« 七夕 | トップページ | 引越し »

2009/07/11

着付け教室レッスン(高等師範科第14回)

今日も留袖の着付けと、小紋にお太鼓を自分で着る練習。

今日は小物類は、自分の手持ちのもの使用。実際の試験では、自分のものを使う。
留袖は自分ではなく、相手に着せてもらうのだけど、留袖用の帯締めなんて、一度も使ったことがないので、手になじまないというか、硬くて結びにくそう。
ただでさえ、平帯締めは、丸に比べたら、結びにくいのに…。これで着付けてもらうのは申し訳ないと思ってしまった。何度か結んでやわらかくしよう。
帯揚げは扱いやすいと言ってもらえて、少しほっとする。

さて、お相手への留袖の着付けを、時間を計りつつ。結局、今日も20分程度かかってしまう。あと5分縮めなきゃ、試験に受からないよ~(;;)
長襦袢に衿芯を通すところが苦手なのは自覚しているけど、他にもどこで手間取っているのか、ちゃんと見極めなければ。

それから、自分で着る、小紋とお太鼓。こちらは、時間内の13分で出来た!
と思ったものの、帯のお太鼓が、しっかり帯締めで固定できておらず、だらんと垂れてしまった…(^^;
こりゃだめだー。
でも、こちらは明らかに帯の結びが課題。まだ手順を考えながら動いているので、もっと練習して、もう少し手早く確実に出来るようになれば、なんとかなりそう。

それと課外授業編。(新幹線移動中なので、あとで画像UP予定。)
夏用の涼しげなレース帯締めを手組みしましたー。銀座の教室では、夏の時期に、毎年あるらしいけど、私は初めて。
レース用の紐を学校で購入し、編み方を教えてもらい、ひたすら3時間あみあみあみあみ…。
20090711lace01
私は、初めて作ったので、一番シンプルな初心者向けの組み方で。グラデーションの紐を使ったので、それなりにいい感じの出来上がり。
端の飾りは、もともとセットになってたものを、先生がつけてくれて、綺麗に出来上がり♪
余った分で、キーホルダーまで作っていただきました~。

|

« 七夕 | トップページ | 引越し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

着付け教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/45602693

この記事へのトラックバック一覧です: 着付け教室レッスン(高等師範科第14回):

« 七夕 | トップページ | 引越し »