« 優しい社交辞令 | トップページ | クリスマスイルミネーション2009 -松坂屋名古屋店- »

2009/11/14

着付け教室(師範専修科第1回)

今日から、師範専修科が始まった。
研究科まで教えていただいた先生。そして、着付けを始めたときから研究科まで、同じコースに通ったクラスメイト1人続けていた。

カリキュラムによると、ホントは座学の日だったのかな?と思うけど、今までの復習ということで小紋を自分で着るとのこと。

いやぁ、しかし、今日はいろいろ戸惑った。

念のためと思い、着方を確認すると、全部モス紐で(ゴムベルト系は一切なし)で着ましょうとのこと。それに長襦袢の半襟は三河芯。ひゃー、難易度高し。
私も高等師範科で少し練習したけど、こちらではずっと使っていたとのこと。

教室が違うからか、先生が違うせいか。。。先生本人もいわく、勝手に独自で教えてしまうことも多いそうなので、進め方の本当のところは不明(笑)

さて。紐での着方はもちろん知っているものの、あまり手馴れていないので、ちょーっと悪戦苦闘。特に衿元の合わせと、背中のタック。何度かやり直してやっと、納得いく出来に。

帯は改良帯枕を使うのと、手結びとを一回ずつ。こちらは今まで何度もしているので問題なし。意外なことに手結びのほうが上手に出来て、褒められた。
帯が結びやすかったし、そんなに長くなくて、お太鼓を作るときに1回折り上げるのですんだからかと。

それから、先生から胸元の補整が足りない!と言われ、タオルを2枚も入れられ、超ハト胸に!しかも、まだまだ足りないから、まだ1枚入れてもいいわよだって(笑)むむ、びみょー。
もっと女性らしさを出すためにふくよかに見せなきゃといわれたけど、そんなに胸を作りこんで前面に出すのって?衿元とのギャップが激しそうだし、洋服の下の寄せて上げてブラより詐欺だって(笑)

すっきり、シャキっと着たいんですと主張してみたけど。。。(^^;
戸惑うなー。。。
いろいろと見聞を広めて、何が良いのか、自分らしい着方を考えていこう。。。

さて。先週作った組紐が出来上がってきた。
一応、間違いもなくてキレイにできてるとのお褒めの言葉。ちゃんと使えるものに仕上がった。この帯締めに合いそうな帯揚げを揃えなくっちゃ。

20091114obijime01

|

« 優しい社交辞令 | トップページ | クリスマスイルミネーション2009 -松坂屋名古屋店- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

着付け教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/46763675

この記事へのトラックバック一覧です: 着付け教室(師範専修科第1回):

« 優しい社交辞令 | トップページ | クリスマスイルミネーション2009 -松坂屋名古屋店- »