« 焙じ茶メープルプリン | トップページ | 靴のヒール取替え »

2008/12/13

着付け教室レッスン(研究科第12回)

今日のレッスンは、女袴の着付け。(人に着付ける。)
袴を着るため、着物の裾は足袋の履き口の上ぐらい、かなり短めに着付ける。もちろん、その下の裾よけ、長襦袢は、もっと短めに。とはいえ、袴を着付けてしまえば、裾は見えないので、それほど完璧でなくともよい。
おはしょりの長さも、とくに折り返して上に上げる必要もなし。
文庫結びをしたあと、袴を着付けて、紐を結んで出来上がり。着付けのポイントでもある、おはしょりと、裾にそれほど気をつかわなくてよいので、結構楽。

しかし、着る側としては、腰のまわりがかさばっているので、圧迫感を感じるし、動きにくい。

そーいえば、今日、袴を着せてもらったのが生涯ではじめての袴だ!
大学の卒業式では着なかったからなぁ。。。

袴着着付け私的備忘メモ

  • 普通に半幅帯で、文庫結びをして、その羽の上に乗せるように袴をはく。文庫の羽は袴から見えないように、やや小さめがよいらしい。
  • 袴をはいた後は、まず前見ごろの紐を、文庫の羽の上で結び、文庫の羽をたすきがけにするようにしてから、前に回して、再度後ろで結ぶ。
  • 後ろ見ごろの紐は、前に回して、先の紐と一緒にからげて結んだあと、中央で結ぶ場合は蝶結び、または少し脇で結ぶ場合は、片結びにする。長い方の紐を、結び目に一回巻いて、結び目を見えないようにする。
  • 脇で結ぶ場合は、右でも、左でもOK。
  • 袴の腰紐が体にぴたっとついて、腰の部分が文庫の羽の上にちゃんと乗って、つんっとしてるのが、いい感じの着方らしい。

|

« 焙じ茶メープルプリン | トップページ | 靴のヒール取替え »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

着付け教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/43408736

この記事へのトラックバック一覧です: 着付け教室レッスン(研究科第12回):

» 袴はかまレンタル卒業式情報ネットナビ [袴はかまレンタル卒業式情報ネットナビ]
卒業式の袴はかまレンタルの情報のことならお任せください [続きを読む]

受信: 2008/12/15 16:50

» 着物 着方 [着物 着方]
着物は着慣れない人にはそれなりの難しさが伴うと思われがちです。せっかく美しい着物を着ているのにその辺の所作が不得手なだけで台無し、何てことも。「着るの慣れてなくて」なんていい訳めいた台詞が思わず出てきそうですね。 [続きを読む]

受信: 2009/01/09 01:23

» 袴はかまレンタル卒業式情報ネットナビ [袴はかまレンタル卒業式情報ネットナビ]
卒業式の最新の袴はかまレンタル情報のことならお任せください [続きを読む]

受信: 2009/01/10 17:10

« 焙じ茶メープルプリン | トップページ | 靴のヒール取替え »