« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009/11/30

足袋が擦り切れるほどに

着付け教室に通い始めてずっと使っていた足袋の底が擦り切れた。底部分は、洗濯も漂白剤をつけて洗っても、もう真っ白にはならない状態まで。

2年間弱、ほぼ毎週はき続けたからなぁ。
それにしても、足袋が擦り切れるなんて、汚れが落ちなくなるまで履きつぶすなんて、想像もしなかったことだわ。
高等師範科のクラスメイトも同じことを言っていた。なんだか、これまでの練習の努力がそこに現れている気がして、感慨深い。そしてなんだか達成感?(笑)

いつまでもボロボロの足袋を履くわけにはいかないので、先日の認定授与式には、外出用として新しい足袋を用意した。
11月からのレッスン用には、以前、着物をレンタルしたときにプレゼントとしてついてきた、いかにもぺらっぺらの足袋を使用。すぐにダメになりそう。しかも、先日の練習で履いてて気づいたけれど、底が滑りやすい(^^;気をつけよー。

しかし、歩き方が下手なのかもしれないなぁ。着物だと、ちょこちょこ歩きになって、つい足を床に擦ってる感じで歩いてる。普段の私とは正反対。パンツで大股歩きだもの。
着物での歩き方も少し研究してみようかしらん。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/11/29

冬髪

久しぶりにヘアサロンへ。

少し間があいたので、髪がひどい状態で我慢しきれず。なかなか時間がとれないので、今週末こそと、所用をキャンセルして、やっと行けた。

いやぁ、ほんとに。カラーはプリン化して、最近とみに増えてきた白髪が超目立つし、乾燥して、クセが出て、パサパサ、手入れの時間もままならないこともあり、さながら山姥かのように、ひどい状態であった…(^^;

さて、着付け教室のイベントも終わったので、少し切ってミディアム程度にしようかと。
しかし、ミディアムといっても、顎のラインから肩ぐらいまで幅が広い。スタイルを決めるときに、あまり短いと困るかなーと躊躇し、肩程度にとオーダー。
少しイメージを変えて、しっとりとボブスタイルに。ただしクセ毛なので、ぴしっとしたボブにはならないけど。クセでボリュームがでるので、少し軽くしてもらった。

カラーは、カラーリストさんにお任せ。少し落ち着かせてツヤ感を出すカラーを提案される。これは納得。色をいれてもらう時もあるけれど、今回はコンディション悪すぎるものねぇ…まずは修復ということかと(笑)

というわけで、髪は少し冬仕様♪
ボブを生かせるように、ちゃんとブローも綺麗にしなきゃなぁ。。。頑張れるかしら。

自分では、それほど長さは変わらないかなと思ったけれど、後ろから見ると意外に短くなったらしい。そんなに長かったんだ?まぁ、10cm以上切ったっぽいのでそーかー。
20091128haircut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/28

着付け教室(師範専修科第3回)

今日は、小紋にお太鼓型の帯、ふくら雀の手結び。
相手に着付ける練習なので、長襦袢から相手に着付けていく。最近は着付けは紐を使っていたけれど、今日はゴムベルトを使った着付けの復習。

ゴムベルトは久しぶりなので、すっかりキレイに着付けるコツを忘れてしまっている(^^;手は動かないし、着付けもシワが出たりする。
クラスメイトと、「あんなに何度も練習したのに、やってないと忘れるものだねぇ」なんて嘆きつつ。最近は、出来上がりの良し悪しが少し分かるようになってきたので、気にしだすと、何度もやり直したり、時間ばかりかかってしまう。徐々に手馴れて、一度で決まるようにしていかねば。

今日の作品。ふくら雀(手結び)
20091128fukurasuzume01
【反省点】お太鼓の位置が少し高すぎ、少しぼわ~んとした感じ(お太鼓と垂れを若干コンパクトにしたほうがよさげ)、左右のバランスがイマイチ、なんかカクカクしてる…ふわっとしたほうが、きっとよい感じ。

【私的備忘録】ふくら雀の結び方
・手先から120cmを背中心にして(六通柄の帯の場合は、柄じまいを右脇にあわせる)、体に二巻き。ひと巻き目のときに、帯板を挟んで巻く。
・手先を上になるように結び、手先を右側を輪になるようにして左肩に預けておく。
・結び目から垂れ先に40~50cmで箱ひだをとり、背中心にまっすぐ合わせ、結び目側に余っった分は、背中の帯の下に入れて処理する。
・帯枕の紐で固定し、帯揚げを結ぶ。
・手先を広げ、肩幅程度の大きさで、三つ山ひだをとりミニベルトで中心を固定し、帯枕の奥に挟み込む。(ふくら雀の羽根部分)
・三つ山ひだにかぶせるように垂れ先をおろす。
・帯締めを芯にして、お太鼓を作り、帯締めを結ぶ。
・形を整えて出来上がり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/27

クリスマスイルミネーション2009 -恵比寿ガーデンプレイス-

20091123baccarat01
これが見たかった。。。
有名な恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスイルミネーション。バカラの巨大シャンデリア。
20091123baccarat02
携帯のカメラじゃ、夜景モードにして、オートにしても光がはねちゃって、綺麗に取れてないのが残念すぎる(;;)しかも、ピンぼけ。あー、デジカメ欲しい。

繊細なクリスタルのパーツがキラキラしてて、ゴージャス♪ほんっとにキレイ。。。
20091123baccarat03

『Baccarat ETERNAL LIGHTS -歓びのかたち- 』
http://gardenplace.jp/sp/baccarat.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/26

TUMIのバッグ(ピンクリボン スペシャルモデル)

もう、何年もパソコンの入るビジネスバッグを捜し求めている。サブバッグを持つのが好きじゃないので、仕事のときは大きなバッグにPCを入れて持ち歩く。
女性用バッグで、耐久性とデザインを両立していて、自分が気に入るものってなかなかない。メンズのPC用ビジネスバッグは、いかにもすぎるし。通常の女性用バッグは、PCを入れることを想定したつくりになっておらず、デザインで選んで、過去、何度も壊れた経験あり。
そもそも、これだけ女性もPCを持ち歩く時代に、男性向けにはあって、なぜ女性向けのものが充実していなんだー。納得いかないと思ったり。もしくは仕事用PC、もっと小さく軽くなればいいのに。

TUMIといえば、やはり黒い布製のメンズバッグのイメージがあるけど、一見してTUMIとはわからない、 ピンクリボン運動支援のスペシャルモデルの白いバッグを発見。サイトを見ると、B4のPCが入れられるようす。TUMIなら、耐久性は間違いないはず。

10月初めごろに、このバッグを知り、まずは本物を見てみないとと、さっそく名古屋じゅうのお店に問合せ。名古屋のTUMIで、女性もの見たこと無いなーと思ったけど、やっぱり(;;)
唯一、JRタカシマヤが、同モデルを扱っているとの話だったけれど、スペシャルモデルは扱っていないとのこと。(デパート友の会の積み立てで購入しようともくろんでいたのにー。)

というわけで、今回、東京に行った折に、丸の内の直営店へ乗り込んだ。
さすが丸の内店。TUMIのイメージとは違ったカラフルな小物や、女性ものも充実。
そして、目的のピンクリボンのスペシャルモデルもちろん♪
スペシャルモデルも、いくつか種類があって、縦型のトートバッグの方が、デザインはオシャレでいいなぁと思ったけれど、最終的には、機能性重視でベーシックな形のこちらに。
20091122tumi01
もともと定番モデル「Villa」のユニセックス仕様のバッグ。もちろん、インナーポケットもたくさんあって、機能性抜群。
20091122tumi03
スペシャルモデルは、中がピンクのペイズリー、ブラウンのPCインナーバッグつき。そして、ピンクリボンのチャームというか、TUMIらしくネームタグ。
20091122tumi02
ピンクリボン(乳がん撲滅)運動支援の売上の一部は米国の乳がん研究財団へ寄付されるそうで、たまたま購入したもので、何かに貢献できるというのは、ちょっと嬉しい。

それから、面白いシステムだとおもったのは、トレーサー・プログラム。TUMI製品には、すべてIDが付いていて、登録しておくと、盗難に遭ったとき、もし発見された場合には、IDを元に、持ち主の元に戻ってくるとのこと。日本に居ると、それほどニーズを感じないサービスだけど、海外では実績あるのだろうか?
まぁ、購入者のステータス満足度としては、よい気はする。

さて、レジでクレジットカードのサインをしようとしたら、たまたま保有のクレジットカードのポイントが期間限定3倍とのこと。これは超ラッキー♪

そして、店員さんの説明によると、TUMIは12/25のクリスマスまで、2つ購入すると、安い方が20%offになるキャンペーン中とのこと。今日のレシートを持っていけば、次回でもOKだって。私は購入予定はないけれど、TUMI好きの人は、チャンス?

TUMI
http://www.tumi.co.jp/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/11/25

偶然の多い人生

月曜日、着付け資格の授与式の後、いったん洋服に着替えたあと、恵比寿ガーデンプレイスのイルミネーションを撮りたくて、新幹線出発までの少しの時間に恵比寿に戻った。
恵比寿スカイウォークを抜けて、横断歩道を渡るとすぐに大きなクリスマスツリー。

さっそく、撮影しようと携帯のカメラを向ける。ツリーの周りには同じように撮影目的の人々。人影が、なるべく少なくなるタイミングを見計らう。
と、今だ!と思ったタイミングで、また大きな人影。あー、あの人邪魔だなぁ。。。ちょっと待ってたら、どいてくれるかしらと、思いつつ。
ん?大きなレンズのカメラを携えた、見覚えのある風貌。
思わず、名前を呼ぶ。

ビリヤードで知り合った10年来の友であった。想像もしない場所での再会に驚き。といっても、東京に居たときに会ってるので、半年ぐらいかしら?
写真の勉強をしている彼は、もちろん撮影に来ていた様子。
しかし、この広い東京で、こんなピンポイントで、思いつきで戻って来た恵比寿、そのクリスマスツリーの下で会うって、どうなのよ(笑)
相変わらず、いろんなことが起こるなぁ。。。
あんまりびっくりして、「なんか気持ち悪いー!」と、言ってしまった。彼は自分のことを冗談で言われたとおもったようで、あわてて「偶然続きがね。」と言い足した(^^;
だって、ほんとに。いろんな偶然続きがコワい。。。

久しぶりーと言いながらも、私は気が急いていたので、失礼ながらも、話しつつ、クリスマスツリーを撮る。
「こういう構図で撮りたいんだよー。」というと、彼が「こんな感じ?」と自分のデジカメで撮って見せてくれたのは、すばらしい。
「そうそう、こういう風に入れたいんだよー。さすが!でもこの携帯だと収まらないんだよー(;;)」と私。アドバイスをもらったけど、やっぱり納得のいくものは、自分の携帯ではとれなかった。。。上も下も切れてる(;;)
20091123ebisu01

そうこうするうちに、彼の連れの方がいらしたので、またの再会を約束して別れた。
その後、恵比寿ガーデンプレイスのイルミネーションを一通り眺めて、ばたばたと東京駅へ。

しかし、せっかく大きなカメラをもった彼に会えるんだったら、日中に着物姿を撮ってもらいたかったなぁと、微妙なタイミングの悪さが残念。

でも、久しぶりに会えて、元気そうな姿を見られてよかった。

One thing happens after another.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/11/24

記念祝賀パーティ@ウェスティンホテル東京

認定証授与式の後、記念祝賀パーティということで会食♪
これは、ほんと楽しみだったのよねー。だって、絶対美味しいに違いないもの(笑)
しかし、着物というのが唯一、気を使わなければいけないので、大変。汚したら一大事。
20091123westin01
スパークリングワインで乾杯してスタート。

残念なことにお品書きがなかったので、お料理が詳しくわからず。
20091123westin02
かにのパテ。口の中じゅう、かに~。
20091123westin03
そして、これが私的には一番♪甘酸っぱいリンゴのコンポートの下にはフォアグラ!表面が香ばしく、中は口のなかでとろける~。美味しすぎる!!ただし、超濃厚で重い。すぐにパンが欲しくなった(笑)
20091123westin04
なんのお魚かはわからない。。皮がカリッとして、白身部分はふわっと。ソースはとろっと多めで、スプーンで絡めながらいただく。

ここまでで、かなりお腹が張ってきた。帯でぎゅっと締め付けられているせいもあるだろうなー。着物はつらいー。
20091123westin05
さらに、どーんとお肉!牛肉のフィレとほほ肉。結構なボリューム。厚みがあるせいか、ちょっと歯ごたえあるけど、そこがまた好み♪
照りが美しい人参のソテー、人参の甘みがでていて、美味しくておどろき。

最後はデザート。
20091123westin06
写真では感じが出てないけれど、真っ白でふわふわの生チーズケーキに赤いベリー系(ストロベリー、ラズベリー、ブルーベリー)が飾られてとても可愛らしい。

粗相もすることなく、着物姿で苦しいながらも、しっかり完食。大満足♪

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2009/11/23

着付け教室(認定証授与式)

先月合格した、着付け教室の1級きもの講師の認定授与式が恵比寿のウェスティン東京にて行われた。
証書を授与も嬉しいけれど、実はウェスティン東京で♪というのがとっても楽しみだったり…(笑)

さて、今日はもちろん着物着用。メイクは少ししっかり、髪も夜会巻きにアップして、それから着付けと、朝から、大格闘。
白地にグレーの墨流しの着物。実は外での着用は初めて。
地が白でモノトーンなだけに、意外に着こなしが難しいかもと、少し不安に。昨日、急遽、帯締めと同色の紫の伊達衿を調達。
予想以上に、いい感じになって、自分らしいコーディネートで、完璧かと♪超自己満足(笑)

このお着物は、四丈物の反物で、帯も同じ反物から作ってもらって揃いになってる。ワンピース風?で、ちょっと珍しいらしい。
20091123suminagashi01
近影だと、着崩れが目立つので、少し小さめに。うーん、写真だと、余計に着崩れ目立つんだなぁ。。。結構、すっきり着れたつもりだったのに、胸元がもたついてるし、襟元も左側がつまってきてるし。。。はぁ、まだまだね。

時間が経つと、裾が落ちてくることが多いので、補整と腰紐の位置を十分に確認して、しっかりと着てみた。ちょっときつめで苦しかったけれど、おかげで、今日は最後まで裾線は保たれていたので、よかったー。

授与式は、厳かな雰囲気の中、一人一人名前を呼ばれ、総代の方が証書を代表で受け取る。
全員が着物。とても華やいだ雰囲気で、見ているだけでも、いろんな着物があるんだなぁとか、着物と帯、小物の合わせ方など、とても勉強になるし楽しい。
最後に、金屏風をバックに集合写真を撮影して、お楽しみの会食会場へ移動♪
と長くなるので、会食は、別記事でUPします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/11/22

ダロワイヨ銀座本店

前々から気になっていたダロワイヨ銀座の2Fカフェでティータイム♪
20091122dalloyau02
スポットライト照明、クラシックがBGMに流れ、全体的に落ち着いた大人の雰囲気。ワインセラーをそろえて、お食事もできるようす。もちろん全席禁煙。

マカロン3つつきのセットや、チョコレートとドリンクのセットなどをおすすめされたけれど、そんなには食べられないので、 オリジナルブレンドティに、マカロン(シトロン)を一つ注文。
20091122dalloyau01
オリジナルブレンドティは、レモンとベルガモットの香りの、アールグレイ系。

っと、マカロン、シトロンにしたから、柑橘系でかぶったなぁ。。。柑橘系好きなので、他を見るまでもなく、注文してしまった(^^;
せっかくなので、もう少し取り合わせを考えればよかったと後で気づく。
ま、シトロンはとっても爽やかで、さっぱりと美味しかったけど。

紅茶のさし湯もちゃんとついてきた。けど、最初に一緒に出てきちゃうと冷めちゃうので、ほんとは後でお願いしたい感じ。。。

とはいえ、静かで、居心地もよく、ゆったりとした気分で美味しい紅茶をいただいて、大満足♪

DALLOYAU JAPON(ダロワイヨ)
http://www.dalloyau.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/21

着付け教室(師範専修科第2回)

今日は、展示会ありの日。

ろうけつ染めの紹介。ろうけつ染めといっても、すごく洗練されていて、きれいー。
「せきだし」は、ろうを重ねることによって、染め上がりの濃淡を変えたり、ろうを乗せて染めるという工程を、淡い色から順に何度も繰り返して、重ねて染めて、柄を出していく。何度も染められた生地は、地の色も深みが出ていい色になるそうだ。
「ろうをしばく」と表現してたけど、筆にろうをつけて、生地にろうの飛沫を撒き散らして、その部分が雪が降っているように残る技法。それを生かして雪山をデザインした着物を見せていただいたけど、絵画のよう。芸術だー。

さて。残りの時間で、小紋に二重太鼓の練習。
今日は長襦袢は三河芯の半衿を久しぶりにチャレンジ。難しい…衿が浮いてしまう。これから練習だなー。
帯は、最初は手結び、そして改良帯枕を使って。手順は覚えているけど、より上のクラスになったので、手早くより綺麗に美しく。

今日は、展示会があったので、なんだか時間がないー!と、焦りが余計にマイナスに働いて、衿元は決まらないし、おはしょりももたついてる。。。
帯も、なんだか、とりあえず出来たという感じ?(^^;
後から、修正して、なんとかなったけれど、それでは、今までと変わらない。
高度なことができるだけでなく、基本が完璧に近づかないとね。これが当面の目標かな。。。

時間がなくとも、一つ一つの手順を確実にこなすのが、実は一番の早道。何でもそうだよなぁと反省。

今日は、担任とは別の先生から、自分に似合う着方、衿元など、研究していってくださいね~とのアドバイス。
今までは覚える部分が多かったけれど、これからは自分で考えることが、本当に重要。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/20

3日連続。

ここまで来ると、すごいな。
ブログネタと言ったら失礼かもしれないけど、ドラマのストーリー展開としても、上出来でしょう。

夕方、いつものように売店でFAUCHONのAPPLE TEAを購入して、プロジェクトルームに戻るべく廊下を歩いていると、少し先から。。。

さすがに3日連続って、微妙じゃない?躊躇するよねぇ。。。
気づかぬふりを決め込もうかと思ったけど、会釈された。こちらも挨拶をして、昨日の非礼、話の途中で切ってしまったことをお詫びする。あぁ、すっきり。早めに言えてよかったかも。

先方は、特に気にされてなかった様子。そして、立て続けに質問を2つ。
「いつまで、ここにいらっしゃるんですか?」「パソコンとかお詳しいんですか?」
1月には、今私たちが作っている新システムに変わるので、その後しばらくはお邪魔することを伝える。いかにもシステム業界人ではない質問がひさしぶりに新鮮に聞こえる。

今回やっと、お名前とお仕事内容を聞いてみた。
お仕事は想像はしていたけれど、予想を超えて、非常に最先端な内容。ヤバイ、そこに興味を惹かれるー!詳しく聞いてみたいと思わせる、いいネタを持ってるなぁ(笑)

ま。またの機会に聞いてみよう。今日はこんなところで。では、と立ち去るときに。

「今度、虹出たら、ちゃんと撮って(取って?)おきますね!」
むむむっ。相変わらず、気の効いた素敵な一言を残すお方ですこと。
つい、うっかり、条件反射的に「そしたら、見せてくださいね。」と笑顔で言ってしまいましたわよ(^^;

しかし、こういう出会いも、しっかりコネクションとして将来の仕事に繋げられるようになれば、優秀なビジネス人なんだろうけどなぁ。あー、名刺交換でもして、ちゃんと自己紹介するってのもありか。

さて。このストーリーとはぜんぜん関係ないけど、今日、ビルの1Fロビーにある、グランドピアノの調律を見ることができた。お年を召した調律士さん。おごそかな雰囲気で鍵盤をならしながら耳を傾けてバネを調整してる様子が興味深い。
子供のころから、こういう職人仕事を見るのが結構好き。仕事バッグの中の器具とか見せて!と、思わず話しかけたかったけど、私も仕事中。少し立ち止まって眺めただけで、我慢。

今日は、あまり身近にはいない職業の人々に会えて、面白い一日だー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/11/19

2日連続。

今日は、ずっと、うつむいて歩いてたので、気づくのが遅れた。
廊下の終りまできて、ドアを開けようと、顔をあげたら、目の前に。
あ。。2日連続。

「こんにちはー。」
そしてまた、一瞬の間。けど、今日は違った。

「あの、もしかして、○○○(私の会社名)の人ですか?」
おー。話しかけられた!
「そうですー。」
しかし、どーしてわかっちゃったのかしら。いかにもそれっぽいのかなー?それって、あまり嬉しくないかも。。。まぁ、たしかに選択肢はそう多くないけど。

「すごいなー。優秀なんですねー。」
「いえいえ、ぜんぜん。」
だって、そのお褒めのお言葉、私にとっては、逆に胸が痛む(^^;

しかし、今日は体調すこぶる悪く、そればかりか、テンションは、朝からどん底低かったので、あまり愛想よく振舞えず。。。
そうこうするうちに、少し先から、同僚たちが歩いてくるのが見えて、そこそこに話を切り上げてしまった。

せっかく声かけていただいたのに、あまりよい応対できなかったなー。
なんだか申し訳ないやら。社会人としてNGな感じ。どんなときも、笑顔で話せる人を尊敬する。
だけど、タイミングってあるよねぇ。

後で、また名前聞き逃したって思ったけど、今日はそれどころじゃなかったし。
今度は、もう少し話せる状況で、またお会いできるといいんだけど。

ま。人生いろいろあるよ。
Life is messy. Such is life.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/18

またも挨拶だけ

日中、ビル内の広い廊下を歩いていると、斜め後ろに視線を感じる。
振り返ると、確実にこちらを見てる人。
おお。久しぶりにお目にかかれた。

「あ。こんにちは~。」
「こんちわー。」

虹の日に出会った白衣の人。1ヶ月ぶりぐらい、4回目。
なんとなく。お互いに一瞬立ち止まって、何か話そうかなという空気が流れた?、、、気がした。。。
けど、今日も挨拶だけ。
しかし、普通に挨拶も交せるようになったんだから、名前ぐらい知っててもいいんじゃないかと思う今日この頃。

いろんなバックグラウンドの人とお知り合いになるのは楽しくて好きだけど、こちらから話かけると、変に誤解されるのではないかと思ったり。そんな心配するのは、自意識過剰なだけかー(笑)

もっとおばちゃんらしく、知らない人にでも、ペラペラと話しかける技術を習得してればよかったかも?

確実に、私たちが作ってるシステムのユーザーのはずなので、お客様として感想でも聞いてみようかしら。
いや、しかし、このネタふりはリスク高いな。ものすごくクレームがきても困る・・・それはそれで、現場の生の声がきけるってことだけど(^^;)

ここに通うのもあと数ヶ月。
まだもう少し、このストーリーを楽しもうかなー。
しょーじき、こんなことぐらいなくっちゃ、最近、人生前向きになれないし。

虹の出ている間に
虹の人
今日もばったり

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/11/17

クリスマスイルミネーション2009 -JRセントラルタワーズ(テラス)-

今年は、なんとなく、規模縮小な感じ。不況か、温暖化対策か?(^^;

名鉄側の広場のイルミネーションは少ししかなかったので、ちょっぴりがっかり。。。
恒例のテラス沿いに並ぶツリーのイルミネーションがなかったし。
毎年ブログの記事にしているので、違いは過去記事と比べれば一目瞭然(笑)
20091115towers02
白とブルーが基調になってるのは、すごくクールな雰囲気で好き。

そして、この2つは可愛かった。
スヌーピー!
20091115towers03
そして、リサ&ガスパール♪
20091115towers04
これ以外にも、TV局のマスコットキャラクターのオブジェが立ち並んでたけど、撮影せず。

Towers Lights -タワーズライツ- 2009
http://dokonani.jr-central.co.jp/towerslights/index.html

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/11/16

クリスマスイルミネーション2009 -JRセントラルタワーズ(壁面)-

毎年、このシーズンになると、せっせとイルミネーションを撮りに仕事帰りや出かけた帰りに歩き回る私(笑)

日曜日、平日よりは少し早い会社帰りに、JRセントラルタワーズのイルミネーションが始まっているのを発見。

うーん。年々微妙な気がする…。去年も壁面はお気に召さなかったので、UPしなかったんだけど。。。今年は敢えて。
20091115towers01
今年のテーマは、『夢の散歩道 ~四季の語らいをゆかいな仲間とともに~』

壁面のイルミネーションは四季の移り変わりをカラフルなLEDで表現してるとのこと。
遠くから見ると、何がなんだかよくわからない。。。

光輝いて、明るいのは、きれいだけどね。。。

Towers Lights -タワーズライツ- 2009
http://dokonani.jr-central.co.jp/towerslights/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/15

クリスマスイルミネーション2009 -松坂屋名古屋店-

街は、そろそろクリスマスの色。

松坂屋の名古屋本店に、スワロフスキのツリーが。去年と全く同じっぽいのが、ちょっと物足りない気もするけど、クリスタルの光はやっぱり綺麗。
20091114swarovski01

今年もいろんな場所でイルミネーション見られるのが楽しみ♪

カテゴリに『イルミネーション』を追加。過去のクリスマスシーズンのイルミネーション&ツリーの記事を集約。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/14

着付け教室(師範専修科第1回)

今日から、師範専修科が始まった。
研究科まで教えていただいた先生。そして、着付けを始めたときから研究科まで、同じコースに通ったクラスメイト1人続けていた。

カリキュラムによると、ホントは座学の日だったのかな?と思うけど、今までの復習ということで小紋を自分で着るとのこと。

いやぁ、しかし、今日はいろいろ戸惑った。

念のためと思い、着方を確認すると、全部モス紐で(ゴムベルト系は一切なし)で着ましょうとのこと。それに長襦袢の半襟は三河芯。ひゃー、難易度高し。
私も高等師範科で少し練習したけど、こちらではずっと使っていたとのこと。

教室が違うからか、先生が違うせいか。。。先生本人もいわく、勝手に独自で教えてしまうことも多いそうなので、進め方の本当のところは不明(笑)

さて。紐での着方はもちろん知っているものの、あまり手馴れていないので、ちょーっと悪戦苦闘。特に衿元の合わせと、背中のタック。何度かやり直してやっと、納得いく出来に。

帯は改良帯枕を使うのと、手結びとを一回ずつ。こちらは今まで何度もしているので問題なし。意外なことに手結びのほうが上手に出来て、褒められた。
帯が結びやすかったし、そんなに長くなくて、お太鼓を作るときに1回折り上げるのですんだからかと。

それから、先生から胸元の補整が足りない!と言われ、タオルを2枚も入れられ、超ハト胸に!しかも、まだまだ足りないから、まだ1枚入れてもいいわよだって(笑)むむ、びみょー。
もっと女性らしさを出すためにふくよかに見せなきゃといわれたけど、そんなに胸を作りこんで前面に出すのって?衿元とのギャップが激しそうだし、洋服の下の寄せて上げてブラより詐欺だって(笑)

すっきり、シャキっと着たいんですと主張してみたけど。。。(^^;
戸惑うなー。。。
いろいろと見聞を広めて、何が良いのか、自分らしい着方を考えていこう。。。

さて。先週作った組紐が出来上がってきた。
一応、間違いもなくてキレイにできてるとのお褒めの言葉。ちゃんと使えるものに仕上がった。この帯締めに合いそうな帯揚げを揃えなくっちゃ。

20091114obijime01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/13

優しい社交辞令

同じプロジェクトに参画している、他ベンダーのリーダーの方。直接関わらないので、普段は、挨拶をする程度。
残業帰りにバスで一緒になった。乗車場所は始発で遅い時間だったため、乗客は最初2人だけ。気さくな人柄で、近くに座って声を掛けられ、雑談に。

「下衆なこと聞いていいっすか?」下衆なことって(笑)その言葉が面白くて笑ってしまった。
「どうぞなんなりと?」
「ずばり、おいくつなんですか?」
あまりにストレートに聞くので、さらにウケた。憎めないタイプというか、へーきな顔してそんなことを言っても許されるキャラの人である。

よくある回答パターンで「いくつに見えますか?」は、私はあまり使うのが好きじゃない。
「どーしてそんなことを?」と逆質問しつつも、すぐに「XXです。」と答えた。

私は年齢を聞かれたら、基本は即答。このブログの記事にも、年齢を書いたことがあったけど、それに関してご指摘もあったので、ブログに明記はしないことにする。 けど、過去記事に載ってる。それに、記事の内容でも想像つくと思うけど(笑)
直接であれば、ちゃんと答えるので、気になる人は聞いてくださいな。

さて、正直に年齢を言った後の相手の反応は?
「えー、見えないですねぇ。」大人の礼儀として当然の優しいお言葉。いわゆる社交辞令というのか。
でもって、私も、ありていの礼儀をもって「お世辞でも嬉しいです。ありがとうございます。」

妙齢の女性ならともかく、いい歳超えてると思しき女性の年齢を聞いたときに、「やっぱり。」「そのぐらいだと思ってました。」と納得する言葉はあるにしろ、「もっと、年上だと思っていました。」なんていう人、あんまり居ないと思う。通常の仕事のつきあいで、そんなこと言ったらかなり顰蹙なのでは (笑)
その人のキャラとか、付き合いが深かったら、しゃれにもなるだろうけど。

あー、でも。「しっかりしてるから」「仕事できるから」という評価つきで言われたら嬉しいかも。こういうのって難しいなぁー。

そういえば、最近、ストレートに年齢を聞かれるってのもなくなってきたなー。
世の中グローバル化が進んで、マナーとして一般化したのだとしたら喜ばしいけど。
それとも、気を遣わせる年になったのか。。。?微妙だわ(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/11/10

携帯一つで名古屋-札幌

先日、札幌旅行へ言った際に、ICカードが本当に普及してるなぁと実感。
とりあえず、携帯電話を持っていれば、名古屋から札幌を往復できてしまう。

まずモバイルSuicaのEX-ICカードサービスで、新幹線に乗り、名古屋駅から東京へ。
羽田空港へは、JRとモノレール、モバイルSuicaを利用。

航空券は、携帯のモバイルサイトで予約。チェックインも事前にモバイルサイトで済ませておけば、当日、搭乗口で携帯をかざすだけで、搭乗券が発行される。今回はJAL ICカードのタッチ&ゴーサービスを利用。

さすがに道内に入っても使えるとは思ってなかったところ、羽田行きのモノレールで、たまたまJR北海道の中吊り広告見た。JR北海道がKitacaというICカード乗車券を発行していて、Suicaと相互連携利用が可能のようだ。
新千歳空港と札幌駅の間は、モバイルSuicaを利用して移動。

まさに携帯一つで、名古屋から札幌まで行けてしまった。なんて便利ー。ちょっと感動。
もちろん、事前に、モバイルSuicaと、航空会社のICカードとその携帯利用の契約をしておく必要はあるけれど。

ところでKitacaのキャラクターのモモンガがとってもかわいらしい。Suicaペンギンと競るんじゃないかなぁ。

JALマイレージバンク - JAL ICサービス
www.jal.co.jp/jmb/index06.html

JR東日本:Suica
http://www.jreast.co.jp/Suica/

JR北海道>>Kitaca
http://www.jrhokkaido.co.jp/kitaca/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/09

いい歳になった

このブログに何度か登場する、今は同僚でもある十数年来の波乗り友。全盛期には、みんなで連れ立って毎週のように海に行ったり、合宿をしたりした仲間。深夜チャット(当時はパソコン通信)で夜更かししたのも楽しい思い出。

私が転職して名古屋に引越してから、あまり連絡をとらなくなっていたところ、mixiで再会。そしてその数年前に彼も転職したことを知る。転職先はなんと、同じ会社。お互い知らずして、いつの間にか違う事業所の同僚になってた。
まぁ、知らないうちに、同僚になってたパターンは、このほかにも、ビリヤードの友達でも、経験済みではあるけれど(笑)

その後、お互いの出張途中の新幹線が品川駅ですれ違うという、ドラマティックなニアミス
そして、今年の1月1日付けで、2人とも東京の同じ事業所に転勤になった。これを縁といわずしてなんと言おうか。私は、この8月には名古屋にUターン転勤になったけど、おかげで旧交をあたためることができた。

さて、前置きが長くなったけど(笑)

そんな彼とのふとした会話、なんだか些細だけど、感慨深かった。

「そういやさ、昔から俺らがサーフィンの行き帰りで通ってた○○街道沿いに、美味しいうなぎ屋があるって知ってた?」
「知らなーい。あの辺りでうなぎってイメージないし。つかさ、あのころは、そんな高級品食べられなかったじゃない?だから、目に入らなかったんだよ、きっと」
「そうなんだよね。。。天然ではないんだけど、すごく美味しいんだって。こんど海行くとき、ご馳走してあげるよ。海行こーよ。」

サーフィン帰りにうなぎ。
ああ。お互い、大人になったなぁ。。。というか、いい歳になったんだなー。

うなぎは、今でもなかなかのご馳走だけど、あのころの私たちにとっては、本当に高級品だったと思う。
まだ20代半ば、そして2人とも転職前。正直、結構、生活大変だったし(^^;
海に行くには結構お金がかかった。ガソリン代+高速代(いまは1000円だけど)を考えると、かなりの出費。それを毎週土日、しかも夏だけでなく、1年中。本格的に波乗りするには、ボードや、季節ごとのウェットスーツをそろえるのに数万円単位での出費だった。
私も、バカみたいに波乗りに熱中して、そのために節約してた日々だった。

タフに波乗りをした後の食事はいつも、とにかく安くてがっつり食べられるサーファー向けの食堂へ行ったり、コンビニで済ませたり。
サーフィン帰りに、うなぎを食べるなんて、想像さえできなかったなー。

なんとなく。人生、頑張ってるよね、私たち、と思った。

私は、もうあまり海には行かなくなっちゃったけど(^^;
また懐かしい千葉の海へ行って、ゆっくり波乗りを楽しんで、帰りには美味しいうなぎをいただきつつ、また当時のようにサーフィンの話とバカ話で、思いっきり笑おう。
いつ実現できるかしら?来年以降だなぁ。私は、もう、冬に海入る根性はなくなったから(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/08

HEDIARD(エディアール)@羽田空港ビッグバード

20091025hediard01

赤いラベルのフランス高級食材店エディアール。
先日の北海道旅行、羽田を経つ前に、ビッグバードの中で見つけて、へー、こんなところに!?と、帰りにしっかり立ち寄ってお茶してきた。

店頭のメニューで、ガレット(そば粉のクレープ)を見て、さすがフランスと思い、注文しようと思っていたのに、テーブルにあった、写真つきの季節のクレープメニューに、心惹かれてしまい、つい注文。
季節のクレープ、このときはオレンジシュゼット風クレープのセット1,000円。そう、アンリ・シャルパンティエでクレープ・シュゼットを初めていただいて、柑橘系大好きな私が、唯一、とても好きなクレープなのである。しかも、メニューの説明には、「エディアールのカットオレンジジャムをベースに」とある。これは期待大。
コーヒーまたは紅茶つき。もちろん、エディアールといえば、紅茶でしょう。

20091025hediard02
生地はもちっとして、しっかりとした重みがある食感。オレンジジャム(マーマーレードとは言わないのね?)の少し苦味の効いたピールがいい感じ。アイスクリームが、私にはちょっと甘いかな。
やはり、いつものことながら、最後の方は、残そうかどうしようか迷いつつ、なんとか完食。
甘いもの、たまには食べたいんだけど、美味しくても、ほんのすこーしで良いんだよねぇ…。悲しい体質だ。

紅茶はカップティ。ブレンドティっぽい。アールグレイ風味のような?
しっかりとした美味しい紅茶で、ほっと一息して、羽田を後にしたのであった。

HEDIARD(仏語)
http://www.hediard.fr/

羽田空港ターミナル BIG BIRD(エディアール)
http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/shops_and_restaurants/store/13/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/07

着付け教室レッスン(組紐)

着付け教室レッスン(組紐)

今日から師範専修科!と書くはずだったところ、今週は組紐の特別講習の週だった。

組紐のクラスは別にあるけれど、着付けクラスの希望者向けの特別体験講習があるとのこと。
本当は最近仕事もハードで疲れてるし、休みたいなーという気もしたけれど、1度ぐらい体験しておこうかと申し込んだ。たまたま先週、銀座校の先生と話したときに、この組紐講習に出たことがないという話をしていたし。

材料費を支払い、組み紐用の絹糸の色を選ぶ。あんまり、コレ!っていう好みの色の糸がなくて迷った(^^;
江戸小紋の茶色に合わせられそうな萌黄色に少しグラデーション部分がある糸にした。(けど、あわせる帯がないな(笑))

2時間で組紐で帯締めを組む。組み方も平組と丸組から選べるが、きっと丸組の方が簡単に違いないと、丸組を選択。重ね四つ組という編み方らしい。

糸は事前に先生が準備してくれて、組紐台にセットアップしてくれている。8個の糸が巻かれた玉が台から下がっている。
さっそく組み方を教わる。
20091107kumihimo01
手順は4つのみ。台を正面にして、円形を上下、左右(左手が上)、左上から右下へ、右上から左下へと対角線の糸を交差させていく。ひたすらこれを繰り返す。
組紐には錘がついていて、ある程度組んでいくと錘が下につきそうになるので、都度、上につけなおす。
玉に巻いた糸は、組んでいくと、出ている糸が短くなるので、少しずつ解いて組めるように準備する。

ふと、その途中で組まれた糸を点検すると、一箇所、何かが違う!どうやら交差する手順を間違えたらしい。
そういえば、途中で糸の緩みなどが気になって、ちょっと手順を迷ってしまったことがあったので、そのときに間違えたのかも(^^;
先生に、その場所まで組んだ紐を解いてもらって、再度、正しく組み直した。
2時間ちょっとかかって、やっと帯締めを編み終わる。
端の処理は、先生がしてくださるそうで、出来上がりは次週以降のお楽しみ。

かなり集中力を要する作業で、いつもの着付けレッスンとは違う疲れ(笑)
でも、面白かったー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/06

北海道旅行2009 -番外:タクシーの運転手さん-

基本は電車と徒歩で、市内を回ったのだけど、時間が足りなかったのと、荷物が重くて、1度だけタクシーを利用。

なぜか、地元の人と思われたらしく、そんな調子で話しかけられたので、「名古屋から来たんです。」と宣言。
すると、タクシーの運転手さんは、とても嬉しそうに、「名古屋から来たのー?私は岡崎出身なんですよー!」と言った。

「どうして、また、札幌でタクシーの運転手をされてるんですか?」
「30年ぐらいまえにね、全国を旅してあるいてたんだけど、北海道に来て回ってたら、気に入っちゃって、そのまま、ここに居ついちゃったの。嫁さんもこっちの人だしね。」
とても興味深い経歴だ。放浪の末のついの住処として、北海道を選んだということか。

「バイクかなにかで?」
「いやー、ヒッチハイクで。お金がないから、その土地でアルバイトして、移動しての繰り返しでね。」
ひゃー、こういう人、ホントにいるんだねぇー。人生ドラマだなぁ。。。

「懐かしいなぁ。もうしばらく岡崎にいってないなぁ。名鉄のパノラマカーが好きでねー。今はなくなっちゃったんでしょ?」
うーん、私は名鉄エリアに住んでいないのと、鉄子でもないので詳しくは知らないが、確かニュースで聞いた気もする。

そして、運転手さんは、若かりしころの話、岡崎の想い出などをずっと話してくれた。懐かしそうに話しながら、辛いことも思い出したような、時折、少し湿った口調になったり。1乗客にそこまで語らなくても(笑)よほど懐かしかったんだなぁ。
目的地に近づいたころ、運転手さんが、「名鉄の話なんて、ほんっと何年ぶりかにしたよ。ありがとう。」と、弾んだ声で言ったのが印象深い。

なんとなく。温かい気持ちになれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/05

北海道旅行2009 -サッポロファクトリー-

ここは、初。サッポロビールの前身の開拓使麦酒醸造所の大正時代からの建物を残しつつ、大きな商業施設になっている。
れんが作りの建物の中は、一部博物館になっていて、無料で見学が可能。
20091025sapporofactory01
レンガづくりの建物の壁いっぱいの蔦の紅葉が圧巻!こうして見ると、もっさりとした蔦と前の木々が同化して、なにやら一つの生き物に見える気が。
20091025sapporofactory02
風が吹くと、蔦の葉が風に揺られ、壁に描かれる波が、見ていて非常に面白かった。

サッポロファクトリー
http://sapporofactory.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/04

北海道旅行2009 -北海道大学-

前回、北海道大学に来たのは、夏の終わりの時期。青々とした葉がまぶしく感じるほど。

今回は、ちょうど紅葉の時期に来ることができたので、イチョウ並木に期待。
20091025hokudai01
確かに黄金色に染まった木もあるけど、全体的にはあと1週間!といったところ。今週ぐらいは、黄金色一色になり、落ちた扇の葉がふかふかに積もって、最高ではないかしら。
20091025hokudai02
学内の楓も色づいて、落ち葉も緑、黄、赤のグラデーションが美しい。
20091025hokudai03
大学の建物の壁の蔦。思わずすごい!といってしまうほど。深紅の葉が、奥の建物の壁の半分以上を覆っている。
20091025hokudai04
北海道大学、これほど一般市民に開放している大学のキャンパスは他にはないのでは。
子供のころ、神戸大学の六甲台キャンパスの近所に住んでいて、自然が豊富だったため、よく遊びに行ったけれど、近所の人以外、わざわざ人が訪れる雰囲気はなかったと思う。

北海道大学は、平日は、学生が多いのだろうけど、週末だったからか、老若男女問わず、大勢の人がキャンパスを歩いていて、一つの大きな公園といった感じ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/11/03

北海道旅行2009 -北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)-

すっきりとした秋晴れの真っ青な高い空に建物が映えて、美しい。
20091025doucho01
夜のライトアップが見たかったなー。

札幌市資料館も趣のある建物。今も市民の利用できる現役の建物だというのが、素晴らしい。
20091025shiryokan01

北海道庁旧本庁舎
http://www.welcome.city.sapporo.jp/sites/akarenga.html

札幌市資料館
http://www.s-shiryokan.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/02

北海道旅行2009 -札幌時計台-

札幌の定番中の定番。宿泊したホテルから徒歩5分ぐらいだったので、朝一で。
建物をバックに撮影中の観光客が多くて、なかなか上手くとれなかったなぁ。
20091025tokeidai01
ちょうど、この写真を撮った、道路を挟んだ向かいのビル1Fに花畑牧場のカフェが出来てた。時間があれば、ゆっくり時計台を眺めながら、生キャラメルをいただきたかったなぁ。

4年前、夕暮れ時に訪れたときは、こんな感じ。

札幌市時計台
http://www15.ocn.ne.jp/~tokeidai/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/01

ザ・ロビー -ザ・ペニンシュラ東京-

初ペニンシュラ♪1Fのレストランにてランチ。
着付け教室の最後のレッスン後、クラスメイトとともに、修了祝い。(送別って言うと寂しいからということで。)

ランチタイムは予約ができないらしい。到着すると既に、7,8組の待ち。諦めようかとも思ったけれど、せっかくだしと思いなおし、待ち行列に加わる。行列するのは好きではないけれど、今日は特別。それにペニンシュラなら、一度ぐらいはがんばって待ちます(笑)
ドレスコードが書いてあったけれど、スマートカジュアルということで、それほどキツクない。でも、やっぱりペニンシュラ、結構お洒落してる人も多い。

30分ほど待って、席に案内される。さすが高級ホテルのレストラン。椅子を引いてくれるだけでなく、ナプキンもちゃんと半分に折って、丁寧に膝に掛けてくれるサービスぶり♪
ロビーのレストランとはいえ、テーブルも余裕のある配置で、落ち着いた雰囲気、シャンデリアがきらめく空間、そしてピアノの生演奏もあるし、さすが。
20091031peninsula07

ランチメニューを見ると、メニューには2,600円のハンバーガー(!)があって、すっごく気になったんだけど、まずは普通にと2,800円のコースランチ(食前酒、前菜、パン、メイン、デザート、コーヒー/紅茶)を注文。前菜、メイン、デザートはそれぞれ2種類から選ぶことができる。
それにしても、この最高級のホテルのランチとしては、意外にお得感♪

食前酒は、グリーンポイントのロゼのスパークリングワインで乾杯。
前菜:トマトのムースと秋野菜のマリネバジル風味 クリスピーパルメザンチーズ
20091031peninsula01
トマトのムースがすごく爽やかで美味しい!トマトとバジルとチーズの好きな私にはたまらない。
20091031peninsula02
パンが出てきた。円盤状に切り出されたバターが可愛らしい。薄くスライスされたパンは、ゴボウとゴマのパンとの説明。もちっとした食感に、思いっきりゴボウ!の風味が新しい。後味にゴマを感じる。

メイン:鰆のソテー、キャベツとクリーミーなマッシュポテト添え、小海老とケッパーの焦がしバターソース
20091031peninsula03
鰆はあまり好きじゃないけど、試しにと思って注文。皮は香ばしく、バターの風味にケッパーがアクセントになっていて、ぜんぜんいける!残りのソースをパンでいただいたら、ほんっと美味しい。

カボスのゼリーとフルーツサラダ ラズベリーシャーベット添え
20091031peninsula04
フルーツたっぷり。ちょっとゼリーが甘めだけど、ラズベリーシャーベットが生フルーツのようにすっぱくて、超私好み♪(すっぱいフルーツ大好き!)
そして、もちろん♪締めのペニンシュラの紅茶は美味しく、大満足♪

クラスメイトが異なる料理を選んだ分の写真を撮ってくれた。
鶏のバロティーヌ ココア風味のヌードル添え キノコのクリームソース
20091031peninsula05
チョコレートムース 洋梨のコンポート
20091031peninsula06

とっても優雅な気分で、もちろん料理は見た目も味も美味しくて、わくわくするランチタイムだったな~。最近、大学の学食ランチ多いので、特にそう思ったのかも?

ザ・ペニンシュラ東京 公式ウェブサイト
http://tokyo.jp.peninsula.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »