« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009/06/29

久しぶりの英会話@名古屋

もう数ヶ月、何かをする気力もなく、英会話をサボってしまっていたのだけど、もうそろそろ残レッスン数の消化期限が、かなりヤバ目になってきた。
好きなときに予約して行けばよいシステムなので、忙しかったり、気が向かなかったりすると、ついつい、さぼりぐせが…(^^;

名古屋に戻ることになったので、その報告も兼ねて、数ヶ月ぶりに名古屋の教室へ。
一番に報告したいインストラクターは2人いて、うち1人は予約がとれず。まぁ、教室に行けば、顔見られるかなぁ~と思い、予約は1レッスン。予約できたのは、私が提案した名前を、本当に自分の子供につけてくれたインストラクター。

レッスン開始のチャイムとともにブースに向かうと、遠くから私を見つけ、久しぶりの再開に、大げさにおどけて、笑顔で迎え入れてくれる。
こういうオーバーアクション、今日は久しぶりに会えて幸せだ~!なんて、言ってくれたりする西洋式の応対は、恥ずかしいけど、やっぱり嬉しい。いいなぁと思う。

名古屋に帰ってくることを報告。そして、数ヶ月ぶりで、しばらく会わなかった間の、お互いの近況報告などなど。結局レッスン時間全部それで終わってしまった(^^;
インストラクター側にも、大きな変化が。奥様が2人目をご懐妊したとのこと。
え~!!1人目の名前を一緒に考えてたレッスンが、ついこの間のような気がするのに。時の過ぎるのは早い。
インストラクターからすると、私の出張生活から、転勤、そして帰任、忙しい生活だけど、いろんな体験をして、excitingだそうだ。そして、一言。
Time flies.
ああ。ほんとうに、東京での生活は9ヶ月近く、長かったようで、あっという間だった。

レッスンが終わると、もう1人のお気に入りインストラクターが、私を見つけてブースに立ち寄ってくれた。再開の握手、そして名古屋に戻ってくることなどを伝える。

今回の異動の話を聞いて、2人とも私に同じ質問をした。
”It's good for you?” ”Are you happy?”
今回のChangeは、私にとって良いことか幸せかと。真面目に答えるなら、すごく重い質問だ…。
西洋での、こういう場合の常套句なのかしら?今回のことを報告した日本人で、そういう質問をされたことはないんだけど。
私は、思わず答えに詰まってしまった。だって「もちろん!」と勢い良く答える気分ではないから。もちろん、単に英会話の練習だと思えば、笑顔でそう答えてもよかったけど。この2人には、本音でいつも話してるから。
ちょっと微妙な表情で答えた私に、応援の言葉をくれた。
この2人のインストラクターは、私にとって、人生、仕事のアドバイザーだったり、カウンセラーだったり。ちょっとほっとできる。
英会話でほっとするって変かもしれないけど、まさに、癒し、そんな感覚…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/28

最初で最後のチーム食事会

東京の最終出勤となった、金曜日の夜、私が東京を離れることもあり、元チームメンバーで、最初で最後の食事会を開催。

最初で最後というのは、今まで一度も、チームで飲み会を開いたこともなかったから。確かに、数ヶ月も一緒のプロジェクトにいて、キックオフも、忘新年会さえもないというのは、かなり珍しいことではあるかも。

そんなこともあって、私のいたチームは、よく、半分冗談で、他チームから「チームメンバーの仲悪そう」なんていわれたりもしたけど(笑)
確かに、仕事中に議論することも多かったし、個性派ぞろいで不思議な雰囲気、活動も個別なことも多かったので、そういう風に見られるのも分からないではない。

でも、特に仲が悪かったわけでもなく、たまにはランチも一緒に行ってたり。飲み会が一度もないのは、確かに珍しいなぁと思いつつも、自分で企画するほどもなく(笑)
私も、お酒は年に数えるほどしか飲まないし、それほど気にも留めてなかった。

というわけで、最初で最後の『食事会』。
予想以上に、和気藹々といろんな話で盛り上がった。
女性同士では、最近はやりのロールケーキや、バームクーヘン(私は苦手分野なので、一方的に教えてもらっただけだけど(^^;)
個性派ぞろいだけあって、話題は幅広く。アフリカ、アマゾン、昆虫、植物と、なんだか不思議なマニアックな内容で盛り上がった。

このメンバーでこんなに仕事以外のことを話したのは初めてだなぁ~。
お互い、新しい発見もあって、楽しい会だった。最初で最後なのがちょっぴり残念。

このチームメンバーだけでなく、今回のプロジェクトで一緒に仕事をした人たちに、次に会えるのはいつなんだろう…。今回のメンバーの中で、私だけが名古屋から参画し、そしてプロジェクト解散とともに、東京を離れる。
同じ会社にいるとはいえ、なかなか会うことは難しいかもしれない。

もっと一期一会の思いを大切にすべきだったかな…。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/06/27

着付け教室レッスン(高等師範科第12回)

そろそろ余裕があるときは、試験を意識した練習をするとのこと。まだ、数ヶ月先とはいえ、制限時間を意識して練習することが重要。

まず自分で小紋にお太鼓(手結び)。試験では長着から13分で着なければいけない。だいたいの時間を計って着てみたところ、15分ぐらいかかった。
注意点や、自分の弱いところを確認しつつだったので、現時点の時間としては、まあまあじゃないかしら。
帯の手結びは後ろ手で結ぶので、久しぶりにやると手がすごくだるいし、攣りそう(^^;柔軟体操というか、ウォーミングアップも必要かも(笑)

次に留袖の着付け。試験では長襦袢から15分以内。
今日は、クラスメートがお休みだったので、スタン(ボディ)を相手に練習。こちらは、さすがに、まだ随分時間がかかる。
注意点も盛りだくさん。頭では理解してても、そのとおりに体が動かないし、キレイに仕上げるのは、さらに難しい。

少し自分でもよくなってきたと思えるのは、お太鼓結び。失敗も少なくなってきて、かなりキレイな形に出来るようになってきたし、どんなのがイイ形なのか、分かってきたので、少し失敗しても、後から手をいれるポイントもつかめてきた。
しかし、最近、外で、着物を着てる人を見ると、着方をチェックするだけでなく、着崩れてるのを見ると、気になって直したくなってしまうー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/26

King of Pop

朝一のニュースで、マイケル・ジャクソンの訃報。

大ファンというわけではなかったけど、大好きなマドンナとともに、青春時代、まさにリアルタイムで一番聴いたアーティスト。

マイケル・ジャクソンがライオネル・リッチーとともに作った、We Are The World(ウィ・アー・ザ・ワールド)は、高校のときに、合唱コンクールで歌った曲。

私は、邦楽より洋楽だったから、ニュースの中で流れる曲とそのPVは、とても懐かしく、あれからもうそんなに時が経ってしまったんだなぁと、何かが終わってしまった感じがして悲しい。

The end of one era...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来週から名古屋

20090625ajisai01

少し前に、超ネガティブな記事にて少し予告してましたが…。
来週月曜日から、名古屋の事業所に戻ってお仕事することになりました。

いろんな調整ごとのなかで、やりきれないことも多くて、あいかわらず鬱々してしまうので、あまり深く考えないようにしようかと。

さて。今後の予定としては。
今週半ばに、会社で正式な赴任の承認が降りたばかりなので、転居関係の手続きとかはこれから。一旦名古屋で仕事に入ってから、特別休暇&週末などを使って、引越し予定。
とりあえず、新しい部屋を名古屋で探す時間もないし、実家に移動。
退室予定日までには、3週間程度の猶予はあるけど、やはり出張を伴いつつなので、ちょっとハードそう。しっかり計画しなければ。

そのうち食事でもしたいねと、連絡しつつも、まだしばらく東京に居るだろうと思っていて、結局、会合できなかった皆様ごめんなさいm(_'_)m

しかし、引越しはしてしまうものの、着付けレッスンは今のコースが終わるまで続けることになるので、当面の間は、週末は東京通い。
不安だけど、挫折しないように頑張らねば。。。

週末にお時間ある方は、お食事でもお付き合いくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/25

利益確定 -(株)GABA 【マザーズ:2133】-

こんなことしてる場合じゃないんだけど…。こういうときこそ、投資で気を紛らわせる。逃げの姿勢(笑)

昨年仕込んでいた銘柄の一つ。
6月末の権利落ちにて、即売却。一時は株価が下がってやきもきしたけど、ここ1ヶ月で、ぐんと戻して、株主優待もGETして、みごと利益確定♪

ちなみに、去年仕込んだ3銘柄のうち、GABA以外の残りの2銘柄は、プラス1、マイナス1。残りの2銘柄は、もう少しタイミングを見はからってから判断の予定。マイナスのも、上がると読んでるんだけど、かなり気長に待たないと無理かなぁ~。

これ以外の銘柄についても、回復の見込みなしのものは、損が圧縮してきたこの辺で、そろそろ整理のタイミングかな。
プラスが出たときに、損キリすると、相殺されて、心理的にも少し気が楽(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/20

着付け教室レッスン(高等師範科第11回)

皆様、ありがとうございます。

今日のレッスンは、留袖の着付け、再び。仕上げに末広(扇子)をさすまでの、フルコース。

また、衿芯がない場合に、紙で代用する方法をお勉強。
半紙を3枚を使って、それぞれ中心用、左右それぞれの衿用の芯を作る。今日は、実際にこの紙の衿芯で、着付けをした。着付けてるときは、カサカサして折れてしまいそうで扱いにくいけど、出来上がりには問題なし。

留袖は、既婚女性の正礼装なので、衣紋はしっかり目に抜く。抜きすぎるとだらしなく見えるので、微妙な加減が必要だけど。
(ベルトをしてしまった後に、衣紋をもう少ししっかり抜くときは、衿を鎖骨の上あたりの位置で持って真上に引き上げた後、背中側で衿を引いて、整える。)

裾の合わせ方は、今日は、先生にしっかり見てもらった。
脇のところで、下前(内側に巻くほう)の裾を引き上げて巻き込むのだけど、どうやら、私は、その量が足りなかったらしい。10cm弱という感覚だったけど、15cmぐらい上げる。意外に多いなぁと思ったけど、実際、裾つぼまりで、すっきりキレイに見える。

留袖の場合は、袖紋、抱き紋は左右対称になるように、そして、紋がキレイに見えるように、確かめつつ着る。

最後に、末広を金色の面が見えるように、左の胸元(衿の延長線上の位置)に、3cmぐらい見えるように帯(帯板を帯の下にしている場合は、その内側)にさして出来上がり。

一つ覚えると一つ忘れそうなぐらい、いろいろと覚えることいっぱいだ…。
今のところ、頭で考えながらなので、つい手元が止まってしまう。ちゃんと体が自然に動くぐらいにならないとなぁ。

備忘。
帯締めは、色が違ったり、模様や、金糸銀糸などが入っている場合は、濃い色、模様、金糸が左側にくるように締めること。
熨斗と同じと覚えるように。といわれたけど、熨斗自体、思い浮かばないけど(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/18

大人気なく、女々しく

まったく大人気なく、女々しく、愚痴ります。

近いうちに名古屋に戻ることになりました。

いやはや、会社って怖いですね~。
第一報の時点では、あまりに急なので、プライベートのことも考えると、しばらく東京継続を希望。ところが週末に向けて、何度も電話。改めて押し問答。有無を言わせぬ(私が言えないだけか?)説得モード。

そして、今朝方、今の仕事は明日までってとの連絡。つか、明日までっすか…!?
はぁあああああああ~~~?
一応、今の仕事、ひと段落するまでは、みんなとともに見届けたかったのに。こんな急に私だけ飛ばされるなんて(;;)

今回は、東京に来るときも、帰るときも、すぐには納得できない状況となってしまった。
首尾一貫してない私が悪い?だけど、東京で生活をして行くって、気持ち切り替える努力が必要だったんだよー。

確かに、最初は引越しまでしての東京での仕事はプライベートが成り立たないことになり、とても困ったし、将来的には名古屋に帰らなければならないと思ってた。
けど。しばらく東京に居ることになり、気持ちも切り替えようと努力もしたし、生活基盤作りをしようと、プライベートの調整ごと、それに習い事とかも、手続きとかしたんじゃん?
明日までって、急すぎでしょー。
数週間前に、夏物もってきたばっかりなんだけどー?
あほらしー。いったいなんだったんだー。

東京の仕事も、次の仕事だって、嫌ってわけじゃない。ただ、私自身の生活ってものも、もう少し、配慮してくれってこと。予定をたてられる猶予をくれって感じ。

仕事と生活は結局はトレードオフの関係か?

気持ちを切り替えて、次に向かわなきゃいけないけど、また立ち直るのにしばらく時間がかかりそう。。。

でも、きっと、私がすべて悪いんだ。世渡りも、コミュニケーションも下手なんだろう。
自分なりの教訓。
「条件」付きでYESと答えた場合、「条件」は、いつの間にか、都合よく、なくなる可能性大。
条件をつけるくらいなら、とにかく、はっきりNOと答えてみよう。外資系だし。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009/06/13

着付け教室レッスン(高等師範科第10回)

愚痴ばかりになりそうなので、ちょっと休憩したいなーと思ったけど。
何年ぶりの超久しぶりの友達からのコメント。少しテンションもあがり、簡単にレッスン記録ぐらいは書いておこうかと。
それにしても、すごいタイミングで救われるなぁ…。感謝。

今日は、留袖に手結びの二重太鼓の練習。
留袖は久しぶり。留袖は比翼仕立て(下に白い着物を二枚着ているようにみせるために、一部二重重ねになってる)て、重いし難しいんだよなぁ…。
このコースの終わりの試験では、留袖の着付けもあるので、練習が必要なんだけど。

毎度のことながら、裾合わせは、今日も一発ではきめられない。すそ広がりになってしまうので、一度、腰紐をとめた後に下前、上前を引いて調整。
衿元も難しい。半衿は広めに見せて、比翼衿は5ミリ程度見せる。だらしなくならないように、決めるのが微妙で難しい。

それと、動き回っても着崩れしない着方が、今後の課題。
腰紐が揺るんでしまい、裾がずるずる。衿元もどんどん閉じて半衿みえなくなったり、ゆがんでたり…。先生にコツを聞かなきゃ。

展示会メモ
今日は、唐織の作家の七代目清左衛門先生の展示会。
使う絹糸の繭は、原種で普通の繭よりも小さい。そこから作られる糸は、通常の糸の1/3の細さの1デニール。某高級ブランドのスカーフに使われているのと同じだそうだ。実際のいとも見せてもらったけど、ホントに細さも全然違ってる。生地の手触りが違うそーだけど、私には、まだまだ、そこまで分からない(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009/06/11

健康診断 2009

今年は、東京で健康診断をうけた。大きな事業所なので、会社の健診センターがすぐ側にあり、なかなか設備が整っていて、さすがだと感心。

検査
受診カードは、ICチップ入り(?使い方を見るとおそらく)で、それを携帯端末にかざすと、端末の画面に、私のカルテが表示される。検査室では、カードリーダーに乗せて読み取り、PCモニターに表示。

身 長、体重は、計測器に乗ると、測定されたデータが携帯端末に送られる。画面には、前年度の結果と並んで、今回結果が表示され、その場で、看護士さんが、 「問題ないですね」と確認。とはいえ、自動連携しているのは、このぐらいで、あとは、受診する検査メニューの確認とか、本人確認とかに使っていた程度だっ たけど。あとは、データを手入力していたっぽい。

採血。今年は、看護士さんの腕がよかったのか、注射針がよくなってるのか不明だけど、ほとんど痛みも余計な出血もなし。おかげで、余裕をもって観察することができた。
採血には、3本の採血管。うち2本は、管の中に散剤っぽいものが少し入っている。知らなかった、採血管って空で、真空だと思ってた。
もう1本は、乳白色のゲル状のものが底に入ってる。血が入っても、すぐに混ざっていなかった様子。あの粉とゲルはいったい、どんな薬剤なんだろう。

まぁ、このほか一通りいろいろな検査。

結果
視力は、裸眼で測ってもらったけど、やっぱり完全に日常生活にメガネはいらない。まぁ、伊達めがね同然だ。

体重。今まで、ほとんど体重増減がなかったけれど、思った以上に減ってしまった…。かなりショック。
原因はいくつも考えられるけど…。私にしては、最近食欲不振。食事量が不足してるし、いつも鬱々してるから?いずれにせよ、よくない兆候だ。

健康診断終わったあとは仕事。なんか疲れて、行きたくない気持ちいっぱいだったけど。

あー。もー、疲れた。
いろんなことを割り切って、やっと決断して、新たに頑張ろうと歩きだしたのに、また変な横波が立ってきた。タイミング悪すぎ。急に言われても、そんなに簡単にターンできない。気持ち切り替えられなくて、ひたすら迷いあり。
自分を抑えて、大人ぶって、外面よく振舞ったり、元気ぶるのも、気晴らしにと活動するのも、反動がきつくなってきたので、しばし休憩。

いい年して、また人生考えマス。
「なんか、いろんなことを深刻に考えすぎ。」って、言われた。確かに、年をとるごとにその傾向強いかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/09

茶・銀座(抹茶)

今回は3階の喫茶で抹茶をいただいた。また土曜日にもかかわらず、2階も3階も結構空いていた。私の入店タイミング、いつも良いらしい。
スタッフの方によると、昼過ぎからが込み合うとのことで、ランチタイムは比較的ゆっくりできるとのこと。確かに私が出るころには、続々と客が増えていた。

お抹茶セットも500円。
最初にお水。
20090606chaginza01
そして、濃茶の抹茶。照りのある、どろどろのお抹茶。
20090606chaginza02
しかし濃茶って、どこまで頑張って飲んでよいのかしら?すごくどろっとしてるから、茶碗に残っちゃうでしょ?
苦味は少なく、お茶の風味を美味しく味わっていただく。
20090606chaginza03
お野菜の砂糖漬け!見た目がおもしろーい。お味は、人参は特徴が残ってたけど、なすとレンコンは、特にくせもなく、お砂糖菓子って感じ。ちょっとあまーい。
20090606chaginza04
最後にお薄。ちょっとほっとする。こちらも苦味が少ないのは、点て方がよいのか、お茶がよいのかしら?

3階は、天井から光をとりいれて、明るくすっきりとした空間。
20090606chaginza05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/08

粋な江戸の100手拭い@日本橋三越

週末、外出ついでに日本橋三越に立ち寄ったところ、手ぬぐいの面白そうなイベント。

手ぬぐい100種類!古典柄、歌舞伎関連柄から、イマドキ風なものまで、色も様々。見てると、どれもこれも、ステキで欲しくなってしまう。
でも、手ぬぐいだからなぁ~、そんなに使わないよなぁ。と思いつつ、つい購入。
他では買えなさそうな、いかにも手ぬぐいって感じとは違う柄を2枚購入。

瓢箪(ひょうたん)
色合いが、ちょっと渋くて、いい感じ。

【戸田屋】手ぬぐい 瓢箪(小)

シャボン玉
ぼかし染めの感じが、爽やかで可愛いい。

【戸田屋】手ぬぐい シャボン玉(ボカシ染)

ラッキーなことに、イベントで東京本染めの職人さんが実際に、手拭いを染める実演の時間だったらしく、目の前で染付けを見ることができた。

手拭い生地の、真っ白な布の上に型紙を固定し、防染糊を薄く均一にのせる。これをどんどん繰り返し重ねていって、本来は30~40枚を重ねるそうだ。イベント用なので、15枚程度と言っていた。
防染糊を乗せた15枚重ねになった布を、今度は染めるための台に乗せて、2色で染めるため、その境界にさらに防染糊で土手を作る。その中に、じょうろで染料を流し込む。台はコンプレッサーで下から染料を吸い取るようになっている。一瞬にして、染料が吸い込まれる。合成染料なので、すぐに吸い取っても、きれいに染め上がるそうだ。この注染めだと、染料が生地を通り抜けるので、表も裏も、同じように色が入る。
その場で染め上がった手ぬぐいを、1枚ずつ剥がして、防染糊と染料がついたまま即売。水洗いすればキレイに染め上がった手拭になるとのこと。面白い、買いだわ。

そして、これが防染糊つきの状態。
20090606tenugui01
普通に水洗いしたたけで、防染糊はキレイに落ちて、真っ白な生地に染められた柄がくっきり。
20090606tenugui02

エコチャリティキャンペーン 粋な江戸の100手拭い|日本橋三越本店
http://www.mitsukoshi.co.jp/store/1010/tenugui/index.html

手ぬぐい・ゆかたの梨園染 戸田屋商店
http://www.rienzome.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/07

サーフィン@茨城

今年、初サーフィン♪

昔の波乗り友の同僚が、週末に波乗りに行くと言うので、ウェットも持ってきたことだし、さっそく「連れてって」とお願いした。
友達と一緒に仕事している、同僚でサーファーの方もご一緒した。ボードはこの方からお借りして乗ることに。

前日の夜、超真剣サーファーの友から、「3時半ごろ迎えにいくから準備してて。」とTEL。
うぅ。久々の早朝サーフィン…。やっぱ気合はいってるなぁ(^^;(自分で行くときは、ゆっくり、5時ぐら出発なので)結局ほとんど眠らずに出発。

茨城に到着して、海沿いの道から波をチェックすると、結構波が高い。クローズのポイントもあり、ほどほど入れそうなポイントは、人が集中していてかなり混雑。
入ったポイントも、ピーク時は100人ぐらいは余裕で居たかと。

今年初の波乗りは、散々(笑)
サイズは肩ぐらいだけど、セットが入ると、かなり本数がまとまってきて、かなりコンディションがハード。
感覚は、それなりに思い出して、波に置いてかれるというのは少なかったけど、腕力の低下が問題。とにかく、テイクオフできない。起き上がろうとしても、足が前に出ないのだ。沖には到底出られず、岸近くのブレイクで、何度もテイクオフの練習。
結局、バランスを崩して、波に巻かれたり、上体を起こすも、立ち上がれずボディボード状態で、岸へ(^^;
並みに巻かれて、顔も擦ってしまったし(^^;

何度も休憩しつつ、3時間。もうヘロヘロ。手に力が入らなくて、セミドライを脱ぐのにも手間取った。腕も帰りに既に筋肉痛。

ハードだったけど、やっぱり海は楽しいし、水に浸かってる間は、嫌なことも忘れるし、いいリフレッシュ。
しかし、疲れた~。ねむ~い。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009/06/06

着付け教室レッスン(高等師範科第9回)

座学は、和服地の繊維(絹)について。繊維構造だとか、特徴、性質とか…。

その後、着付け。
付け下げに、袋帯で京文庫という変わり結び。この京文庫も、若い人向けの結び方。
「もっと若いころに着付け習いはじめてればねぇ。自分に結びたいよね。」とクラスメイトが言っていたが、本当に。いろんな変わり結びを習うけど、華やかな帯結びは、ほとんど若い人向けで、実際に結ぶ機会がない。職業にすれば、人に結ぶこともあるでしょうけど。

着付けは、相変わらず、気になる部分ばかり。裾合わせが、上手く決まらず、腰紐もモス紐を使うため、緩んでしまい、3回もやりなおした。

綺麗に上手く着付けるの、スピードはトレードオフだけど、高等師範科にもなると、さすがに、今まで以上に両方を求められる。私はどちらかというと、細かいことが気になって、手が遅いので、試験までには、もっと練習して、スピードアップしなければ。

京文庫。本来は、もう少し、下の羽根が大きくなったほうがよいのだけど、帯の長さ調整を失敗して、小ぢんまり(笑)
まぁ、変わり結びは、まずは形と結び方を覚えて、あとは必要になったときに、都度練習という感じかな。
20090606kyobunko01

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/06/05

『ホタルを通して環境を考える』展 2009

この人生で初めて、リアルでホタルを観賞。まぁ、自然のではなく都会のビルに作られた、小さなブースの中だったけど。

かなり大人になるまで、ホタルって、すっごい水のきれいな清流があるような場所に行かないと見られないと思っていた。
子供のころから、住んできた場所は、身近にホタルがいるようなところではなかったから。一生に一度ぐらいは観れたらいいな、ぐらいに思ってた。

大人になって、人工飼育などで、都会でも観賞できる場所があると知り、まずは、そういう場所でもよいので、観にいきたいなとおもっていたけど、なかなかタイミングを逃して、実現せず。
そして今週、新聞で新宿でホタルを観られるという、このイベントを知って、どーしても観たくて、会社帰りに1人で行ってきた。

ビルの1階に、小さなホタル観賞のブース。10人も入れば、いっぱいの小さな暗室。
中に入ると、ほとんど真っ暗。目が少し暗さになれてくると、点々と黄緑の光が見えてきた。

これが、ホタルの光?
明るく鮮明な黄緑の光。もっと白っぽい色を想像していた。
ずっと見ていると、光りは強くなったり、弱くなったりを繰り返す。あぁ、これがホタルの光の点滅なんだぁ…。
そして、飛んだ!ほんとに、ほんとに本物だー!!!

夜9時まで観られるので、また観にいこう。つか、時間がなくて、ホタルだけで「環境を考える」の部分、ちゃんと見てこなかった(^^;
イベントは、新宿野村ビル1Fのエントランスにて、6月19日まで開催中。

いつか、自然の中で飛び交うホタルを観たいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/04

そんなに早く走れない

今のプロジェクト、一時期は、超忙しくて寝不足続きで倒れそうだったけど、今はそれもそれほどでもなく。それより、当初からずっと思ってるのは、私はそんなに走るの早くないし、頑張っても走れないーってこと。

今、一緒にお仕事している人たちは、すごく優秀で尊敬してしまう。現に、社内外で、いろいろと活躍されているようす。そういう人たちと、一緒に仕事するのは、とてもよい貴重な経験だし、学ぶべきことがいっぱいあるのは確か。
だけど、実際に仕事してみると、私には、一般人が、オリンピック選手に混じってマラソンするぐらいのギャップを感じる。そんなことしたら倒れるー。

考えてることも、そのスピードも、あまりにギャップがありすぎる。私は何を間違って、こんなとこに来ちゃったのかと思うぐらい、どうやらステージが違う。

ミーティングでは、理解しようと考えている間に、どんどん話が先に進んでしまい、かなりついていけなくて、すっかり沈黙してしまったり。時間があるときは、わかるまで質問して、理解することも可能だけど、場合によってはそうはいかず、先に手を動かすことが必要となってしまったり。

話すときは、論理的に矛盾がなく、そこには曖昧さが残ってはいけなくて、ちゃんと根拠があり、理由付けがなされて説明できなきゃ、いろいろつっこみがはいったり。
なぜ、それが必要なのか、何の目的で、そこにどんな価値があるのか、どんな価値を創出できるのか…。

正直、今まで感覚で動いてたり、慣習でそれが普通と思ってたことに、そんな説明を求められるというのは、結構キツイ。
まぁ、私自身が、いかに考えてないかということに気づかされたわけだ。それでも、そんなに困らなかったからなぁ・・・。だから、ダメなのかもしれないけど。
前向きに言うと、そういうことを考える習慣が必要だと、気づけただけでも成果だろうか。
でも、人は、自分のダメさ加減を認めるのはつらい。日々なぜそう思うか、なんのためにそうするのかって、聞かれるというのも、ちょっとヘコむね。
だけど、仕事、立ち止まらず、遅くても走り続けて、前には進まなきゃいけない。

これだけ、日々鍛えられれば、少しは私も成長してるかもしれないけど、あまり実感はなし。
どちらかというと感覚的で、ひらめきで行動する私には、この職業向いてないかもーと、この年になって、いまさら改めて思ってしまった。

…最近、論理的思考の本がよく売れているみたいだけど、ああいうのって、やっぱり出来る人は出来るんだなぁ。でもって、やはり、マインドマップ利用率もかなり高いようす。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/06/03

MARKS&WEB / マークスアンドウェブのキッチンリキッドソープ

あたりまえだけど、食器洗いは一人分で、もちろん手洗い。普段は、ヤシノミ洗剤スーパーを愛用。
今回は、ちょっと同じ自然派で見た目もシンプルで、香りもよさそうなMARKS&WEB(マークスアンドウェブ)を購入してみた。
20090603dishsoap01
MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)のキッチンリキッドソープ オレンジ 250mL。合成洗剤無添加。

決め細やかな泡立ちで、泡切れは抜群に早くて、驚き。手荒れもないし、もちろん使用後の肌の違和感もなし。
ただし、油ものの汚れ落ちは、合成洗剤に比べると劣るので、キッチンペーパーなどで、ある程度油をふき取ってから使わないと、落ちにくい…。

私は肌は強い方だけど、やっぱり強力な合成洗剤を使うと、使用後は、指先の皮膚がつるつるになって気持ち悪いので、なるべく肌荒れの少なそうなものを選ぶようにしている。
それと、本当にどのぐらい良いのかは、わからないけど、環境に少しでも優しいものをとの思いもあって。

でも、やっぱり、合成洗剤ものも常備していて、イザというときには登場。さすがに汚れ落ちはすごい。

MARKS&WEB / マークスアンドウェブ
http://www.marksandweb.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/02

更衣(ころもがえ)

6月になり更衣の時期。
着物も、袷(あわせ)の着物から、裏地のない単衣(ひとえ)に。

洋服も夏物に、と言いたいところだけど、東京は少し気温が低いままなので、先週と変わらず。

週末に、名古屋に帰り、夏物をダンボール詰めして東京に宅急便で送った。
夏物はそれほどかさばらないからと思っていたものの、夏の靴も送らなきゃと思って、つめ始めると、予想以上の量。あっという間に、大きなダンボールはいっぱいに。
あの狭い東京の部屋のどこに収納できるんだろうか?(^^;と思いつつ、とりあえず、どんどん詰め込む。

それから♪
先週の金曜日に昔のサーフ仲間から、「そろそろあったかくなってきたし、海に行こうよー。板は貸すからさ。」とのお誘い。今回の東京生活では、車は名古屋に置いたままなので、そう簡単には海にもいけないなぁと思っていたので、とても嬉しい。
というわけで、ウェットスーツ(セミドライ、シーガル、スプリング)、着替え用のタオル地ポンチョと、ビーチタオル、それに、水着も。
夏物衣類より、サーフィン用の一式の方が、ものが多いんだけど?(^^;
こちらの箱詰めは、ウキウキ♪

しかし、ホントに収納場所がないー。困った…。
冬物は、名古屋に送り返すかな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/01

金投資 一部売却

有事の金ということで、人気がでて、価格が上がっているようす。
少し前には、金のコインの生産が追いつかず、店頭でコインが買えないとか、販売量制限だとかのニュースを聞いたし。

とりあえず、金の価格があがっているうちに、一旦利益確定売りすることに。まだまだ上がるかもしれないけど、欲はかかない。とりあえず、ネットで売り注文を出す。

金投資と言っても、投機ではなく(金投資って言うと、まだまだイメージよくないんだよねぇ…)、もう5年以上続けている、コツコツ定額積み立ての、ドル・コスト平均法。
手元の金の平均取得単価は1gあたり2,300円。現在の買い取り価格が3,000円程度なので、+30%の利益♪
といえ、そんなにたくさん保有してるわけじゃないので、小遣い程度。
今のうち、利益のでるところで現金化して、低リスク資産にシフトしようかと。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »