« マルタ旅行 -フェリーでGozo(ゴゾ島)へ- | トップページ | しばらく出張生活 »

2010/03/24

インストラクターの最後のレッスン

週末。いつもどおりの英会話レッスン。
そして、帰宅後、今日のレッスンのレビューをインターネットで確認する。いつものように。
私の通っている某英会話学校では、生徒用の個人サイトをインターネットで提供しており、レッスン後にインストラクターが入力してくれたコメントや今日のレッスン内容を見ることができるのだ。

その日のインストラクターのコメントには、今日が最後のレッスンだったことが書かれていた。そして、私への応援メッセージ、感謝の言葉が綴られていた。

ああ。そうだったのか…。
なんとなく合点がいった。

この日曜日のレッスンの終わり、彼は、「今週行ってきた京都のお土産だよ。」と、八つ橋を箱ごとくれた。
旅行土産を貰ったのは初めてだし、私は、箱ごとというのに驚いて、「これ、全部?私に?」と聞いたら、「そうだよ。こんな箱を開けて、ばらして配るのは難しいよ。」と笑っていた。そして、いつもどおり「See you!」と。

あめや、チョコレート、彼の趣味の手作りケーキを、もらったりしたことあったけれど…。
だから、このとき、ザワザワとした感覚があった。なんだか変だなぁと。
レッスン中も、会話のやり取りの中で、何かがいつもと違う気がした。本当は、もっと何かを伝えてくれてたのかもしれないけれど、私の英語能力では、言葉のニュアンスを理解することが出来なかったのかもしれない。

月に2,3回は、彼のレッスンをとっていた。入会して間もないころからだから、もう3年近く。相当な頻度、長い期間である。私の日常では、会社の上司や、ほとんどの同僚とさえ、そんなに会うことも、会話することもない(笑)

つたない英語だけど、本当にたくさんの会話をした。会社に居るときよりも、断然リラックスできて、心から笑える、本当に癒しの時間だった。
文化、考え方の違いなど、いろんなことを教えてもらったし、楽しく英会話学校に通うことができたのは、彼のおかげでもある。
それに、私の好きな名前を自分の息子に付けてくれた。とても嬉しかったし、家族の話題が出て、その名前を聞くたびに、なんだかとても身近に感じていた。

彼にとっては、たくさんの生徒の1人。でも、私にとっては、数少ないお気に入りインストラクターの1人。
確かに、彼がインストラクターを続けていたとしても、私が英会話教室に通えるのも永遠ではなく、近い将来、私がやめることもあるかもしれない。いつかはお別れ。

だけど、どーして、さよならを言わせてくれなかったのかなって、残念な気持ち(;;)
近い将来、家族とともに帰国するとは聞いていたけど、私は、向こうの学期が始まる前の夏ぐらいだと、勝手に思いこんでいた。

今回が最後なら、ちゃんとお礼を言いたかった。
いつでも、今日が最後かもしれない、ぐらいの緊張感で向き合うべきだった。

|

« マルタ旅行 -フェリーでGozo(ゴゾ島)へ- | トップページ | しばらく出張生活 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

きっと3年、
すばらしいレッスンを受けられたんだろうね!

もっとじゅんこが英語が好きになって、
素敵な女性になるのがご恩返しになりそうだね

またヒョコッと出会えるかもしれないよ
今度はインストラクターと生徒じゃなく、
友達になれるかもしれないじゃない!

投稿: LEONA | 2010/03/24 19:48

>LEONA
非常に想い出ぶかいいいレッスンばかりだけに、寂しい思いいっぱい。
いつか会うことが出来たら。そのとき、ぺらぺらになって、もっとちゃんと話せたらいいなぁと思うー。

投稿: じゅんこ | 2010/03/25 00:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/47891834

この記事へのトラックバック一覧です: インストラクターの最後のレッスン:

« マルタ旅行 -フェリーでGozo(ゴゾ島)へ- | トップページ | しばらく出張生活 »