« 虹の人 | トップページ | Twitter用iアプリ Twittie »

2009/10/03

着付け教室レッスン(高等師範科第21回)

今日は、今月の一級きもの検定の試験に向けて、自分で着付ける練習。筆記試験なのだけど、面接もあり、着物を着ていかなきゃいけないのだ。装いの調和をチェックされるらしい。。。

自分の着物一式をもって、朝から東京へ。
朝、バタバタすると忘れ物をしそうなので、夜のうちにバッグにいれておいたけれど、駅に向かっている途中、帯揚げと帯締め入れた覚えがないー!あー(;;)

新幹線の時間もあるし、今日は、学校で借りることにしよっと。しかし、他にも忘れ物ないかしら?と、ひとつずつ思い返すと、衿芯を忘れてた。。。
試験の日は、気をつけないと。

試験日は、着た姿をチェックされるだけなので、腰紐はゴムのをつかったり、帯枕も改良帯枕を使ってよい。
改良帯枕を使ってお太鼓結び。しばらく普通の帯枕でひたすら練習していたので、すっかり使い方を忘れてしまっていた。先生に教えてもらいながら、再確認。なんとなく思い出してきた。
出来上がりを見たクラスメートが、「手結びのときと、ぜんぜん違うー!綺麗に出来てる」と。
_| ̄|○
後ろ姿が見えなくとも、想像に難くない…。前だって、違いは歴然。手結び、もうすこし綺麗に結べるようにならないと(^^;

改良帯枕、私が持ってるのは、少し違うけど、楽天市場とかでも、同じようなものが入手可能。これを使えば、帯をぎゅっと結ばず、折って固定するので、帯もシワにならないし、なにより背中に結び目がないのは、着ていて楽。出来上がりも、上のとおり、手結びより、断然きれいに仕上がるので、オススメ。
改良帯枕(下割姿)お太鼓が簡単に結べます

着終わった後は、墨流し染めの実演と展示会。実演見るのも3回目だー。クラスメイトに聞いたら、去年以来と言ってたから、名古屋で2回見たのかな。前はどんなのを着せてもらったっけ?全然覚えてない。。。

|

« 虹の人 | トップページ | Twitter用iアプリ Twittie »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

着付け教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/46384815

この記事へのトラックバック一覧です: 着付け教室レッスン(高等師範科第21回):

« 虹の人 | トップページ | Twitter用iアプリ Twittie »