« Twitterの小鳥を設置 | トップページ | 着付け教室レッスン(高等師範科第19回) »

2009/09/15

虹の出ている間に

朝から小雨が降ったりやんだりの天気。
夕方、同僚から「大きな虹が出ている」と聞く。今通っているプロジェクトルームには窓がない。たまたま外に出た人から、教えられた。

建物の裏口から外へ出て空を見上げる。
をを、ほんとに大きい!そして、おわんを伏せたような半円の虹。そして、半円を端から端まで眺めることができた。

さっそく、携帯で撮影。パシャと1枚撮影。あーん。大きすぎて全部入らないー。
しかも、夕暮れ時で光が足りず、撮影すると虹がはっきりと写らない。おぼろげに円の右半分がみえる?
20090915rainbow01

視線を感じて横を見る。白衣の男性一人。目が合った。
「僕もさっき同じことしました(笑)」他には誰も居ない。私に言ったんだよね?
「もう、少し薄くなってるみたいですね。さっきはもっと鮮やかだったって聞きました」
「そうですね。さっき撮影したのあげましょうか?赤外線で送れるんじゃないかな。」
なんて、気が利く人なんだ!スマートすぎる!それに、よく見ると、すごく感じよくていいじゃん!
「ほんとですかー?ありがとうございます~。」と、もちろん言うでしょう。
いやしかし、初対面の人と、こんなに携帯つき合わせて、赤外線通信するのも、滅多にあることじゃないなぁ。少しドキドキ(笑)

1回目、通信失敗。2回目は、受信は正常に完了したけれど、携帯の機種の違いからか、フォーマットが不正とエラーが出て、残念ながら私の携帯では見られず(;;)がっかり。
「ああ。せっかくなのに、ダメみたいです。こんなエラーが出ちゃいます。」
「そうなんだ。残念ですね。」
メールで送ってくださいとお願いしようかということも頭をよぎったけど、それはやめておいた。そうねー、私が10歳若かったら、確実に言ってただろうな。そして、アドレス聞いちゃう(笑)

そして。空を見上げると、虹は、もう半円ではなく、夕焼けにまぎれて消えかけていた。
「あー。もう無くなっちゃいましたねー。」
「ほんとだ。あっという間でしたね。」

虹も消え、そこに居る理由も無く、なんとなく惜しい気もしたけど、もう戻らねば。
「ありがとうございました。」
お礼を言い、ビルの中へ。
また会うことがあれば、挨拶ぐらいしよう。

ほんの数分。虹が出ている間だけの、素敵な一期一会。ドラマだったら、これが初回で始まりなんだけどねー(笑)

あの場所に通って、初めての楽しくてわくわくした出来事だった。
生きてりゃ、たまには、良いこともあるよね。

|

« Twitterの小鳥を設置 | トップページ | 着付け教室レッスン(高等師範科第19回) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なんてことだー^^じゅんこさんとしたことが、アドレス聞かなかったなんてー!

白衣の殿方にとっても、ワクワクな出来事だったかも。虹がキッカケなんて素敵じゃなーい!!
再会に期待だわん。

投稿: KYON | 2009/09/16 22:59

>KYONさん
いやいや。もう若くないからねぇ。そろそろ、引退(?)だねー。
一期一会を大切に、楽しむ心は忘れたくないものだけどね。


投稿: じゅんこ | 2009/09/17 23:27

なーに、男性も女性も生涯現役だよ~。sun

投稿: chan | 2009/09/18 15:48

少女漫画かドラマのような展開です。
思うに、患者さんや営業さん(MR)以外の人と話すのが貴重な機会なのだと思います。大学病院でスーツの女性(しかも美人!)って、まず見かけませんもの。
どんどん仲良くなって、ビジネスにもつなげてくださいっ(笑)

投稿: wani | 2009/09/18 19:54

ん。意外に反響あってうれしいかも。

>chanさん
ありがとうございます!いつも超笑顔なchanさんを思い出して、コメント読んだら、なんだか、前向きな気持ちになれます♪

>waniちゃん
そう、ほんとドラマみたいーって思ったわ。でも、私、老若男女人種問わず、知らない人に話しかけられる率が高い気がします。なので、ここまでいい話じゃないけど、小さな面白い経験はいろいろあり。

投稿: じゅんこ | 2009/09/19 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/46222472

この記事へのトラックバック一覧です: 虹の出ている間に:

« Twitterの小鳥を設置 | トップページ | 着付け教室レッスン(高等師範科第19回) »