« CLUB HARIE(クラブハリエ) B-studio-Tokyo@日本橋三越 | トップページ | 桃夭(とうよう) - 祝いの歌 - »

2008/12/06

着付け教室レッスン(研究科第11回)

今日のレッスンは、留袖に二重太鼓を手結び。
留袖は、既婚女性の慶事の正礼装。

まず留袖を着るのだけど、これが本当に大変。教室でお借りする留袖は下襲ではなく、いまどきの比翼仕立てだけど、
やはり着物がところどころ二重になっているので、重い。。。それに衿のあわせが二重になるので、衿元の仕上げが難しい。

苦労して着付けたあと、手結びの二重太鼓。
自分の帯を手結びするのは、とっても大変。腕を後ろに回したまま、通常では有り得ない位置で、ごちゃごちゃとするので、腕が本当につりそう。。。1回目でかなり腕がだるいぃ。。。3回も練習して、もう腕があがらなーい(笑)

帯の出来上がりがちょうど良くなるように、最初に計ってから結ぶのに、結んでるうちに、なんだかしらないけどずれてしまって、最後には、かなり長さの調整をしなきゃいけない羽目に。
本当にこの状態でお出かけなんてしたら、相当な着崩れ間違いなし!

まだまだねぇ。。。

帯結びメモ

  • 手先から70cmを残し、胴に2回巻きつける。
  • 手先を下に、垂れを下から通して結ぶ。
  • 垂れを結び目から広げ、仮紐で固定。
  • 垂れ先から30cmをのこした位置に枕をのせ帯を二重にし、枕を固定して結ぶ。
  • 帯揚げを結ぶ
  • お太鼓をつくり、垂れをととのえる。
  • 手先を処理し、帯締めを結ぶ。

|

« CLUB HARIE(クラブハリエ) B-studio-Tokyo@日本橋三越 | トップページ | 桃夭(とうよう) - 祝いの歌 - »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

着付け教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/43340214

この記事へのトラックバック一覧です: 着付け教室レッスン(研究科第11回):

« CLUB HARIE(クラブハリエ) B-studio-Tokyo@日本橋三越 | トップページ | 桃夭(とうよう) - 祝いの歌 - »