« ある日のハプニング(その2) | トップページ | アイスランドポピー »

2009/03/06

昔、九十九里で波乗りをいたころのサーフィン仲間。音信不通の数年のうちに、お互い知らないで同じグループ会社に転職し、同僚になっていたことが1年前に判明
それだけでも、すごい不思議なことが起こるものだと思ってたけど、奇しくも、私の転居と時同じくして、友達も東京に転勤になって戻ってきた。もちろん所属ビルも同じ。驚いたし、ほんとに嬉しかった。
というわけで、今年に入ってからは、リアルで何度か顔をあわせる機会が♪

先日、ビル内の社員用カフェテリアで、仕事と社内手続きの真面目な打ち合わせをした後、一緒に食事に行こうと、オフィスビルの1Fロビーで待ち合わせた。
ロビーで合流し、一緒にビルから出たとき、友達が「こうやって、仕事して同じオフィスから出てくるって不思議な感覚だね。当時一緒に波乗りしてたときには、こんなことがあるなんて、思いもよらなかったよね。」としみじみと言った。「あたりまえじゃん!」と、笑って答えたけど、確かに同じ思い。感慨深い。

会社から一緒に帰るのは今回初めてだったし、そもそも、過去の波乗りの付き合いでは、いつもカジュアルウェアだったので、2人ともスーツ姿って変な感じ。会社の人の私服を見て、違和感を感じるのと逆のケース(笑)

もともと仕事とは離れた知り合いだから、普段はくだけた口調で話すけど、会社ではさすがに周りに少し気を遣って、さん付けで呼んだりとか、ちょっと微妙に丁寧な言葉つかってみたりすると、妙な感じで、自分でも戸惑う(笑)。いつもどおりニックネームで呼び合うのも、恥ずかしすぎる、ぜったいNG(^^;

とはいえ、話の中で「友達」じゃなくって「同僚」と表現すると、少しムクれて「友達でしょ」と言ってくれたりするのが、ちょっと嬉しかったりする(笑)

仕事の話を離れると、話題は、当時みんなで一緒に海に行った思い出話や、波乗りのこと。最近は、私は、ほとんど波乗りしてないし、自分の波乗り話題はないけど、平日に海のことを話せる相手がいるって、ワクワクするし楽しいなぁって実感(笑)
今年は、少しは多く海に行きたいな。

I've never expected to see him again. It's amazing that we met again, actually.

|

« ある日のハプニング(その2) | トップページ | アイスランドポピー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/44255596

この記事へのトラックバック一覧です: :

« ある日のハプニング(その2) | トップページ | アイスランドポピー »