第4回)

今日は、留袖の着付け。
しばらくぶりなので、比翼仕立ての着物がすごく重く感じて扱いにくい。

今日は、クラスメイトとお互いに着付け。
体の特徴、体型、身長などにあわせて、補整から、衿の合わせ方、腰紐の位置など考えていかなきゃいけない。
自分で着るのと同じ感覚では、やっぱり少し違う。

クラスメイトだから、いつもどうしてる?って聞くこともできるし、普段着物をきてるから回答もある。けど、実際に、あまり着物をきない人に着付けをするとしたら?

着付けは、相変わらず時間がかかってる。
形は、時間かければ、それなりに美しくできるようになってきたけれど、もう少しスピードを意識しなければ。

|

« ストレスか老化か | トップページ | 着付け教室(スペシャリスト科 第5回) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

着付け教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/48966450

この記事へのトラックバック一覧です: 着付け教室(スペシャリスト科 第4回):

« ストレスか老化か | トップページ | 着付け教室(スペシャリスト科 第5回) »