« Sony Aquarium 2009 -ソニービル- | トップページ | 学食な日々 »

2009/08/04

江戸小紋 極鮫(ごくざめ)

つぎなる散財報告。

とうとう、買ってしまった。本物の江戸小紋。茶色の極鮫(ごくざめ)。
練習用には、今までポリエステルの着物を使ってたのだけど、今回、初めて絹の着物を自分で購入。

着付けを始めたときから、最初に買うなら、江戸小紋と決めていて、しかも、やっぱり鮫小紋が好きだなーと。
出来上がりの反物ではなく、白生地から染めてもらっちゃいました。なんて、贅沢な~。

以前訪れた職人展で、100反近くはあるかと思うぐらいの江戸小紋の反物を、いろいろと見せてもらった。この時点では、いいのがあれば、という程度。
秋系の色が自分の肌に映えるので、茶色か、葡萄色の鮫小紋があればいいなと思っていたけど、コレだと思えるような色の鮫小紋がない。微妙に色がイメージと合わなくて。

こげ茶の子持ち鮫を薦められる。鮫小紋に、ところどころ星(白い点)が入っている。星がドットのようで、なんだかかわいらしい感じに見えて、私の好みとは違う。色はステキなんだけど…。

高い買い物だし、妥協は絶対にできないから、「色は良いけど、鮫がいいので…。」とお断り。
「もし柄が気に入らなくて、鮫がよければ、この色で染められますよ?」とのお言葉。工房の2代目の職人さんもいらして、「私が責任持って染めます」と力強く言ってくださった。

しかも、お値段は、染めてもらってもすでに出来上がってる反物と同じとのこと。というわけで、ここぞと購入。
20090725edokomon01
ちょっと地味という声もあるけど、長く着ることを考えたら、地味でいいのだー。
本物の江戸小紋だもの。江戸っ子風で、粋に渋く。チラっと見える八掛も、同じ色で染めてもらった毛万筋。
20090725edokomon02
一生物として大切にしますー。

一緒に名古屋帯も購入。新人の作家さんが描いた帯で、若々しくて爽やかな帯がステキ。柄の割にはお買い得だったかと。未来の大作家さんの作品を先取りだっ。

たくさんお買い物をしたので、顔ききの先生に、力強く値切っていただきました。とはいえ、こんな散財している場合ではない…(^^;
夏のボーナス払いで。おかげで今年の夏のセールでは、洋服も靴も、バッグも何も買ってません~。

今年は、自分の望むも望まないもかかわらず、支出が多い。むしろ望まずの支出ばかりなんて、やりきれない。ということで、散財の年とあきらめて、使うことにした!というか、これって開き直り?(^^;

松綱染工所
http://www.edokomon.com/

|

« Sony Aquarium 2009 -ソニービル- | トップページ | 学食な日々 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/45741027

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸小紋 極鮫(ごくざめ):

« Sony Aquarium 2009 -ソニービル- | トップページ | 学食な日々 »