« マルタ旅行 -Mdina(イムディーナ) 街並み- | トップページ | マールブランシュ お濃茶クランチ »

2010/03/15

マルタ旅行 -マルタの巨石神殿群(世界遺産)-

ユネスコの世界遺産にマルタの巨石神殿群として登録されている、遺跡たち。

Tarxien Temples and Museum(タルシーン神殿)
20100304tarxien01
街中で発見された紀元前3000~2500年の神殿。
発掘された出土品が置かれているけれど、レプリカだそうで、本物はValletta(ヴァレッタ)にある、National Museum of Archaelogy(国立考古学博物館)に納められているそうだ。日本だったら、ちゃんとこれはレプリカとかって書かれてたりすると思うのだけど、ここにはそういう記述がなくって、何が本物なんだかレプリカなんだかわからない。なんだか大らかだなぁ(笑)
20100304tarxien02
Fat Ladyと名づけられた女神の彫刻。日本の土偶と同様に、ぽっちゃりの女性の像があがめられてたというのは興味深い。

Hagar Qim Temple(ハガール・イム(ハジャイーム)神殿)とMnajdara Temple(ムナイドラ(イムラドラ)神殿)
こちらも、紀元前3000~2400年の神殿。この2つの神殿は、数百メートルの距離にあって、両方見るなら共通チケットを購入。
Hagar Qim Temple(ハガール・イム(ハジャイーム)神殿)
20100301hagarqim01

Mnajdara Temple(ムナイドラ(イムラドラ)神殿)
20100301mnajdara01
これらの神殿には、いずれも白いテントの覆いが。去年(2009年)の春出来たらしい。野ざらしだと劣化するだろうから仕方ないのかなとは思うけど、ガイドブックなどの写真では、大空の下に巨石が立ち並ぶ雄大な景色だったので、少しがっかり。
それでも、街中に存在するタルシーン神殿とは違い、周りには何もなく、観光客もまばらで、(たまたまだったのもしれないけど)、静寂さが、大昔の神殿というには相応しい。
Hagar Qimから、Mnajdaraへ続く道。先に見える白いのが、Mnajdaraのテント。
20100301mnajdara02

これらとは別に、世界遺産登録されているHal Saflieni Hypogeum(ハイポジューム地下神殿)という地下に掘られた珍しい神殿があるのだけど、一週間ぐらい前までに予約していないと入れないらしいということを、現地で知ったため、もちろん見られず(;;)
そもそも、現地に到着してから、観光地を決めているような、私の行き当たりばったりの旅行計画では無理。仕方ない。また訪れることがあれば次回こそは。

UNESCO  World Heritage Centre - Official Site
http://whc.unesco.org/

Heritage Malta
http://www.heritagemalta.org/

|

« マルタ旅行 -Mdina(イムディーナ) 街並み- | トップページ | マールブランシュ お濃茶クランチ »

マルタ旅行 2010」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/47822901

この記事へのトラックバック一覧です: マルタ旅行 -マルタの巨石神殿群(世界遺産)-:

« マルタ旅行 -Mdina(イムディーナ) 街並み- | トップページ | マールブランシュ お濃茶クランチ »