« キーボードパーツ交換 | トップページ | グルガオン(インド料理)@銀座 »

2009/08/25

アンリ・シャルパンティエ サロン・ド・テ

これも、ずいぶん前の東京編。日本橋高島屋の地下にあるアンリ・シャルパンティエのティーサロン。

アンリ・シャルパンティエのクレープ三部作とかって書いてあった中から、一番シンプルな、クレープ・シュゼット1,545円をいただいた。
クレープをコアントロー バター、オレンジジュースのソースで煮からめたものらしい。

注文して、しばらくすると、フロアスタッフさんが、グランマルニエのビンを持って、「仕上げに、このリキュールでフランベいたしますので、よろしかったらご覧ください」と。最後の仕上げは、厨房ではなく、レストラン席から見えるコンロで調理するとのこと。

そして、パフォーマンス(?)の始まり。
ブランデーグラスに、、グランマルニエを50ccぐらいかな。結構な量を注ぐ。
グラスをコンロの炎にかざして、火を入れて2回アルコールを飛ばす。その後、クレープの入ったパンに、注ぎいれて、さらにフランベ。
しばらくソースを少し煮詰めて出来上がり。見てるのも楽しいけど、ちょっと心配で緊張する(笑)
20090616henri01
運ばれてきた。超シンプルだけど、この照りが、食欲をそそる。
口に入れると、オレンジの風味いっぱい。爽やかだけど、グランマルニエの苦味が利いて、結構ビターな大人の味。甘さはそれほどなくて、美味しい~。特に私は柑橘系のちょっと苦味が好きなので、はまるー。
けど、これは見た目もシンプルで、甘くもなくスイーツって感じじゃないから、人によって好き嫌いが分かれそう。
20090616henri02
お値段は、はっきりいって高級。ドリンク代も含めると、贅沢しちゃった感たっぷり。
パフォーマンス含めて、たまには、こんな優雅なひとときも。
せっかくなら、銀座店に行っておけばよかったかな。今度機会があれば。

Henri Charpentier(アンリ・シャルパンティエ)
http://www.henri-charpentier.com/

|

« キーボードパーツ交換 | トップページ | グルガオン(インド料理)@銀座 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/45942920

この記事へのトラックバック一覧です: アンリ・シャルパンティエ サロン・ド・テ:

« キーボードパーツ交換 | トップページ | グルガオン(インド料理)@銀座 »