« ひさびさに二テツ | トップページ | フレッツ光開通@東京 »

2009/01/24

着付け教室レッスン(研究科第16回&認定試験)

ほんとに今週は超ハードな一週間だ。

今日は、2級きもの講師の認定試験。本当は、とっくに受けてなくちゃいけないところ、日程が合わなかったので、今日は、通常の授業日なのだけど、特別に認定試験を受けて、そのあとに、途中から授業に参加。

認定試験は、実技15分と筆記試験30分。
実技は、長襦袢を着た状態から、小紋に二重太鼓を結ぶ。ただし、改良帯枕使用。最近これ使ってないから、ちょっと忘れてたので、30分早めに教室に行き、練習してやっと思い出した(^^;

実技は、時間内に余裕で帯まで結ぶことができて、着崩れなどを直す時間もとることができた。3級を受けたときは、ギリギリまで時間かかってたので、手早くなったなぁと実感。着付けた後、講師の方が、着方をチェックして採点。
注意されたのは2点。おはしょりが長すぎる、裾線が後ろが2cmほど長めがよいとのこと。両方、自分でも苦手だと思ってるポイントだ…。どのぐらい減点されるのかしら。

筆記試験は…、一夜漬けで少しは勉強したけど、やっぱりわからない問題もあった…(;;)問題数からすると、時間はたっぷりあったので、少しずつ思い出して解答できた部分もあったけれど。頭まわってないなぁーって感じ。それでもなんとか、適当に全部埋めて解答用紙を提出。
さて、試験の結果はどうなることやら…。

その後は、通常の授業に途中参加。
本日はお太鼓結びを、帯を結ばずに、折りあげて帯を作る、またはねじって帯を作るお太鼓結び。この方法だと、結び目がないため、帯が痛みにくいし、堅い帯の場合にも使える、それから帯が短い場合などには、結ぶよりも長めに使える。長めって言っても、普通にお太鼓結びをする場合は、逆に長すぎて、余った部分の処理が大変…。私を含め、みんな苦戦。
折りあげる場合、ねじる場合は、帯もしっかりと締めて、帯枕もしっかり結び、帯揚げ、帯締めも決めないと、緩むと一気に崩れることもあるので、注意が必要。

いや、しかし今日は、疲れた…。
そして、その後の英会話も、ボロボロ…。

そして。関係ないけど、備忘。
着付け教室が終わって、外にでると、名古屋の空には雪が舞っていた…。寒いと思ったら。。。

|

« ひさびさに二テツ | トップページ | フレッツ光開通@東京 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

着付け教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/43844434

この記事へのトラックバック一覧です: 着付け教室レッスン(研究科第16回&認定試験) :

« ひさびさに二テツ | トップページ | フレッツ光開通@東京 »