« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010/04/27

海外航空券予約 -トルノス-

JTBの運営する、海外航空券やホテル予約ができるサイト。他にも、このようなサイトがいっぱいあるけれど、ここは空席のみを照会できるし(他のサイトだと、検索→空席照会→満席だったりと手間がかかった)、すべてネットだけでできるので、とても便利。
旅行代理店に来て、いろんな条件で端末を操作してもらっているかのようなことが、ある程度自分でできてしまう。
自宅でいろんな航空会社のチケットを検索して、値段比較、経由地も選べて、その場で座席リクエストも指定して、予約できてしまう、オンラインでカード決済すれば予約確定。
初めて利用したけれど、人の介在が全くないってすごい。

それに、いまどきの航空券は、eチケットなので、何ももたず、あとは当日空港にいくだけ。
一応、予約した航空券のチェックインには、eチケットをプリントして持っていくようにとあったけれど、eチケットがなくても、パスポートさえ持っていれば、問題ないようす。
帰りのマルタ空港のチェックインは、プリントをバッグから出そうと手間取ってると、パスポートだけで手続きしてくれた。

座席のリクエストについては、行きは、残念ながら窓際の席が埋まってしまって通路側。日本の団体観光客に取られちゃったかなー。
でも、帰りは、予約時のリクエスト希望どおりの座席でチェックインできた。窓際で翼から少し離れた見晴らしの良い席をしっかり確保。おかげで、最後に青い地中海に浮かぶ、マルタ島全体を見渡すことができて、ラッキー♪

今回の旅行は、エクスペディアとトルノスがあったからこそ、直前まで仕事が忙しくても、実現できたといっても過言ではないかも。
ネットで予約、手ぶらで現地というのも、行く前は不安だったけど、航空チケットもホテルも、すべて間違いなく予約できていた。
あんまり楽なので、気軽に海外旅行に行きたくなってしまう(笑)

ちなみにトルノスでも、海外のホテル予約が可能だったけれど、マルタ島については、ホテルの数と価格面で、エクスペディアを選択。日本国内のホテル予約サイトもそうだけど、結局は、最低価格で良い条件を探すには、いろいろ比較するという一手間が必要。

トルノス 海外航空券・海外ホテルの旅行検索・予約サイト
http://www.tornos.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/26

午前様な日々

日曜日の夜、出張先へ向かう新幹線の中、この記事を書いている。
短期間のお手伝いで関わることになったプロジェクト、入ってみたら悲惨な状況。

今日から、ゴールデンウィークをまたいで2週間、週末もずっと仕事。
もちろん名古屋には帰れないだろう。ホテル暮らしなので、着替えなど多めに準備してきた。
淡い期待をもてば、昭和の日の29日は、もしかしたら、帰宅できるかも?でも、1日で往復するなんて疲れるだけだろうなぁ。

2週間帰れないだけなら、まだいいのだけど。。。
ここのところ、ずーーーっと、午前様の日々。その日のうちに、プロジェクトルームを出られるなんて、名古屋に帰る金曜日だけ。
通常、プロジェクトルームを出るのは、深夜2時すぎ。かといって、そんなに朝の始まりが遅いわけでもなく、朝は9時すぎには出社している。もうこんな生活が3週間。

金曜日は、辛うじて最終新幹線で帰るものの、名古屋の家に着くのは夜の12時で、週末は、朝から着付けなどもあるし、寝不足だからって、ゆっくり寝ている暇はない。

これからの2週間、休み無く仕事。明日からも、きっと午前様。そしてGW中は、徹夜の予定も組まれている。まぁ、こんな生活をしているのは、私だけじゃないけど。なんて恐ろしい。。。

いや、しかし。ここ数年で、最悪だな。この状況。
忙しいと口にするのはよくないとは言うけど、これは、本当に忙しいって言ってもよい状況であろう。

いくら、私が健康で体力派といっても、辛いものは辛い。
これで倒れたら、過労認定してもらいたいところだ。
精神的には、短期間で終わりが見えてるせいか、今回、それほどダメージはないけど、体力的にもたないわ。

ああ。眠い。

時間の余裕もないので、書きためてたブログの記事もそろそろネタ切れてきたし、その先はちょっとブログ更新とまるかと。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/25

友とお食事

土曜日の夜。名古屋駅近くの某スペイン料理店で4人での会食。
メンバーは、元同僚の女性と、彼女のお友達、私のそして私の友イシコ(イシコのセカイサンポ)と私。

友に会うのも少し久しぶりで、非常に楽しみ。
「(肌の色が)黒い!」開口一番、また言ってしまった。会うたびに、この言葉が出てしまう。きっと、毎回まったく変わっていないのだけど、私が普段会うような仕事関連の知り合いと比べると、格段に黒く日焼けした肌、つい言ってしまうのだ。
そして、髪色。前回は金髪、その前は銀だった。帽子を被っていたのでわからなかったので、「髪は?」と聞くと、帽子の下は、黒髪の短髪。少し意外だった(笑)

さて。
この会の趣旨の一つは、
新しい世界に踏み出そうとしている元同僚を、その世界で生きている私の友とを引き合わせること。

成功というゴールを描き、そこに着実に歩んでいこうと、人生計画しっかりの元同僚。
とにかく今を楽しく生きている彼。

正直なところ、私から見て、あまりに生き方、考え方が対極にあると思われる元同僚と、私の友を引き合わせることに、少し不安もあった。
しかし、それは杞憂におわり、非常に楽しく、初対面の人たちなのに、大笑いするほどに盛り上がり、気づいたら、なんと4時間半も!
ただ、もしかしたら、元同僚が会社に勤めている間だったら、こうは上手くいかなかったのかもしれないと、少し思いもした。

元同僚の友だちの女性は、これまた、私の友と同じ旅の嗜好を持っており、あまり私の周囲では聞いたことの無い海外の国の話をしてくれたりと、私にとって、非常に興味深い面白いことだった。時間があったら、もっといろいろ聞いてみたいぐらい。
そういえば、私の周りでは男性で、いろんな面白い国を旅している人は何人かいるけれど、女性ではなかなかいない。今まで特に男女の区別していたつもりはないけれど、同姓から、いろんな国、土地の話を聞くのは新鮮だった。

とにかく、本当に楽しい会となった。

イシコは私に「よくやってるね」と言った。私が日々ちゃんと働いていることへの感想か。
会うたびに思うことだが…、たしかに、大学時代当時は、私たちは、あまり学校へ行かず、日々、よく遊び、よく大酒を飲み、似たような生活をしていたのにね(笑)

私は、普通に社会人になり、もちろんお酒も飲まなくなり、つまらない人間になってしまった?(お酒は、別に好きというわけではないからいいんだけど)
確かに自分でもそう思ってる。
私は、本当は、楽しく気ままに、やりたいことをして生きられればいいと思ってるタイプなんだよなーと、改めて思う。
そんな勇気も、自信もない私は、生活していくには仕方ないので、あたりさわりのない、まっとうな会社人のフリをして、仕事しているだけ。

ま、とにかく。心から笑うことができ、すばらしくいいリフレッシュになった。
あー、また仕事の区切りがついたら、海外逃亡したくなったなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/04/24

着付け教室(師範専修課第19回,第20回?)

諸事情により、今日は、午前と午後の2レッスン。

午前は創作帯結び。文庫、お太鼓、竪矢などの基本形をアレンジして、自分の考えた帯結びをするのである。

私は竪矢系で、くしゅくしゅっとした感じで作りたいと思っていたけれど、なかなか上手くいかない。
20100424sousaku01
写真は2回目にやり直して、なんとなく形になった。けれど、どこにでもありそうな形で面白みに欠ける(^^;
形を想像しても、なかなか思ったように形作れない。。。

午後は、角だしと空蝉。
角だしは、なんだか丸みを帯びてしまって、角という割にシャープさに欠けている。
20100424tsunodashi01
空蝉は右のたれが、長い…。
20100424utsusemi01
思い通りに形作るって、なかなか難しい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/23

オンライン海外ホテル予約 -Expedia Japan(エクスペディア)-

今回のマルタ旅行は、ツアーではなく、ホテルも航空券も自分で手配。
旅行会社のツアーにしなかったのは、マルタのツアーはそもそも数が少なかったし、一人旅なので、直接予約したほうが断然お得だったから。
ツアーで予約すると、ホテルの一人部屋追加料金なんて、よくわからない仕組みで、旅行代金が1、5倍ぐらいになってしまう。

しかし、いまどきは、海外のホテルもオンラインで予約できて、クレジットカードで決済できるので、とっても楽々♪

今回の宿泊ホテルは、海外の登録ホテル数がかなり充実しているExpedia Japan(エクスペディア)というサイトで予約。日経新聞で広告を出しているのを、随分前に見てブックマークしておいた。タイミングよいことに、今回の旅行はキャンペーン中で5,000円のディスカウントチケットを入手できたのもラッキー!

3月初めはまだ、マルタはオフシーズン。ホテルも、かなり割引をしているところが多かった。3月中旬から、かなり暖かくなるとのことなので、ギリギリお得に旅行できたのかな。

サイトでは、日程と場所を入力して、一括検索して、比較が可能。宿泊した人の口コミなど、評価も参考になる。とはいえ、口コミは日本人だけではないので、評価する観点、価値観が違うだろうから、日本のサイトでの評価を確認したほうがよいかもしれない。

ホテル代金の決済は、日本円決済だったけど、毎日の為替レートで換算しているらしく、日々、日本円代金が違っていた。円高を狙って、タイミングよく利用できれば、少しでも節約できてお得かも。

Expedia Japan(エクスペディア)
http://www.expedia.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010/04/22

マルタ旅行 -ドバイ国際空港-

今回、エミレーツ航空でマルタ島へ行くのに、ドバイでトランジット。行きも帰りも3時間弱をドバイ空港内で過ごした。
アラビア語で書かれてるのを見ると、随分遠くに来たなぁと思う。
20100228dubai01
それにしても、さすが、国際ハブ空港。ハンパなく広く、人も、ものすごく多い。
様々な人種の人々。顔も、言葉も、身につけている衣類もバリエーションに富んで面白い。スーツを着たビジネスマンから、いろんな民族衣装が勢ぞろい、半そで半ズボンのヨーロッパのリゾート客っぽい人とか、本当に様々。
その中に居る自分というその状況に、ちょっと感動した。海外に行けば、自分はその国に居る数少ない外国人になる。だけど、ドバイ空港では、皆が外国人。こんな光景めったに見られないと思ったから。

さすがの24時間空港。床に座り込む人は普通に見かけるし、こんなところに?と驚くような場所、普通の通路でシートを広げて完全に寝ている人も。いろんな人たちが自由に過ごしている。

空港内は広い上に、設備が新しくて豪華。
20100228dubai02
空港内にはグリーンが。

いろんな設備も充実してる。
ファーストフードや、コーヒーショップ、免税店もたくさん。私がドバイを経由したのは、行きは現地時間で早朝6時、帰りは深夜1時だったけれど、いずれもお店は全部開いていたから、24時間365日なのかな?すごい。

空港内には、無料充電のできるステーションがいくつもあった。
20100228dubai04
ここで、携帯電話を充電する人、PCを開く人なども多くて、タイミングによっては空がないほど。ここがいっぱいでも、Informationの窓口や、掃除用と思われるコンセントを借りて充電している人なども居たので、かなり融通きかせてもらえる感じ。

また、構内には無料インターネットコーナーもあり、10台ほどのPCが置いてあって、待ち行列ができていた。興味本位で使ってみたら、あたりまえだけど日本 語入力ができなかった(笑)
自分のPCを持っていたので、公共で提供されているらしき無料の無線LANのアクセスポイントを発見し、接続してみた。一応接続できたけど、日本のサイトに繋げようとすると、かなりの確率でタイムアウト。かなり回線が遅く、重かった。やっぱ遠いから?

そういえば、ドバイ空港のセキュリティーチェックは非常に厳しくて、靴まで脱いでゲートを通らなければいけなかった。靴底に何かを隠してたりするから?初めての経験だったわー。

Dubai International Airport
http://www.dubaiairport.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/21

マルタ旅行 -ホテルの朝食-

朝食のビュッフェ。
日本のホテルのように、お料理が和洋中そろってるとか、凝った料理などはないのだけど、パンとチーズ、フルーツがいろいろ食べられて、シンプルだけど、それだけで大満足な朝食。
20100301breakfast01
紅茶は、大きなポットに、しっかりとしたブラックティ。ミルクは言わずとも、たっぷりと持ってきてくれる。ポットと同じぐらいの大きなマグカップに紅茶とミルクを入れて、美味しいイングリッシュミルクティの出来上がり。

パンは、小麦粉の風味がとても美味しい食パン、フランスパンから、デニッシュ、小さなパイ類とたくさんの種類。朝一で行くと、アツアツ焼きたてが食べられる。
20100301breakfast03
チーズは、リコッタチーズ、ミモザチーズ、モッツァレラチーズなど何種類、日替わりで。あんまり詳しくはないので、名前も知らないのがあったけれど、とにかくたくさん!しかも、一切れが大きい!なんて贅沢で、しあわせ~。
20100301breakfast04
フルーツも、こんなにいっぱいの中から選べる。
20100301breakfast02
おかげで、毎日、朝から満腹に。
20100301breakfast05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/20

マルタ旅行 -The Palace-

マルタ島のスリーマにある、The Palaceというホテルに宿泊。
事前に、 海外ホテルのオンライン予約サイトで予約。宿泊者のレビューも、なかなか良かったので、ここに決めた。
マルタはオフシーズンだったからか、かなり安く、5つ星ホテルなのに、一泊朝食つきで8000円未満!東京とかのホテルを考えると、信じられないぐらい安く思える。
円高だったのもラッキーだったかな。
とはいえ、有名高級ホテルチェーン系のホテルは、やはり15000円ぐらいと、やはりお高めな設定。ここは、規模は小さめのデザイナーズホテル、ロケーションも、少し脇に入った分かりにくい場所なので、少し安いのかもしれない。

部屋は、思った以上に広い。正直、この値段で?と驚き。一人旅には贅沢すぎる。
クローゼットも長期滞在にも耐えられそうなぐらいのサイズ。タオルやバスローブ類は、とっても厚手でボリュームがあり、さすがという感じ。
新しいホテルなので、設備もかなり充実。冷蔵庫、電気ケトル、ドライヤーもあり。もちろん大きな液晶テレビも。
部屋には、いくつかのタイプのコンセントが用意してあって、日本と同じ型もあって、変換プラグ、変圧器は、わざわざ持っていたけど必要なかった。
20100304hotel01
インテリアもモダン、部屋のインテリアグッズにMOMAデザインが使われていたりと、かなりオシャレ。

1Fのオープンカフェ。
20100304hotel02
ロビー。上を見上げると、蒼い光と繊細なシャンデリアが素敵。
20100304hotel03
20100304hotel04
実際泊まってみての感想は、大満足で、かなり贅沢しちゃった感。グレード落として、もっと安いホテルでも、全然問題なかったかなー。

The Palace Malta
http://www.thepalacemalta.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/19

マルタ旅行 -マルタのおやつ-

マルタでは、パイがおやつとして、定番らしく、そういったパイやピザをテイクアウトで売るお店を良く見かけた。
20100303pie01
パイ生地の中に、クリームチーズが入ったものはマルタでは、Cheese cakeとして売られている。このクリームチーズパイは、日本みたいに砂糖が入っておらず、甘くない。
他にも、豆をつぶして少しスパイシーに味付けした具材が入ったパイなど、いろんな種類があった。
20100303pie02
何度か食べたけれど、さくさくの生地で、温かいパイはとても美味しかった。
20100303pie03
こんなお店の軒先にも、小さなショーケースの中に、パイが並べられて売られていた。
朝、通りがかったら、小学生か中学生?の子供が、いっぱい居て、通学途中に買っているのを見かけた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/18

日曜夜の下り列車

今週は、前日岡山入り。
通常は、月曜日の朝に移動をしていたのだけど、明日は朝一から現地で作業が必要なので、夜のうちに移動。

ふぅ~。思わずため息も出る。旅行ならともかく、仕事。
しかも、明日からまた、怒涛の一週間、午前様の日々が始まるってわかってるんだもの。
これが、もう少し余裕があって、たまには観光が楽しめたり、どこかで名物料理でも食べる時間でもあればねぇ。

日曜日の夜の、名古屋駅の新幹線ホーム。
東京行きの上りホーム側は人も多くて、賑やかしい。心なしかみんなキラキラして見える。
あー、上りの列車に乗りたい。

下りホームは、もちろん人が少ない。上りの3分の1ぐらいじゃなかろうか。
車内は空いててよいかもしれないけれど、自分の気が重いせいか、そんなことは、あまり嬉しくもない。

京都、大阪で、大半の乗客が下車し、それ以降多少の人が乗っては来るものの、徐々に人が減っていくていく。

日曜夜、下りの車内のアラフォー女。
なんだか、物悲しくなる響きだ。

「下り」って単語のイメージがよくないな。ま、これも気持ちの問題だろうけど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/17

着付け教室(師範専修科 筆記試験対策講習)

先日、実技試験に合格したので、今日は筆記試験のための特別講習。
2時間びっちりお勉強。というか、駆け足で試験範囲のページを流す。
範囲がひろすぎて、詳しい説明などしている暇はないので、とにかくポイントのみ。あとは、ひたすら自分でテキストを勉強するのだ。

筆記の勉強って苦手なんだよねー。特に暗記ものは大の苦手。
前に試験よりも難しくなると考えると、一夜漬けじゃムリ。かなり真剣に勉強しなければ。着物の勉強といっても、糸、織物、染め方、着物の模様、色の勉強、着物の歴史などなど、幅広い。

こんなときに限って、毎日仕事で午前様なんだよぅーーー!しかも、ゴールデンウィークは、きっとほとんど休み無く、働くことになりそう。
あーぁ、ただでさえ、超寝不足で、記憶力ぜんぜん無いし、勉強する気力も…(;;)
とはいえ、週末に少しは勉強しなきゃね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/16

マルタ旅行 -空から見たマルタ島-

帰りの飛行機では、ラッキーなことに、窓際の席を確保できた。
というわけで、窓から写真撮影を。
マルタ空港の滑走路が見える。
20100304malta01
真っ青な海。
20100304malta02
ほんとは、マルタ島全部を入れた写真をとりたかったけれど、さすがにそんなに上手くは。けど、これだけで、マルタ島の三分の一ぐらいは写ってるので、惜しい!
20100304malta03

あ。離陸時は、電子機器禁止なので、ここで「写ルンです」が活躍。しかし、やはりデジカメの方が失敗はないねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/15

マルタ旅行 -Emirates(エミレーツ航空)-

一度は、エミレーツ航空を使ってみたかったので、今回は関西国際空港からの出発。去年までは、中部国際空港からも運行してたんだけど、撤退してしまった…(;;)

JAL とのコードシェア便だったので、乗客は日本人ツアー客も居たけど、私が座ったエリアは、個人客が多くて、外国人も比較的多かった。そのおかげで、キャビン アテンダントも明らかに日本人なのに(他の場所では日本語だったし)、私の周辺では、なぜか日本人に対しても、ほぼすべて英語で会話という、奇妙な現象が (笑)
しかし、乗客も躊躇なく英語で答えてる人が多いのには驚きだ。私も一応、英語で応えたけど、なんだか、日本人同士なのに英語って、しかもカタコトなんで照れるねぇ。

お食事は、うわさどおり、エコノミーの機内食としては、フルーツとかが充実しているし、美味しい。少なくとも私が知っている範囲では。
20100228emirates01
ちゃんとしたケーキが付いてるときもあった。
20100228emirates02
20100228emirates03
そ して、これが一番の売りなんじゃないかと思うけど、日本からドバイまでの飛行機は、ビデオがオンデマンドで見られた。好きな番組を、好きなときに、見られるなんて素晴らしい。番組数も、100は超えてるかと。ゲームもあるし、外国語学習ソフトなんかもあり、とにかく、バリエーションに富んで、選択に迷った(笑)
20100228emirates04
マルタ島へ行くには、ドバイでトランジット。小さな飛行機に乗り換える。自分でタラップをあがる。
ドバイ~マルタ間は、男性のキャビンアテンダントが半数を占め、ちょっと驚いた。
気のせいかもしれないけど、女性の方より、人当たりが柔らかい感じ。そして、みんな、なかなかのハンサム!(笑)

途中で、キプロス島のLarnaca(ラルナカ)という場所で、一度着陸。これもトランジットというのかな。ただし、飛行機は同じ。一部の乗客が入れ替えになる。マルタまで行く人は、座ったまま機内に居てくださいとのことで、私は機内ですごす。
ラルナカで、半数ほどの乗客が降り、しばらくすると、清掃員さんが入ってきて、空席になった席を、どんどん掃除していく。マルタまでの乗客は座ったままと、不思議な光景。
20100228emirates05
清掃が終わって、出発直前には、キャビンアテンダントが、消臭剤?なのかな?なにやら、匂いのしないスプレーを全体に撒いてまわったので、びっくり(笑)
これもまた、稀な面白い経験だ。

お食事、シート、アメニティは、とてもGOOD。接客については、やっぱり日本の航空会社のほうが、柔らかい感じでいい気がしたけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/14

マルタ旅行 -ネコのいる町-

20100303cats01
マルタ島では、そこかしこに見かける野良猫。
20100303cats03
オープンカフェの店内の階段にも普通にネコが。しかし、意外にお行儀がよいというか、椅子やテーブルに飛び乗ったりということは全くない。場所によって、ネコの性格もちがうのだろうか?
20100303cats04
人懐こくもなく、だからといって、姿を隠すこともなく、ほどほどの距離で、気ままに、マイペースに生活しているという雰囲気。
20100303cats02
これだけ、たくさんのネコが暮らせるというのは、人もネコに対して、おおらかなのかもしれない。
なんだか、のどかでいいねぇ~。と、ネコ好きな私なんかは思ってしまった。
20100303cats05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/13

マルタ旅行 -働く日本の車-

海外に行くと、日本の中古車が輸出されて、そのまま使われてることがあるとは、知っていたけれど。滞在中に、数台見かけたので、結構な台数になるのだろう。
20100304car01
実際に見ると、なんとも、不思議な光景。美しいマルタの町の中に、漢字の書かれた日本の車。意外なことに、車はそれほど、めちゃくちゃ古いというほどでもない。
20100304car02
ごみ収集車までも(笑)
「スプレー缶 カセットボンベ ごみに出すなら 使いきり」などとかかれている。東京都23区内で使われてた車らしく、車体の反対側には、東京03から始まる電話番号がそのまま残されていた。
この車は、実際に、マルタの町のごみ収集に使われていた。日本と同じで、ゆっくりとゴミのある場所を走行し、2人の職員が次々にゴミを回収して、車の中に投げ入れていた。

日本の車がこんな風に活躍するなんて、ちょっと面白い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/12

マルタ旅行 -空港とホテル間の移動-

空港からホテルまでの移動は、当初タクシーを考えていたけれど、インターネットで事前に予約できる乗り合いバス、Malta Airport Transferを見つけ、タクシーより安くてお得なので、利用してみることにした。

事前にインターネットで申込み、クレジットカードで決済。空港からホテルまで片道7ユーロ。
往復の予約が可能で、利用する飛行機の便と、ホテル名を入力して申し込むと、確認メールが届き、行きの空港から、帰りのホテルからのバスの出発時刻が書かれている。

当日、マルタ空港に到着して、バス乗り場を探すと、専用の待合室があった。椅子以外にはなーんにもなかったけれど、バスの待合室といえばそんなものかと。
20100228maltatransfer01
時間になると運転手が、待合室にやってきて、名前と人数を確認し、車へ。
車はベンツのワゴンだったけれど、大きなバスの写真もあったし、専用のバス乗り場もいくつかあったので、乗車人数に合わせてるのかもしれない。このときは、オフシーズンだから、乗客は5名だけだった。
20100228maltatransfer02
席に空があれば、予約無しでも、乗せてもらうこともできるらしい。一人の旅行者が、その場で運転手と交渉して、乗車していた。

荷物をトランクに入れてもらい、車に乗り込む。乗客の宿泊ホテルを近い順に回って下ろしていく。20分ほどで、私のホテルにも到着した。

出発日は、ホテルのロビーで、予定時刻に待っていれば、バスが迎えに来てくれる。
帰りは、本当に間違いなく迎えに来てもらえるのか、時間は遅れないか?と少し不安だったけれど、ちゃんと時刻どおりに迎えが来た。結構利用されているらしく、ホテルの従業員も慣れた様子で、運転手と挨拶を交わしていた。

バスよりは高いけど、タクシーよりは断然安い。大きなスーツケースを抱えてマルタ島のバスに乗るのは大変だし、利用してみて、とても便利なサービスだと思った。

Malta Airport Transfer
http://maltatransfer.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/11

なにばたけ?

3月末から2ヶ月間、岡山に出張で、新しいプロジェクトでお仕事です。

一緒に仕事をする方も、初めて会う人も多い。そんな中での会話。

「じゅんこさんは、何畑なんですか?」

どんな業界のお客さんの仕事が多いんですか?という意味できかれたらしい。

その方いわく、私の印象は、「銀行とか金融っぽい」とのこと。
金融っぽいって(笑

まぁ、たしかに。
金融系のシステムに携わったのが一番長い。とはいえ、専門ではなく、流通、製造、公益、医療、広告代理店、とかとか、いろんなお客様と一緒に仕事させていただきましたが。

しかし、金融っぽいって、どんな感じでしょうねぇ。
お堅い感じ?よい意味に捉えると、きっちりしてそう?
だけど、融通効かない感じとか?

平日、仕事モードでお会いする方には、ありがたいことに、よく見た目真面目そうと言われます。私の仕事着は、非常にコンサバティブですから、ある意味狙い通りでしょうか( ̄ー+ ̄)ニヤリ

実際は、まったく気ままなんで、すぐにダメさ加減バレバレですが(笑)

本当は。いいかげんそうで、バカっぽくに見えて、実は仕事できる人ってのが、理想なんですけど。そんな実力があればねー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/10

着付け教室(師範専修課第18回?)

今日は、レッスンの最初に展示会。
昨年、銀座校でも見て、とっても気に入ったゴールデンムガという野蚕で作られた反物をまた見ることができた。貴久樹という工房で、着物雑誌などにもよく取り上げられてる作家さん、とてもモダンで、エスニックなテイストの着物など、とてもユニークな作品でどれも欲しくなってしまう。
思わず、クラスメイトと、次いついらっしゃいますか?と聞いてしまったぐらい。
それまでにお金ためて、買いたいなぁ。

展示会の後、小紋を着て、残りの時間で講義。
色彩学のお勉強。色相、明度、彩度による配色の合わせ方、印象など。
着物のコーディネートって、洋服に比べて意外な色あわせをしたりすることもあったり、難しい。
試験勉強としても、覚えなきゃいけないけど、それだけでなく、センス良く着こなすためにも、ちゃんと覚えたい。

それにしても、今週は、かなり寝不足で身体も重かったので、講義メインでよかった…(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/09

午前2時なのに

深夜。午前2時なのに。プロジェクトルームの半数以上の人が仕事にいそしみ、帰宅しにくいって?

金曜日の夜に、出張から最終の新幹線で帰るのに、気が引けるって?

「昨日は帰ったの遅かったんですか?」 「私は2時」、「僕は4時」、「6時」って?

まだ、この調子で1ヶ月は続くはずだけど?

いやはや。まったく。タフですなぁ。

と、他人事のように、言ってみる。

今年は、正月にひきつづき、ゴールデンウィークも、無いのが決まった。

まぁ、休日出勤はまだしも、また40時間とか寝ないで働くのやだなぁ。

このプロジェクト終わったら、また代休をとりまくることにしよう。

どーなの?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/08

マルタ旅行 -SliemaとVallettaを結ぶフェリー-

Sliema(スリーマ)からValletta(ヴァレッタ)までは、海を挟んで、すぐそこに見える距離。バスを使うと20分。でも、フェリーで海を渡れば、10分もかからない。
1時間に1往復程度と運行本数は少ないけど、時間さえ合えば、こちらの方がかなり効率的な移動手段になる。

片道97ユーロセント。バスは47ユーロセントなので、少し高いけど、日本円換算で130円程度。そんなに高くはない。ちょうど時間が合ったので1往復利用してみた。

スリーマのフェリー乗り場。船から降りてきた若者が小さな金庫をあけて受付を始める。チケットはなく、お金を払ってそのまま船に乗り込む。
20100304ferry01
フェリーといっても、ほんとに小さな遊覧船程度。
20100304ferry02
岸を離れてから、ほんの5,6分でヴァレッタに到着。
20100304ferry03

ヴァレッタのフェリー乗り場。
20100304ferry04

Captain Morgan's ferry service Malta
http://www.captainmorgan.com.mt/ferry_service.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/07

マルタ旅行 -Mellieha(メーリッハ)-

20100301mellieha01
Our Lady of l-Ahrax
海を見守るように立つ聖母像。海には何かの建物が崩れ落ちたような石?十字架にもみえるものが石に。
20100301mellieha02
その近くに建つ小さな教会。
20100301mellieha03
中は、とてもカラフル。供えられたお花も彩鮮やか。とても可愛らしく、あかるい気分になれる教会。
20100301mellieha04

少し移動して、1647年に建てられたSt. Agatha's Tower(聖アガサタワー)へ。その色のとおり通称Red Tower。マルタ島で、建造物にこれだけ色が付けられているのは珍しい。ゴゾ島側から来る船のランドマークとなるように赤い色になっているとのこと。監視塔として使われたこともある。
20100301mellieha05

日本で購入したガイドブックにはどこも載っていなかったし、それほど有名な観光地ではないけれど、地元ガイドさんが案内してくれた、Mellieha Bay(メーリッハ湾)を眺められる場所、小さな観光地。
でも、とても小さな建物たちだけど、印象的に残った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/06

マルタ旅行 -Popeye Village(ポパイヴィレッジ)-

20100301popeye01
Mellieha Bay(メーリッハ湾)から近くにあるPopeye Village(ポパイヴィレッジ)。
ロビン・ウィリアムスが主演の映画、「ポパイ」の撮影が行われた町のセットが、そのまま保存されている場所だとのこと。
映画は観たことも、聞いたこともなかったけれど、とても可愛らしい町と、どこまでも青く透き通る美しい海が印象的。
20100301popeye02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/05

マルタ旅行 -Safe Heaven Garden(セーフ・ヘブン公園)-

20100301senglea01
Senglea(セングレア)の町の先端の海沿いにあるSafe Heaven Garden(セーフ・ヘブン公園)。
20100301senglea02
監視塔Vedette(ヴェデット)。耳と目の彫刻が面白い。
20100301senglea03
この公園からは、隣の町のVittoriosa(ヴィットリオーザ)の先端のSt. Angelo Fort(聖アンジェロ砦)や、Valletta(ヴァレッタ)の町並みを対岸に眺められる。
20100301senglea04
この公園に植えられていたこの植物は、マルタの名産の一つ、ケッパーの木だとガイドさんが教えてくれた。
20100301senglea05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/04

ねんきん定期便

少し前になるけれど、ねんきん定期便が私のもとにも届いた。
誕生月の人に毎年送られる年金加入記録などが確認できる。去年4月から開始されているので、3月生まれの私は、やっと1年経って初回の『ねんきん定期便』を受け取ったのである。

内容については、特に間違いもなかったので、受け取ってそのまま返信もなしでOK。

そこに記された、今までの年金加入実績に応じた年金見込額を見て、改めてがっくり。
あと何十年定年まで働いて、年金納めたって、私が年金もらえるころには、制度も変わって、もっと給付率も低くなるだろうと予想される。
きっと、今の自分の親のように、年金だけの収入で、貯蓄もできて、多少の不安はあれども、普通の生活する分には困らない、なんてわけにはいかない。

資産管理を考えるに、長生きもリスクになると言われるけど、ほんとにそうだ…。

さて。
お金をもっと稼ぐ?
お金を貯める?
お金を殖やす?
そんなに長生きしない?

いずれにせよ、今は使ってばかりなので、とにかく老後を真面目に考えないとねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/03

着付け教室(師範専修科17回?)

先々週の着付けしまくりでの肩の痛みがまだ取れない。変な風にひねっちゃったのかな(^^;

今日は17回目なのだけど、なぜか15週目のカウントになってるらしい。クラスメイトと???の状態ながら、カリキュラムを進めることに。
というわけで、試験も終わったけれど、留袖の着方と着付け。

今日は、試験も終わったことだし、少しゆっくりしたペースで、やらせてもらった。
やっぱり着るのも着付けも25分ぐらいはかかるなぁ。
先週の試験の時に、指摘された部分にして、審査担当の先生に教えていただいたコツを取り入れて実践したところ、かなり良くなったのが自分でも分かる。
何度もくりかえしながら、細かい指摘をうけつつ、練習。

あー、このレッスンが終わってから試験だったらなぁと思わずにはいられない。

ところで、先週の実技試験は、一応合格だったらしい。

1日で合格できたのは良い方だと、担任の先生が言っていたが、ホントかどうかは定かでない。

ただ、レッスンと、試験のレベルはかなり違っているというのが受験時の感想。試験での指摘は、実践で使えるレベルと考えれば、納得することばかり。
試験内容、ポイントが十分に満たせるレベルまで、それまでのレッスンで見てもらいたいと思うのは、それほど贅沢なことを言ってるとは思えないんだけど。
そんなこと聞いてないー、今までよかったのに初めて指摘されたというのが、当日あるなんて。
こういうのは、先生によって違うので、今後気を付けていなければ。

まぁ、自分自身でもう少し、プロフェッショナルな向上心を保持できていれば、何があっても困らないレベルになっていられたのかもしれない。うーん。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/02

マルタ旅行 -Ramla Bay(ラムラ湾)-

Calypso's Cave(カリプソの洞窟)からの眺め。
20100303ramlabay01
ラムラ湾のSandy Beach(サンディ・ビーチ)。ゴゾ島で一番美しいといわれているビーチだそうだ。晴れた日は、澄んだ海が蒼く美しい眺めらしい。
この日は、曇りがちだったので、海が暗い。

ガイドブックに載ってるわりには、ふーん、というぐらいの感想(^^;
利用したGozo Sightseeingのコースで、カリプソの洞窟で、Photo Stop(写真撮影用に10分ほど停車)の時間がとられているぐらいなので、晴れてたら相当美しい景色なのかなぁ?

カリプソの洞窟は、詩人ホメロスのオデュッセイアで登場する洞窟と、日本で購入したガイドブックに書かれていて、洞窟の中にも入れるような記述があったけれど、ここも時期的なものか、今は公開されていないのか、入り口にロープが張られていた…。
入れたら、ちょっと面白そうだったのに。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/01

マルタ旅行 -Ta'Pinu Basilica(タ・ピーヌ大聖堂)-

20100303tapinu01
ゴゾ島観光は1日だけだったので、Gozo sightseeingのバスで、スルーしただけ。
時間があれば、中も見たかった。とても美しい。
20100303tapinu02
周りには大きな建物が他にはなく、畑、草原の中に、美しく大きな大聖堂。

Ta Pinu Sanctuary
http://www.tapinu.org/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »