« 着付け教室レッスン(研究科第11回) | トップページ | ミキモトインターナショナルの限定ミニミラー »

2008/12/07

桃夭(とうよう) - 祝いの歌 -

桃夭(とうよう)

  桃之夭夭
  灼灼其華
  之子于歸
  宜其室家

  桃之夭夭
  有賁其實
  之子于歸
  宜其家室

  桃之夭夭
  其葉蓁蓁
  之子于歸
  宜其家人

友達の結婚によせて。心からおめでとうと。

詩経の中にある、周南地方の民謡(国風)をまとめたなかの一つ。

もう20年ぐらい前?の大学の講義でならった漢詩の中で、一番印象に残っていて、大好きな詩。
ずーっと、自分が贈ってもらいたいと思ってたぐらい。今回、久しぶりに思い出したので、以後忘れないようにブログに書いてみた。
その講義の修了テストは、この詩をもとにして、物語を創作しなさいという、なかなか粋な課題で、私は後でまずいかなぁと思うぐらい空想を広げて書いた気がしたのだけど、結果は「優」♪

まぁ、実のところ、大学の漢文の講義の中では、これしか覚えてないんだけど(^^;
漢詩に興味があるわけでもないので、他もよく知らない(笑)

|

« 着付け教室レッスン(研究科第11回) | トップページ | ミキモトインターナショナルの限定ミニミラー »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

素敵っ。お友達の結婚生活と将来の幸せを願うじゅんこさんの気持ちがいっぱい込められていて・・・。お友達はきっと幸せになると思うし、これからもどうぞ良いお友達でね♪

投稿: KYON | 2008/12/08 21:22

>KYONさん
すてきなコメントありがとー!!さすが、KYONさん鋭い?(笑)
女性に贈る詩なので、自分がお祝いにいただきたいわ。ほんと。

投稿: じゅんこ | 2008/12/09 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/43340275

この記事へのトラックバック一覧です: 桃夭(とうよう) - 祝いの歌 -:

« 着付け教室レッスン(研究科第11回) | トップページ | ミキモトインターナショナルの限定ミニミラー »