« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009/03/31

着付け教室レッスン(高等師範科第1回)

着付けに行くのも気が進まないけど、既に申し込みをして結構高いお金を払ってしまったので、行くしかない。

研究科を修了し、また更に上のクラスに進級。

今日は着付けというよりは、裁縫。
長襦袢の半衿を取り替える。
固くて張りのある三河芯(バイヤス衿芯)を塚手、バイヤス半衿を縫い付ける。

三河芯は洗えないらしいので、洗濯は、取り外してしなければいけない。
数回のレッスン後に、また付け替えるそうなので、しばらく付けたまま(^^;
洗える長襦袢にポリの半衿のみのときは、そのまま洗濯機でがんがん洗えたけど。

それにしても、三河芯はとても硬くて、針が通りにくくて大変。ゆびぬきは必要。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/30

誕生日

今日は私の誕生日。これを機に復活しようと久しぶりに投稿。

すっかりブログの更新がとまってしまったけど、生きてます。 忙しかったわけではなく、仕事は今月にはいって少し落ち着いてる。
ただ、非常にショックなことがあり、それをキッカケに、人との付き合い、仕事のこと、自分の人生の意味を考え出したら、すべてを休みたくなった。
ブログに泣き言や愚痴を書いているときは、まだエネルギーがあるんだなぁとつくづく思う。

もともと人づきあいが得意ではないので、こんなときは本当に引きこもっていたいと思うけど、仕事もあり、そうは行かないので、淡々と仕事はする。当たり前だけど、あまり生産性は良くなくて、さらに滅入る。結構キツイ。

人生いろいろあるし、波はあるのはあたりまえだけど、今回は落ちるばかりで、なかなか上向きにならず、正直、今はあまりよくない状態だと自分でも認識していた。
キッカケはともかく、なぜ今なのか、どうしてこれほどダメージなのか、自分でもよくわからない。
昼夜なく仕事が忙しすぎた日々がふと途切れて、何かが切れてしまったのか、逆に時間ができてしまい考えすぎたのか。
こんなときは、とにかく物事の受け止め方、考え方を変えるのが有効だ。
先週はたまたま久しぶりに名古屋の事業所に行って、同僚と話したことも、とても力になった。

誕生日を区切りとして、気持ちを切り替えていくのは、いいかもしれない。朝から、そんな風に考えていた。

ふと思いつきのイタズラ心で、友達に私の誕生日とは言わないまま、ちょっとしたおねだりをしてみた。成功。こんな図々しいことができるとは、よい兆し。

家に帰ると、何人かの方から、お祝いのメッセージをいただいた。感激!本当に嬉しい。
みなさま、ありがとうございます!

毎年のことながら、特別な予定は何もない1日だったけど、いい日だった。
いい一年にしたい。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009/03/10

お社

ここのところ、毎日欠かさず記事UPしてたけど、とぎれてしまった…。

家から徒歩5分の距離にあるお社。まだ一度も参拝したことなかった。
今日、会社帰りに通りがかったら、まだ明かりが煌々とあるのが目に付いた。普段は気づかなかったのか、こんなに明るくなかったのか…。

祈った。。。
20090310shrine01

I just have to pray that...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/03/08

キャリーバック修理

1月に東京に部屋を借りた途端に、壊れてしまった、大のお気に入りのキャリーバッグ。

やっと修理されて戻ってきた。嬉しい♪
修理前。
タイヤが割れちゃって、周りもボロボロ(;;)
20090308bag01
修理後。
タイヤは交換されてぴっかぴか。
20090308bag02
タイヤが新品になると、他の場所の傷が気になる。防水コーティングされた布も、下の端のほうがボロボロになってるし。樹脂とかで少しは補修考えようかしら。

これから何年使えるかな。今まで使ったのと同じ年数、8年は使えるといいな。それだけ使えば、十分元取れたって感じ?
なるべく長く使えるように大切に使いたい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/03/07

アイスランドポピー

購入したときは、全部つぼみのままで、どんな色の花が咲くのかが楽しみ。
つぼみ状態だと、茎もつぼみも、もっさりと毛につつまれて、ちょっとグロい(笑)

花屋の店員さんが、「ポピーは、寒さには弱いので気を付けてくださいね。エアコンの風が直接あたったり、乾燥しすぎるのもよくないです。」と注意点を教えてくれた。野の花なのに、随分デリケートだなぁ。。。

環境のいい場所って言っても、狭い部屋だから、エアコンを気をつけるぐらい。ちょっと心配だったけど、見事花が咲きはじめた。いろんな色が咲いてカラフル♪
20090307poppy01
初めて知ったけど、ポピーの花の咲き方は面白い。
つぼみを包んでいる2枚の薄いがく(?)が、ぱかっと割れる。蝶の羽化のようにくしゃっとなった花びらが徐々に開いてきれいな花になっていく。つぼみのときは、首をたれてるけど、花が咲くと上をむいて華やか。

がくは、花開いていく途中でぽろっと落ちる。
落ちたがく↓
20090307poppy02

Say it with flowers!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/06

昔、九十九里で波乗りをいたころのサーフィン仲間。音信不通の数年のうちに、お互い知らないで同じグループ会社に転職し、同僚になっていたことが1年前に判明
それだけでも、すごい不思議なことが起こるものだと思ってたけど、奇しくも、私の転居と時同じくして、友達も東京に転勤になって戻ってきた。もちろん所属ビルも同じ。驚いたし、ほんとに嬉しかった。
というわけで、今年に入ってからは、リアルで何度か顔をあわせる機会が♪

先日、ビル内の社員用カフェテリアで、仕事と社内手続きの真面目な打ち合わせをした後、一緒に食事に行こうと、オフィスビルの1Fロビーで待ち合わせた。
ロビーで合流し、一緒にビルから出たとき、友達が「こうやって、仕事して同じオフィスから出てくるって不思議な感覚だね。当時一緒に波乗りしてたときには、こんなことがあるなんて、思いもよらなかったよね。」としみじみと言った。「あたりまえじゃん!」と、笑って答えたけど、確かに同じ思い。感慨深い。

会社から一緒に帰るのは今回初めてだったし、そもそも、過去の波乗りの付き合いでは、いつもカジュアルウェアだったので、2人ともスーツ姿って変な感じ。会社の人の私服を見て、違和感を感じるのと逆のケース(笑)

もともと仕事とは離れた知り合いだから、普段はくだけた口調で話すけど、会社ではさすがに周りに少し気を遣って、さん付けで呼んだりとか、ちょっと微妙に丁寧な言葉つかってみたりすると、妙な感じで、自分でも戸惑う(笑)。いつもどおりニックネームで呼び合うのも、恥ずかしすぎる、ぜったいNG(^^;

とはいえ、話の中で「友達」じゃなくって「同僚」と表現すると、少しムクれて「友達でしょ」と言ってくれたりするのが、ちょっと嬉しかったりする(笑)

仕事の話を離れると、話題は、当時みんなで一緒に海に行った思い出話や、波乗りのこと。最近は、私は、ほとんど波乗りしてないし、自分の波乗り話題はないけど、平日に海のことを話せる相手がいるって、ワクワクするし楽しいなぁって実感(笑)
今年は、少しは多く海に行きたいな。

I've never expected to see him again. It's amazing that we met again, actually.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/05

ある日のハプニング(その2)

件の痴話げんかカップルと反対側のテーブルには、外国人2人組。外国人御用達のホテルが近いこともあるせいか、外国人率が高く、他にも数組。

このお店は、握り寿司など単品のオーダーは、オーダーシートに個数を記入して注文する仕組み。私たちも、さっそく注文をシートに記入し、店員さんに渡す。しばらくして、お寿司が大きな寿司下駄にのって出てきた。

それを見た隣のテーブルの外国人2人、それぞれ1人前用のお寿司を食べていたが、自分たちも真似て単品をオーダーしてみようと思ったらしい。メニューと、オーダーシートを見くらべて、なにやらいろいろと話している。が、何か困っているようす…?

話してるのが英語じゃない(後で聞いたら、ドイツ人だった)ので、かなり躊躇したけど、思い切って声をかけた。もちろんドイツ語はわからないので英語で。(『』内)
『大丈夫ですか?お手伝いしましょうか?』
相手にも少し戸惑いが見られたので、英語わかんないかな?と思ったら、少し2人で話した後、英語のメニューと、オーダーシート(これは日本語)見せて、
『このメニューを頼みたいんだけど、オーダーシートに見つからないんだ』と言う。英語ペラペラだー。逆に私がついてけないかも(笑)

英語メニューを見ると、そこに書かれた日本語が、オーダーシートの日本語表記と微妙に違っている。彼らが頼みたいといった4種類のネタのうち、3種類の記述が違っていた…。せっかく英語メニューあっても、これはイケてな~い!これじゃぁ、まったくわからないよー。改善要望をだしてあげたいぐらいだわ。実際の表記はこんな感じ↓

メニューの表記→オーダーシート
中とろ(fatty Tuna)→中トロ
かつを(Bonito)→かつお 
ひらめ(turbot)→平目
白魚(whitebait)→白魚(これはOK)

同じものを指差しつつ、『中トロは、これ(中とろ)』って、順に説明する。
『本当に同じか?なぜ違うんだ?』
漢字、カタカナ、ひらがなの違いって、どう表現すればいいのー!?(^^;
『Japanese characterは3種類あって、これは違う種類で書かれてる』とか、適当に説明。一応、日本語にKanjiとKanaがあるということは知っているらしく、納得してくれたらしい。
他にも、わさび抜きと、わさび有りの列の違いと、オーダー数は数字を書けばいいのかと質問され、1皿には2貫のってるとか、オーダーするまで一苦労…。かなり汗かいた(笑)

さて、彼らのもとに注文したお寿司が運ばれてきた。ところが、また様子が変?かなり不思議そうにというか、動揺が見られた。白魚の軍艦巻きをみて、なにやら話している。
しばらく眺めて話し合ったあと、まず、その不思議な物体からいこうと決めたらしく、最初に食べていた。
その後、こちらに向かって『教えて欲しい。注文したのは、どれが、どれなんだ?』との質問。オーダーシートと見比べて、一つ一つ指差して名前を確認(笑)
『自分たちがさっき食べたのは?』と聞かれたので、『白魚』と伝える。もう一度同じことを聞かれ、ネタの名前をまた最初から繰り返す。すると2人で、ドイツ語で話している。
日本人でも、白魚は見た目が少し苦手な人もいるから、きっと驚いたんだろうなぁ。頭にある寿司のイメージとも違っただろうし。
『白魚は、想像してたのと違った?』と聞いたら、彼らは笑って、『そうなんだよ!(笑)』
あ、美味しかったかどうかは聞かなかった。

ひとしきり食べ終わり、隣の外国人は帰っていった。
と思ったら…。会計でトラブルが発生したらしく、『I need your help!』と、呼ばれる。
話を聞くと、会計を割り勘して、それぞれで同額をカード払いしたいという。外国人って変わった払い方をするのねぇと思いつつ、店員さんに伝えたところ、もちろん出来ないとの答え。

だが、彼らはさらに『金曜日にもここに来て、そのときは、割り勘で払えたんだ』という。
また店員さんに話すと、偶数個で注文されていれば、それぞれ入力して清算できるのだが、今日はビールが3杯だから、割り切れないと。
少し考えて『2人が、同じ金額でなくてもいい?』と聞くと、いいというので、「同じぐらいの金額にしてください」と店員さんにお願いして、差額150円程度に2人分の会計を分けてもらう。その金額で支払をすませて、一件落着。
その外国人からも、店員さんからもいっぱい感謝されてしまった(笑)

後で冷静に思い返すと、自分でもわけの分からない適当な英語だった。ただ、めちゃくちゃな英語ながらも対処できたので、かなり度胸だけはついたなぁと、我ながら成長を実感(笑)

相変わらず、相手の言ってることは、だいたい分かるけど、自分が言おうとすることが、スムースに英語でいえないんだなぁ…。もっときちんと話せたら、時間もとらずに更に役に立てたかもしれないし、話も盛り上がったかもしれないのに。
こういうことがあると、また英語を勉強しよーって、モチベーションがあがるんだよね。がんばろー。

それにしても、面白い日々。
There is a lot of accident in my life.

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009/03/04

ある日のハプニング(その1)

残業の帰り、同僚と、オフィス近くのチェーン系のお寿司屋さんに入る。
案内されたテーブル席の隣には、50代のご夫婦と思しき年配カップル、反対側には男性外国人客2人。

さて。ドリンクとお寿司を注文し、しばし同僚と歓談していると。
・・・。
年配カップル側から、水しぶきが…!

なに!?と思って横を見ると、隣のテーブルに座っていた男性の服が、びしょぬれ!
一瞬、何が起こったのかわからなかったけど、お相手の女性と、男性の様子をみて、すぐに理解した。痴話ゲンカ。女性が何か怒って、自分のグラスの中味を、男性にむかって、ぶっかけたってとこ。

男性は、あたふたしつつ、女性に向かって「お、お前、何するんだ。いくらなんでも…!」などと、困った顔をして言い、私に向かって「すみません、大丈夫です か?本当に申し訳ない。」と言った。当の女性は、悪びれる様子もなく、ふくれっつらをして、ムッとした表情を崩さない。若い子ならいざ知らず、いい年して、大人気ないというか、みっともないと思ってしまった。
それにしても、こんなドラマみたいなシチュエーションあるんだねぇ、って妙に感心してしまった(笑)

つか、感心してる場合ではなーい。ふと、わが身を確認すると、スーツの上着、椅子にかけてたコートが濡れている!さすがに、ちょっとムッとした口調で、「これ、何ですか?お水?ビール?」と、言葉もぞんざいに聞いた。
「ウーロン茶です。すみません。申し訳ない・・・」と男性が答えた。
お茶ですって?シミになっちゃう!(;;)店員さんに、新しいおしぼりをいただいて、急いでシミぬき。
男性は、ひたすら謝りつつ、「すみません。シミにならないですか?問題あれば弁償します。電話してください。」と。
一緒にいた友達が、「ウーロン茶なんだから、シミになっちゃうよ。あとで電話とかっておかしいよ。この場でクリーニング代払ってくれればそれでいいんだけど。」と交渉してくれて、クリーニング代をいただけることに(^^;
少し気が引けるけど、相手から言ってきたしいいよね?コートはベージュ色だし、結構な量のお茶がかかったから、ホントにクリーニング必要だし…。

このカップルは、その後、そそくさと会計して、お店を出て行った。結局、女性は、一言も発せず、ふくれっつらのまま。もちろん、私に一言もお詫びの言葉もなし。なんて人だ。あの年齢で、あの態度はないよなぁ。人としてカッコ悪い。
もし、男性が全面的に悪いとして、水をかけても良いとしても、他の人に迷惑かけちゃいけないでしょう。それに迷惑かけたら、謝ろう。

とはいえ、それほど被害が大きくなかったのと、なんだか、面白いシーンを見せてもらったなぁという妙な満足感で、怒るというよりは、笑っちゃったけど。

こういうハプニングは、なかなか現場にたちあえないと思う。ということは、運が悪いというより、良かったのかも?(笑)面白い経験をした。

It was like a scene from a TV drama!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/03/03

着物で結婚式へ

先日の結婚式には、着物(訪問着)で出席。着物で結婚式&披露宴に行くのは初めて。
せっかく着付け教室にもう1年以上も行ってるんだし、自分で着れるんだから、頑張ってみようかと。

結婚式という華やかな場なので、訪問着に二色重ねの伊達衿を重ねる。帯は袋帯を二重太鼓で。帯は、のしめ太鼓なども候補として考えたけど、もし崩れたら、お直しが大変そうなので、とにかく初めてということもあり、まずは基本系。

当日は着付けの時間として1時間とれるように余裕を見た。実際のところ、3回やり直して、やっとの思いで完成。
1回目。腰紐をきつく締めすぎた気がして、やりなおし。披露宴では美味しいお食事をいただくんだもの、苦しくならないようにしなければ(笑)
2回目。衿のぬき加減が浅いのと、裾の合わせ方が、イマイチになってしまった。
3回目。これが最後と頑張った。が、しかし、今度は帯がゆるくなってしまった。時間もないので、仕方なくハンドタオルで応急処置…(^^;

教室で練習してるときより、上手くいかないわ~。着物の素材が練習のときより、良いもので、柔らかいから?(笑)それに、焦ってしまう。
結局、帯の締めが甘かったのと、おはしょりの処理があまりキレイに出来なかった。襟元の衣紋のぬき加減は、もう少し抜いてもよかったなぁ。
細かいところを言い出すと、背中のシワや、タックもちゃんと出来てないし、垂れの長さがほんのきもーち長いとか、欠点を挙げればキリがないくらい。目は肥えてきてるけど、なかなか完璧には出来ないのよねぇ。

ただ、一番懸念していた、裾が落ちてきて、下にすれたり、帯が解ける、襟元がゆがむ、開くなどという、最悪な着崩れはしなかったので、まぁ、初めてにしては合格としよう。それに、お食事もしっかりいただいて、それほど苦しくはならなかったので、これは、今回の一番の成果だわ(笑)

それにしても、きれいに着るには、まだまだ時間が必要なので、もっと着る機会を増やして、小慣れていきたいわ。

When I go out wearing kimono, I have to wake up early in order to put kimono on.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/02

THE KAWABUN NAGOYA(ザ・カワブン・ナゴヤ)

この日曜日におよばれした結婚披露宴は、THE KAWABUN NAGOYAでのハウスウェディング。
THE KAWABUN NAGOYAは、江戸時代から続く、名古屋随一の高級老舗料亭の河文が、数年前に敷地の一部をリニューアルオープンしたイタリアンレストラン。去年、1度、ランチタイムに利用したけれど、とっても雰囲気もサービスもよくて、さすがだなぁと感心した。

今回の結婚式は2人のお祝いという嬉しい期待はもちろん、このレストランのお食事と雰囲気を堪能できるという機会にも恵まれて、これもひそかに楽しみにしていた♪

お料理は、一つ一つ厳選された素材を使っている感じだし、盛り付けは、桜の枝が飾られるなど、春らしさを感じさせる演出は、さすが料亭仕込みって感じ。お料理は洋風なんだけど、ところどころ和風のアレンジがされていて、面白い。
20090301kawabun03
一番印象に残ったのは、桜海老と海苔のスープ?(正式なお料理名は忘れた)磯の香りいっぱいで、とっても美味しかった。見た目はちょっと不思議な感じだけど。
20090301kawabun05
このほかにも、たくさんのお料理が出てきて、いずれも美味しくって、たくさんいただいておなかいっぱい!

天井の照明は、昔の洋館を思わせるような重厚な落ち着いた雰囲気。
20090301kawabun01
テーブルに飾られたお花も洗練された雰囲気にマッチしてステキ。いただいて帰りたかったけれど、東京に戻らなければいけなかったので、断念(;;)
20090301kawabun02

THE KAWABUN NAGOYA ザ・カワブン・ナゴヤ
http://www.thekawabunnagoya.com/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/03/01

結婚式参列

今日は、元同僚&元仕事仲間でもあるお友達の結婚式に参列♪

新郎新婦ともに、知り合いで、一緒に遊んだこともあって、今日の日をとっても心待ちに楽しみにしていた。
2人が結婚するというのを聞いたときに、そのメールを見ながら「よかったね~」と思わずつぶやいてしまいそうなぐらい、ほんっとに嬉しい報告だった。かなり前から、2人が結婚したらいいなぁって思ってたし、ずっと勝手に(笑)応援してたから。

チャペルでの厳粛な雰囲気の中、結婚式が行われた。
その後は披露宴に。

いつも笑顔のなごみ系の2人、今日の披露宴も、その人柄が表れているような、和やかな雰囲気で、笑いあり涙ありの、心温まる、印象的ないい宴だった。
新郎新婦の共通の知り合いもお互い何人かいることもあり、横断して会話がはずんだことも、より盛り上がった理由かも。

2人の最高の笑顔を見られ、いつもどおりの雰囲気に加えて、新婦の華やかで可愛らしい花嫁姿と、新郎の優しさにプラス、新婦を大切に思ってる気持ちと、男らしさが垣間見られて、感動!

素敵なレストランウェディングで、雰囲気もよくて、お料理も美味しかった~。
お料理は別途また写真をUPしようと思います♪

I went to my friend's wedding ceremony and reception. It was really moving!

いやー、しかし、いつものことながら、こういう式に参列すると、真面目に自分を省みるなぁ。このままでいいのかしらと…。何回反省すれば気が済むんだ?というか、喉もと過ぎれば…なのかなぁ(^^;こまった自分だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »