« 屋上ヘリポート | トップページ | 今月の給与明細 »

2009/12/26

着付け教室(師範専修科第7回)

今日は、文庫型の帯結び。前回、お勉強会で時間がなくなってしまったので、1回分遅れ。
袋帯で文庫結び。
20091226bunko03
胡蝶文庫。
20091226kocho01
文庫の変形。垂れの長さが1:2:3になるように折って結ぶ。
垂れが長くて、ちょっと間延びした感じになってしまった。

【私的備忘録】文庫
・手先から50~60cmをとり、背中心にして、体に二巻きして、たれが上になるように結ぶ。背中側にも帯板をいれておく。
(六通柄の場合は、左脇に柄じまいをあわせる。)
・結び目は帯の内側に少し押し入れるようにして、帯の上に乗っかる感じ。
・手先40cm程度を残して余分は帯の中へ入れ込む。
・垂れ先で作る文庫が左右30~40cmになるように折りたたみ、背中側に折り返し、結び目から余分をキレイに折りたたむ。
・手先、垂れを押さえるように帯枕をして、帯揚げを結ぶ。
・垂れで二山ひだをとる。手前が上になるように。
・手先を下ろして、帯締めを芯に折り返し、文庫を固定して、帯締めを結ぶ。
・形を整えて出来上がり。

|

« 屋上ヘリポート | トップページ | 今月の給与明細 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

着付け教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/47124620

この記事へのトラックバック一覧です: 着付け教室(師範専修科第7回):

« 屋上ヘリポート | トップページ | 今月の給与明細 »