« 引越し搬入 | トップページ | 2009年初詣 -熱田神宮- »

2009/01/10

着付け教室レッスン(研究科第14回)

今日のレッスンは、自分できるのと、相手着付けの両方。
ウールの着物にお太鼓結び。といえば、何度もやっていることだけど、今までは、腰紐と伊達締めはゴムベルトタイプ、帯板もゴムベルト付、帯枕は簡易帯枕を使用。
今日は、そういった便利な小物を使わず、モスリンの腰紐、博多織りの伊達締め、帯板は、帯と一緒に巻いていき、帯は手結びという、ある意味、本格な着付けの練習。

基本は変わらないけれど、やはりゴムベルトでなく、モス腰紐は結んでいるときに緩んでしまったり、ずれたりと、キレイに着付けるのが難しいし、着崩れしやすい。ゴムベルトの小物を使っても、そんなに着付けは楽ではないけれど、こうなってくると、随分と簡単にはなってるんだなぁと改めて実感。

帯の手結びは何度か今までにも練習しているので、結び方は問題なかったけれど、やはり美しくとなると、結び目のシワが出たりして、なかなか上手くいかないけど、なんとか最後は形にする。
つーても、基本中の基本のお太鼓結びだからなぁ。

便利小物を使わない着付けが習得できれば、これこそホントに着付けができるってことだから、がんばろ~。

|

« 引越し搬入 | トップページ | 2009年初詣 -熱田神宮- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

着付け教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/43701707

この記事へのトラックバック一覧です: 着付け教室レッスン(研究科第14回):

« 引越し搬入 | トップページ | 2009年初詣 -熱田神宮- »