« ロイヤルパーク汐留タワー | トップページ | A賞 生茶パンダ手帳 »

2008/11/17

無題

このホテルに泊まるのは2年ぶりだった。
今年の夏に最後のお別れをしたサーフィン友と、ちょうど2年前の11月に一緒に泊まったホテル。
だから少し不安ががあったのだけど、あえて泊まってみようという気持ちもあって。

こんなこと、おおげさに考えすぎ、いったいなんのために?何か変わるのかしらって思ったりもしたけど。

彼女のために、私ができることなど、なかったかもしれないけど、何もできなかったというより、何もしなかった自分をずっと後悔しつづけてる。逃げてる気がする。
そして、一緒に行った想い出のある場所にいくことがこわくなってしまっていた。1ヶ月ほど前、全く別件で、想い出の場所の話題が出たときに、平静でいられず、思わず話題を逸らしてしまったことがあり、初めて、自分の中のその問題を認識した。
名古屋にいれば、そんなに考えることもなく、見ないでいられたけど、東京の生活は、いろんな思い出をよみがえらせ、考えてしまう。

予約をしてからも、ずっと迷ってたけど、やっぱり必要なことだと思った。

部屋にはいったとき、こんな感じだったっけ?と、内装なんかは、あまり覚えていなかった。
あぁ、記憶力悪くてよかった。

でも、徐々に、あのときに2人でどこに座って、何を話したかを、思い出す。
あの日は、夜通しでめちゃめちゃ遊んでホテルの滞在時間は少なかったけど。
翌日は、九十九里で波乗り。ほんとに楽しかった思い出。

自分でも、何をすべきなのか、どうすればよいか、よくわからないけど、少しずつ。

|

« ロイヤルパーク汐留タワー | トップページ | A賞 生茶パンダ手帳 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/43127322

この記事へのトラックバック一覧です: 無題:

« ロイヤルパーク汐留タワー | トップページ | A賞 生茶パンダ手帳 »