« 着付け教室レッスン(研究科第19回) | トップページ | 再会 »

2009/02/15

バレンタインデー文化

今年は、逆チョコなんてしきりに聞いたけれど、実際に女性は、いっぱいもらえたのかな?
お菓子業界の陰謀だなんて意見もあるけど、まぁ、もともと欧米では、女性からチョコレートを渡すなんて決まりがあったわけじゃないんだから、いいんじゃないかしら?つーか、どうせなら、チョコレート限定をやめちゃえばいいのに。

会社では、社長だか事業部長から、今年も自粛のメールが出ていた。この方針はありがたいかも。

さて、私は、なぜかこんなバレンタインデーに英会話を予約してしまった。というか、毎週土曜日に予約を取っているので、特に気に留めず、気づいていなかったんだけど。
前日になって、バレンタインデーに男性インストラクターのレッスンうけるなら、チョコレート用意したほうがいいかなぁ、面倒だからキャンセルしようかとも考えたけど、直前にキャンセルも気まずいし…なんて、ちょっと悩んだ(笑)

結局、よくレッスンを担当してもらうインストラクターだったし、小さなチョコレートを準備していった。男性インストラクターからも、ありがたいことに逆義理チョコを2粒いただいた(笑)
準備していって、大正解、よかったわー。

2レッスン目は、女性インストラクターだったのだけど、おのずとバレンタインデーの話に。
「バレンタインデーのチョコレート誰かにあげた?」と聞いたら、彼女は「ノー」と言った。理由を聞くと「日本の文化(義理チョコのことをいいたかったらしい)を知らなかったから」と。どうやら、義理チョコの存在を知らなかったとのこと。
彼女の国では、好きな男女が交換する日であり、友達とか同僚にあげるなんてことがないそうだ。なるほど。

帰りに、エレベータで、超イケメンインストラクターと一緒になったら、彼はいくつかのチョコレートを持っていた。
「今日はバレンタインデーだけど、たくさんもらった?」って聞いたら「いやいや、2,3個だよ」って笑ってたけど、手元の紙袋は、ピエールマルコリーニなんてあり、相当マジな本命チョコなんじゃ?
いや、ほんとにイケメンだし、すごく感じも良いので、ファンはたくさんいそうだもんねぇ。
お返しどうするんだろーなぁ…。と人ごとながら心配になってもみる。

英会話教室は、日中は大盛況だったけれど、普段の土曜日には、ありえないぐらいに、夕方以降は空いていた。やっぱバレンタインデーだから?クリスマスと同様に、こんな日の夜に一人でいるってのが、恥ずかしい時代?(笑)

ちなみに、彼氏は週末も仕事なので、職場まで行って、お昼休みに渡してきた。
後で聞いたら、今年のチョコレートは、なかなか気に入ったらしく、喜んでくれたようす(^-^)よかったぁ。

|

« 着付け教室レッスン(研究科第19回) | トップページ | 再会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/44077113

この記事へのトラックバック一覧です: バレンタインデー文化:

« 着付け教室レッスン(研究科第19回) | トップページ | 再会 »