« 紅茶三昧 | トップページ | 七條甘春堂の桜餅 »

2009/04/11

着付け教室レッスン(高等師範科第2回)

先週は週末に用事があり、平日に振替えレッスンを受けたので、今週、初めて正式に、土曜日のレッスンに参加。

そして早速、東京で初の勉強会。今日、紹介されたのは、雑誌の『美しいキモノ』に、よく紹介されている作家さんとのこと。
普通の日本の蚕の生糸ではなくて、インドのゴールデンムガとか言われる金色の糸を使ったもので、素材の色やつや感を生かした柔らかい色合いの美しいものや、エスニックなデザインや刺繍をとりいれて素朴でかわいらしい雰囲気の作品があって、とってもステキ。色合いも、好みの作品が多くて、今回は、かなり購入したいと思う着物、帯がたくさん。けど、高いから、まだまだ買えないけど、とってもワクワクして、これぞまさしく目の保養。

さて。今日のレッスンは、織りの着物を紐(ゴムひもではなく)を使って、相手着付けの練習。研究科でも何度か練習しているけど、更に「徹底研究」のレッスンである。
先生が変わったからか、高等師範科だからか、かなりのスピード感で、しかも、一つ一つのポイントを決めて(先生のチェックがいっぱい入る)、着付けていく。

新しい教室で初めての着付けだったので、緊張感があったからかなー。自分でも驚くぐらい今日は上手くできて、先生にもほめられたので、嬉しい♪

高等師範科で受ける1級の試験はかなり厳しいようなので、気持ちを引き締めて技術を磨かねば。

|

« 紅茶三昧 | トップページ | 七條甘春堂の桜餅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

着付け教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/44640867

この記事へのトラックバック一覧です: 着付け教室レッスン(高等師範科第2回):

« 紅茶三昧 | トップページ | 七條甘春堂の桜餅 »