« 携帯一つで名古屋-札幌 | トップページ | 着付け教室(師範専修科第1回) »

2009/11/13

優しい社交辞令

同じプロジェクトに参画している、他ベンダーのリーダーの方。直接関わらないので、普段は、挨拶をする程度。
残業帰りにバスで一緒になった。乗車場所は始発で遅い時間だったため、乗客は最初2人だけ。気さくな人柄で、近くに座って声を掛けられ、雑談に。

「下衆なこと聞いていいっすか?」下衆なことって(笑)その言葉が面白くて笑ってしまった。
「どうぞなんなりと?」
「ずばり、おいくつなんですか?」
あまりにストレートに聞くので、さらにウケた。憎めないタイプというか、へーきな顔してそんなことを言っても許されるキャラの人である。

よくある回答パターンで「いくつに見えますか?」は、私はあまり使うのが好きじゃない。
「どーしてそんなことを?」と逆質問しつつも、すぐに「XXです。」と答えた。

私は年齢を聞かれたら、基本は即答。このブログの記事にも、年齢を書いたことがあったけど、それに関してご指摘もあったので、ブログに明記はしないことにする。 けど、過去記事に載ってる。それに、記事の内容でも想像つくと思うけど(笑)
直接であれば、ちゃんと答えるので、気になる人は聞いてくださいな。

さて、正直に年齢を言った後の相手の反応は?
「えー、見えないですねぇ。」大人の礼儀として当然の優しいお言葉。いわゆる社交辞令というのか。
でもって、私も、ありていの礼儀をもって「お世辞でも嬉しいです。ありがとうございます。」

妙齢の女性ならともかく、いい歳超えてると思しき女性の年齢を聞いたときに、「やっぱり。」「そのぐらいだと思ってました。」と納得する言葉はあるにしろ、「もっと、年上だと思っていました。」なんていう人、あんまり居ないと思う。通常の仕事のつきあいで、そんなこと言ったらかなり顰蹙なのでは (笑)
その人のキャラとか、付き合いが深かったら、しゃれにもなるだろうけど。

あー、でも。「しっかりしてるから」「仕事できるから」という評価つきで言われたら嬉しいかも。こういうのって難しいなぁー。

そういえば、最近、ストレートに年齢を聞かれるってのもなくなってきたなー。
世の中グローバル化が進んで、マナーとして一般化したのだとしたら喜ばしいけど。
それとも、気を遣わせる年になったのか。。。?微妙だわ(笑)

|

« 携帯一つで名古屋-札幌 | トップページ | 着付け教室(師範専修科第1回) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

じゅんこは、年齢を重ねるごとに美人になって行くよね!
なんていうか、私もそう言う人と巡り会いたいです。

 良いご縁がないかなー

投稿: ふぉれ | 2009/11/14 01:16

>ふぉれ
あら、ふぉれまでお褒めの言葉、ありがとねー(笑)

ふぉれはまだまだ若いし、自然にしてれば、そのうち縁あるとおもうけどね。

投稿: じゅんこ | 2009/11/14 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/46755216

この記事へのトラックバック一覧です: 優しい社交辞令:

« 携帯一つで名古屋-札幌 | トップページ | 着付け教室(師範専修科第1回) »