« 着付け教室レッスン(研究科第18回) | トップページ | Wolfgang Puck(ウルフギャング・パック) »

2009/02/08

14階までの長い旅

土曜日、社内郵便に届いた荷物を取りにいこうと名古屋のオフィスに行く。平日は東京にいるので、週末に習い事ついでに取りに来たのだ。

休日なので、もちろん玄関口はあいておらず、警備員さんが常駐する裏口へまわる。ICチップ入りの社員証を読み取り機にかざすも、無反応。なぜ?と何度か繰り返したところで、ふと張り紙に気づく。今週土日は定期法令点検により、停電するのでオフィスに入れないと。
そういうことか、だから読み取り機も反応しないんだ。。。
しかし、わざわざオフィスまでやってきたし、届いてる荷物だけは早めに受け取りたかったので、警備員さんに相談すると、記名すれば入れてくれるとのこと。
ビルに入れてもらい、警備員さん同伴でオフィスフロアへいけることに。エレベータホールへむかって歩くと、そこで、警備員さんが「停電なので階段ですけどいいですか?」と。

心の声『えー!!!マジ!?先に言ってよー!!階段なら行くっていわないよぅ!』 いやー、だってねぇ、14Fなんだもの、私のオフィスは!(笑)
エレベータは、非常電力で動いてると思ってた。だって、入ってくるときも、実際に、セキュリティドアも機能してたし、警備員室も電気ついてたし。
もう、ここは根性出して、階段で行くしかない!ちょっと驚いたけど、冷静に、「そうですよね。停電ですから、仕方ないですね。」と言ってみる。
不安に思いつつも、少しチャレンジ精神燃えたというか、どこまで自分がいけるか試したかったりもして(笑)

警備員さんは、若者だったので、最初、元気に、一段とびで階段をどんどん上がっていく。『をいをい、こんなおばさんなんだから、手加減してよー!』と思う も、ついていかねばと、1段ずつ、早めの歩調であがっていく。警備員の若者は、最初威勢良くとびだしすぎたせいか、10Fぐらいで、かなり足が絡んで、よ ろけてたけど?(笑)

私は6Fぐらいで、ちょっと鼻呼吸ではつらくなってきたものの、まぁ、淡々と上り続け、ノンストップで14Fまで。かなりの達成感(爆)しかも思っていたよりスムーズに上れたので、ちょっとした自信になったりもして(笑)
社内郵便の荷物をとりだしたあと、警備員さんと別れ、階段を下る。くだりは問題なし。

さて、今朝。足は完全に筋肉痛!ふくらはぎが一番ひどく、太ももが弱い筋肉痛。ハイヒールで歩くのがきつかったー。
ウォームアップなしだったからなぁ。ともすれば危険だったわ。。。

でも、ちょっと面白かったわ。自分でも笑っちゃったというか。その日のすぐ後の英会話で、さっそくネタにしてみたら、Crazyだって。私もそー思う(笑)

I took the stairs up to the 14th floor in my office.  Because the power was out due to monthly maintenance.

|

« 着付け教室レッスン(研究科第18回) | トップページ | Wolfgang Puck(ウルフギャング・パック) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

停電か...なつかしいな
俺は東京のオフィスで停電の日に徹夜をしたためにドアが電磁ロックされたままになり、あやうく24時間部屋から出れない状態になったことがあります。
たまたま警備員さんが巡回に来たので救出されましたが。

投稿: ブラックコート | 2009/02/09 01:15

>ブラックコートさん
すごい経験をなさってますねぇ。そ、その方が怖いです…(^^;パニックになりそう。
それにしても電気がない生活って、不便どころか、危険なこともあるんですね。

投稿: じゅんこ | 2009/02/09 23:14

ご苦労様です。荷物なしで14階ならまあまあですね。
私は(仕事ですが)一昨年、50kgの鉄骨を11階建てマンションの屋上まで階段で運んだことがあります。もちろん一回では済まず、4回ほど往復しました。
エレベーター使わせてくれないんだもん、そこの管理組合。そんなマンション初めてで最悪の日でした。

最近は(やはり仕事ですが)よく鉄塔に登っています。さすがに40m級の鉄塔に一日3回ほど登ると、翌日かなりふくらはぎが攣ったりします。
これ、結構怖いんですよね。ロープ一本に自分の命預けてるので(汗
40mって平面だと大したことないけど、40m高さってめっちゃくちゃ怖い。風も強いし・・・

投稿: OKAちゃん | 2009/02/10 00:14

>OKAちゃん
つか、最近はそんな仕事してるんだ?気をつけてねー。

投稿: じゅんこ | 2009/02/12 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/44001806

この記事へのトラックバック一覧です: 14階までの長い旅:

« 着付け教室レッスン(研究科第18回) | トップページ | Wolfgang Puck(ウルフギャング・パック) »