« 忙しい一週間 | トップページ | ザ・ロビー -ザ・ペニンシュラ東京- »

2009/10/31

着付け教室レッスン(高等師範科第25回)

あれ?25回?どこかで数え間違えた?(^^;カリキュラムを見ると24回のはずだけど、特別授業みたいなのをカウントしちゃったかな。
とにかく、高等師範科のレッスンは、今回が最終回。

今日は、自分の江戸小紋と名古屋帯を2回練習。
時間はそれほど急ぐわけではないので、総まとめということで、とにかく着実に美しく、丁寧に。気になるところが見つかったら、何度もやりなおした。

それでも、やっぱり完璧ではない。細かいところチェックしだすと、キリがないほど、たくさんある。。。
今日、先生のチェック、アドバイスを、覚えているかぎりでメモ。

【私的備忘録】
・半衿を見せる幅が左右同じになるように注意。
・帯枕にかけた帯揚げを前に持ってくるときに、帯をつまんで枕に沿って丸く、かつ背中にぴったり仕上がるようにしてから、帯揚げを結ぶ。
・背中心が真ん中にきていることをしっかり確認。
・衿をあわせるときに、背中心がずれないように、耳のしたあたりで片手で衿を押さえて動かないようにして、前をあわせるとよい。
・胸元にシワができてるときは、背中側で、おはしょりをひくと、キレイになる。
・腰紐は、長襦袢の胸元は衿が崩れないようにやや強く、腰は緩くてよく、長着の腰紐は、おはしょりが落ちないように、しっかり強く。
・後ろのおはしょりがもたつくときは、中心に向かって下に引き、内側に折り、帯の内側に入れ込んで処理。
・背タックをとらない場合の余分なあまりは、脇でつまんで背中側に倒すように折って処理する。

土曜日の朝に、銀座に通うのも、ひとまずは今日が最後。
転勤になってから、名古屋から大変だったけど、とても良い先生と、クラスメイトに恵まれて、本当に楽しかったなー。それだけに、かなり寂しい。。。
それに、銀座校のセンスは、好みにすごくマッチしていて、先生方の着ている着物を見るのも楽しかったし、展示会などでも、いろいろコーディネートしてもらうのがとても勉強になった。
自分の好みの着物というのが、少し分かるようになったのは、ここで学んだおかげかもしれないなー。これから、銀座の先生方のような粋な着こなしを目指したい。

そのまま次のコースにも進みたかったけれど、やはり遠方では、時間、体力、金銭面で続けるのが厳しいため、次は名古屋で。特に金銭面を考えると、通学費用で、着物が買えちゃうぐらいだったから(^^;
非常に後ろ髪引かれる思いもあるけれど、最初に着物を始めた名古屋で、初心に戻るつもりで、がんばろう。

銀座校の担任の先生、クラスメイト、それから良くしてくれた教室長、先生方に大感謝!
楽しかったー。7ヶ月間本当にありがとうございました。
これからも、何かの折りには、よろしくお願いします(^^)

※…帰りに名古屋に寄って手続きをしたのだけど、相変わらずのバタバタぶりであった…(^^;うーむ。

今日の丸ノ内仲通りのベンチはハロウィンの装飾でかわいらしかった。
20091031halloween01

|

« 忙しい一週間 | トップページ | ザ・ロビー -ザ・ペニンシュラ東京- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

着付け教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/46632598

この記事へのトラックバック一覧です: 着付け教室レッスン(高等師範科第25回):

« 忙しい一週間 | トップページ | ザ・ロビー -ザ・ペニンシュラ東京- »