« 退職金制度の変更-確定拠出年金へ | トップページ | スガキヤのラーメン »

2008/09/27

着付け教室レッスン(研究科第2回)

今日は、ウールの着物に、お太鼓柄の名古屋帯。
今回も、着方は、すでに本科で習ってるのを、綺麗に美しく整えて着る練習。

綺麗に切るための最初の基本は、やっぱり補整。着物はくびれなしが一番キレイに着られる。
私の場合、完璧に補整するとなると。
・ウエストのくびれを隠す
・ヒップも平坦になるようにする。
・胸元の谷間も埋める。もともとそんなにないけど(笑)
・胸の上も肩のラインからまっすぐなるようにハト胸状態に補整。
ぐらいやらなきゃだめらしい。

今日は、ほどほどに。ウエストとヒップの補整だけで、なんとか着付け。
以前より、手際はよくなって、上手くなってきてる分、細かい着崩れやシワがきになる。

それにしても、簡単補整、もしくは補整なし着付けって、良い方法ないのかなー。こんなに体型補正して、衣服を着るなんて、やっぱり変じゃない?
だいたい、着物姿で色気あるなーって思っても、脱いだら、とたんに興ざめじゃないー?って、そんなシチュエーションまで考える必要ない?(笑)

|

« 退職金制度の変更-確定拠出年金へ | トップページ | スガキヤのラーメン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

着付け教室」カテゴリの記事

コメント

あははは、脱いだら興ざめ!
きっとマリーアントワネットとかも、そうだったのねぇ~

投稿: LEONA | 2008/09/28 09:02

>こんなに体型補正して、衣服を着るなんて、やっぱり変じゃない?
賛成です。
錦のお姉さま達だとウエストがちょっと細くなったりしててメリハリのある着方をしている方も見かけますが。色っぽくていいと思うのですが。

投稿: wani | 2008/09/28 18:10

>LEONA
なるほど。洋装もコルセットでぎゅっとしめて大変な時代があったわけかぁ。まぁ、現代も締め付け下着あるけどねー。私は嫌いでまったく使わないけど(w

>waniちゃん
ををー。錦のお姉さま方、気づかなかったわ。今度チェックしてみよっと。
着付けも、流派(?)じゃないけど、いろいろ教室によって違うみたいなので、情報収集して、いい着方を工夫できるようになるといいな。

投稿: じゅんこ | 2008/09/29 00:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/42614974

この記事へのトラックバック一覧です: 着付け教室レッスン(研究科第2回) :

« 退職金制度の変更-確定拠出年金へ | トップページ | スガキヤのラーメン »