« 北海道旅行2009 -番外:タクシーの運転手さん- | トップページ | HEDIARD(エディアール)@羽田空港ビッグバード »

2009/11/07

着付け教室レッスン(組紐)

着付け教室レッスン(組紐)

今日から師範専修科!と書くはずだったところ、今週は組紐の特別講習の週だった。

組紐のクラスは別にあるけれど、着付けクラスの希望者向けの特別体験講習があるとのこと。
本当は最近仕事もハードで疲れてるし、休みたいなーという気もしたけれど、1度ぐらい体験しておこうかと申し込んだ。たまたま先週、銀座校の先生と話したときに、この組紐講習に出たことがないという話をしていたし。

材料費を支払い、組み紐用の絹糸の色を選ぶ。あんまり、コレ!っていう好みの色の糸がなくて迷った(^^;
江戸小紋の茶色に合わせられそうな萌黄色に少しグラデーション部分がある糸にした。(けど、あわせる帯がないな(笑))

2時間で組紐で帯締めを組む。組み方も平組と丸組から選べるが、きっと丸組の方が簡単に違いないと、丸組を選択。重ね四つ組という編み方らしい。

糸は事前に先生が準備してくれて、組紐台にセットアップしてくれている。8個の糸が巻かれた玉が台から下がっている。
さっそく組み方を教わる。
20091107kumihimo01
手順は4つのみ。台を正面にして、円形を上下、左右(左手が上)、左上から右下へ、右上から左下へと対角線の糸を交差させていく。ひたすらこれを繰り返す。
組紐には錘がついていて、ある程度組んでいくと錘が下につきそうになるので、都度、上につけなおす。
玉に巻いた糸は、組んでいくと、出ている糸が短くなるので、少しずつ解いて組めるように準備する。

ふと、その途中で組まれた糸を点検すると、一箇所、何かが違う!どうやら交差する手順を間違えたらしい。
そういえば、途中で糸の緩みなどが気になって、ちょっと手順を迷ってしまったことがあったので、そのときに間違えたのかも(^^;
先生に、その場所まで組んだ紐を解いてもらって、再度、正しく組み直した。
2時間ちょっとかかって、やっと帯締めを編み終わる。
端の処理は、先生がしてくださるそうで、出来上がりは次週以降のお楽しみ。

かなり集中力を要する作業で、いつもの着付けレッスンとは違う疲れ(笑)
でも、面白かったー。

|

« 北海道旅行2009 -番外:タクシーの運転手さん- | トップページ | HEDIARD(エディアール)@羽田空港ビッグバード »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

着付け教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/46702316

この記事へのトラックバック一覧です: 着付け教室レッスン(組紐):

« 北海道旅行2009 -番外:タクシーの運転手さん- | トップページ | HEDIARD(エディアール)@羽田空港ビッグバード »