« ある日のハプニング(その1) | トップページ | 縁 »

2009/03/05

ある日のハプニング(その2)

件の痴話げんかカップルと反対側のテーブルには、外国人2人組。外国人御用達のホテルが近いこともあるせいか、外国人率が高く、他にも数組。

このお店は、握り寿司など単品のオーダーは、オーダーシートに個数を記入して注文する仕組み。私たちも、さっそく注文をシートに記入し、店員さんに渡す。しばらくして、お寿司が大きな寿司下駄にのって出てきた。

それを見た隣のテーブルの外国人2人、それぞれ1人前用のお寿司を食べていたが、自分たちも真似て単品をオーダーしてみようと思ったらしい。メニューと、オーダーシートを見くらべて、なにやらいろいろと話している。が、何か困っているようす…?

話してるのが英語じゃない(後で聞いたら、ドイツ人だった)ので、かなり躊躇したけど、思い切って声をかけた。もちろんドイツ語はわからないので英語で。(『』内)
『大丈夫ですか?お手伝いしましょうか?』
相手にも少し戸惑いが見られたので、英語わかんないかな?と思ったら、少し2人で話した後、英語のメニューと、オーダーシート(これは日本語)見せて、
『このメニューを頼みたいんだけど、オーダーシートに見つからないんだ』と言う。英語ペラペラだー。逆に私がついてけないかも(笑)

英語メニューを見ると、そこに書かれた日本語が、オーダーシートの日本語表記と微妙に違っている。彼らが頼みたいといった4種類のネタのうち、3種類の記述が違っていた…。せっかく英語メニューあっても、これはイケてな~い!これじゃぁ、まったくわからないよー。改善要望をだしてあげたいぐらいだわ。実際の表記はこんな感じ↓

メニューの表記→オーダーシート
中とろ(fatty Tuna)→中トロ
かつを(Bonito)→かつお 
ひらめ(turbot)→平目
白魚(whitebait)→白魚(これはOK)

同じものを指差しつつ、『中トロは、これ(中とろ)』って、順に説明する。
『本当に同じか?なぜ違うんだ?』
漢字、カタカナ、ひらがなの違いって、どう表現すればいいのー!?(^^;
『Japanese characterは3種類あって、これは違う種類で書かれてる』とか、適当に説明。一応、日本語にKanjiとKanaがあるということは知っているらしく、納得してくれたらしい。
他にも、わさび抜きと、わさび有りの列の違いと、オーダー数は数字を書けばいいのかと質問され、1皿には2貫のってるとか、オーダーするまで一苦労…。かなり汗かいた(笑)

さて、彼らのもとに注文したお寿司が運ばれてきた。ところが、また様子が変?かなり不思議そうにというか、動揺が見られた。白魚の軍艦巻きをみて、なにやら話している。
しばらく眺めて話し合ったあと、まず、その不思議な物体からいこうと決めたらしく、最初に食べていた。
その後、こちらに向かって『教えて欲しい。注文したのは、どれが、どれなんだ?』との質問。オーダーシートと見比べて、一つ一つ指差して名前を確認(笑)
『自分たちがさっき食べたのは?』と聞かれたので、『白魚』と伝える。もう一度同じことを聞かれ、ネタの名前をまた最初から繰り返す。すると2人で、ドイツ語で話している。
日本人でも、白魚は見た目が少し苦手な人もいるから、きっと驚いたんだろうなぁ。頭にある寿司のイメージとも違っただろうし。
『白魚は、想像してたのと違った?』と聞いたら、彼らは笑って、『そうなんだよ!(笑)』
あ、美味しかったかどうかは聞かなかった。

ひとしきり食べ終わり、隣の外国人は帰っていった。
と思ったら…。会計でトラブルが発生したらしく、『I need your help!』と、呼ばれる。
話を聞くと、会計を割り勘して、それぞれで同額をカード払いしたいという。外国人って変わった払い方をするのねぇと思いつつ、店員さんに伝えたところ、もちろん出来ないとの答え。

だが、彼らはさらに『金曜日にもここに来て、そのときは、割り勘で払えたんだ』という。
また店員さんに話すと、偶数個で注文されていれば、それぞれ入力して清算できるのだが、今日はビールが3杯だから、割り切れないと。
少し考えて『2人が、同じ金額でなくてもいい?』と聞くと、いいというので、「同じぐらいの金額にしてください」と店員さんにお願いして、差額150円程度に2人分の会計を分けてもらう。その金額で支払をすませて、一件落着。
その外国人からも、店員さんからもいっぱい感謝されてしまった(笑)

後で冷静に思い返すと、自分でもわけの分からない適当な英語だった。ただ、めちゃくちゃな英語ながらも対処できたので、かなり度胸だけはついたなぁと、我ながら成長を実感(笑)

相変わらず、相手の言ってることは、だいたい分かるけど、自分が言おうとすることが、スムースに英語でいえないんだなぁ…。もっときちんと話せたら、時間もとらずに更に役に立てたかもしれないし、話も盛り上がったかもしれないのに。
こういうことがあると、また英語を勉強しよーって、モチベーションがあがるんだよね。がんばろー。

それにしても、面白い日々。
There is a lot of accident in my life.

|

« ある日のハプニング(その1) | トップページ | 縁 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 私の友達のドイツ人は、電卓を持ち歩いてて、
割り勘の時は、オーダーは勿論、オーダーに応じた、
TAX、Chipもきっちりセント単位で計算してたよ。
 それと、ドイツ語と英語って文法が一緒らしく、
覚えるのが早いって言っていた。
 事実、私の友達の、ドイツ人達はみんな、
英語が凄く上手かったですよー

投稿: ふぉれ | 2009/03/06 00:37

(外国人の)初心者は、回転寿司が吉(笑)

投稿: chan | 2009/03/06 09:31

おもしろかったです。大変なお食事でしたね~。

投稿: wani | 2009/03/06 11:57

>ふぉれ
きっちり割り勘は、ドイツの文化なのかなぁ?日本ではカードのときって、誰か1人が立て替えてから、払うじゃない?割り勘カード払いってのが、面白いわ。

>chanさん
なるほど、そーですよね!実際に見て、自分で選べますもんねー。
chanさんも、最初のお寿司は回転寿司だったのかしら?

>waniちゃん
面白さ、伝わったかしら?なんか長くなっちゃったから、もっと簡潔に書けたらいいんだけど。
しかし、ほんとにいろいろあって、自分でも笑っちゃった(笑)

投稿: じゅんこ | 2009/03/06 23:07

なにより、じゅんこさんがかっこよかった!heart

投稿: さわ | 2009/03/07 00:12

素敵だわ

相手が日本人でもそんなに相手の気持ちにたって行動するって難しいじゃない?

英会話と着付けであなたのオンナ度がさらにアップしているのねo(*^▽^*)o

投稿: LEONA | 2009/03/07 01:47

あら。予想外の反響♪
さわもLEONAからも、お褒めの言葉、嬉しいhappy01

>さわ
ありがと~!
実際のところは、どもりどもりのめちゃくちゃ英語でかっこ悪いかも(;´▽`A``

>LEONA
今の英会話は、確かに、コミュニケーション力UPに役立ってると思うわー。これからも、がんばりますっ!

投稿: じゅんこ | 2009/03/08 03:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/44255228

この記事へのトラックバック一覧です: ある日のハプニング(その2):

« ある日のハプニング(その1) | トップページ | 縁 »