« フレッツ光開通@東京 | トップページ | 後悔 »

2009/01/26

ブログに書くことは

前にブログをなぜ書くのかってことについて書いたけれど。
私の場合は、自分用のデータベース=脳みそがわりに使っている部分が大いにある。けど、インターネットに公開しているブログを使うにあたり、今まで気づかなかった弊害に最近気づいた。

当時の楽しかった思い出が、今は思い出したくないことだってある。

紙の日記なら、閉じてしまって、また開かなければ、目の前に現れることもなく、思い出すのは少ない。
そして、また日記を開くころには、またいい思い出だったと思えるときだろう。

ブログはコンピュータの世界だから、ある意味、とっても正確。人の感情に対しては容赦ない。だから残酷だと。

自分で検索をしたとき、記事の中に検索キーワードが入っていれば、すべて結果として返してくれる。今は忘れていたいことが、結果として一覧に表示され、目に入る。
他の人の検索によるアクセスランキングもしかり。人気があるキーワードに、思い出したくないキーワードがあがってくる。

ブログの記事は、過去の日付で書かれていても、記録としては現在公開された有効な記事であって、検索結果には影響しないのだ。
検索は本当に便利だけど、人の心はそこには入らないから…。何度も何度も思い出させられると、さすがに辛い気持ちになるときもある。もうちょっと元気になってからじゃないと。

つか、こんな感傷にひたってるばあいじゃないんだった。仕事だ!

|

« フレッツ光開通@東京 | トップページ | 後悔 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

わかります~。
アタシも掘り出してみれば10年以上前からのログがネット上に残っています。
そして何気に検索したときに自分の過去の文章にヒットしたこともある。
アホくさっなんて思いながらも放置してるなあ。。
数十年後に自分の子に検索されて「え~~」なんて言われなければいいけど。(いないけど!)

投稿: さわ | 2009/01/26 12:40

>さわ
さわもネット暦長いもんねぇ・・・(笑)そいえば、私もすっかり元のホームページ放置だ!さわにもごめーんって言わなきゃね(笑)。
移行整理しようと思いつつも断念。SEやってるくせに、専門外だし、面倒になった(笑)私の見積りだと、新しいサイトへの設計から移行まで、0.5人月だから(笑)

過去記事が「アホくさっ」って思えるぐらいになれば、私もぜんぜんOKだけど、やっぱ恥ずかしいとかあるかもね。
とにかく、しばらくは、自分のブログは検索したくないって、後ろ向きな感じ(苦笑)

投稿: じゅんこ | 2009/01/26 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/43858576

この記事へのトラックバック一覧です: ブログに書くことは:

« フレッツ光開通@東京 | トップページ | 後悔 »