« 七條甘春堂の桜餅 | トップページ | MOTHER LEAF(マザーリーフ)@東銀座 »

2009/04/13

着物の帯揚げ 関東風

着付け教室は、高等師範科になったのを区切りに、名古屋から東京に転校して、銀座通っている。

先日のレッスンのときに、先生といろいろ話していたところ、
「名古屋では、帯揚げはどういう感じ?」との質問。聞かれた意味がわからず聞き返すと、
「東京の方では、帯揚げを見せないのが粋なのよ。名古屋は、どのぐらい見せるの?」と。
そんな違いがあるとは思ってないので、今までの名古屋の普通が、どの程度なのか、わからないー。

そこで、その場に居らした先生方の帯揚げを見ると、皆、確かに、横からは全く見えないほど、帯に押し込んでいる。近くで初めて、上からチラッと見える程度。
確かに名古屋とは違う気が。あまり見せすぎるのは、かっこよくないらしいけど、ラインがすーっと見える程度にしていたと思う。

へー。おもしろいなぁ。
地域によって、着方が違うことがあるとは、座学でも話を聞いていたけれど、こうやって目の当たりにすると、違いがよくわかるし、頭にも残る。
同じ着付け教室で、名古屋と東京で、レッスンを受ける機会に恵まれたのは、本当によい経験になるかも。色合いや、コーディネートなども、地域性があるらしいので、そういう違いなども、理解しつつ、自分のスタイルを決めていけるといいなぁ。

なにより、せっかく銀座で着付けを習うんだもの!
粋な着方、装いを身に付けたいな~。

|

« 七條甘春堂の桜餅 | トップページ | MOTHER LEAF(マザーリーフ)@東銀座 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

式場で2回着付けてもらったけれど「若い人だから派手にしなきゃ!」って言われて、帯揚げびょろんと出されました。帯と着物の隙間が見えなくなるぐらい。東京だと「野暮だわ」ってなっちゃうんですね。知らなかったー。
銀座で着付けって、ステキです。

投稿: wani | 2009/04/14 13:13

>waniちゃん
説明不足だったかもしれないけど、もしかしてwaniちゃんが着たのは、振袖に絞りの帯揚げとかでは?
だとすれば、絞りの帯揚げは結ぶのではなく、ふわっと、上にかける感じになるので、さすがに東京でも、見せるんじゃないかなぁと思います。
その辺も、聞いてみなくっちゃ。

投稿: じゅんこ | 2009/04/14 23:58

おお。そうなのですか。
確か着たのは振り袖だったのを訪問着にリメイクしたものと、絞りの帯揚げでした。
普通の帯揚げも持って行ったのですが「地味だ」と却下され・・・。
勉強になります!
モスの紅茶のお店もいいですね。

投稿: wani | 2009/04/15 09:22

>waniちゃん
モスの紅茶のお店、マザーリーフは、名古屋にも一応上小田井にあるようです。なぜ上小田井?って感じだけど(笑)
これからも、東京の紅茶&お茶のお店探して、いろいろ行ってみたいと思ってます。

投稿: じゅんこ | 2009/04/17 00:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/44653531

この記事へのトラックバック一覧です: 着物の帯揚げ 関東風:

« 七條甘春堂の桜餅 | トップページ | MOTHER LEAF(マザーリーフ)@東銀座 »